金利優遇

住宅ローン優遇金利について みなさんにお尋ねしたいのですが、現在横...金利優遇

キャッシング金利優遇キャンペーンというものを利用しようか検討中です。
DMでキャンペーン金利6.0%とあり現在17.4%で他社から借り入れがあり毎月1万ずつ返済しているので借り換えようかと思っております。
金利優遇キャンペーンのクレジットカードは学生の時自動車学校で作った一括払いがないリボ払い専用クレジットです。
そこで詳しい方にお伺いしたいのですが、例えば10万円を借り換えたら1万ずつ返済すると違いは出てきますか?リボ払いだから逆に高くついたりしますか?

勿論長ければ長い方が金利は高くなります。

2016/10/30 21:12:09

楽天銀行の住宅ローンの変動金利についてですが、現在の金利は最大優遇で0.517となっています。
他のネット系銀行と余り変わらない金利ですが、基準金利が他行より低く設定され優遇金利も低くなっていて0.517となっています。
この場合(基準金利と優遇金利がともに低い)には他のネット銀行と比べて何かデメリットはあるのでしょうか?調べても分からないのでわかる方お願いします。

銀行の基準金利は変わっていないのです。
優遇金利の調整によって店頭金利が上下しています。
だから変動金利と言っても実質は上がる事はあっても下がることはないのです。
同条件なら基準金利が低い方が良いです

2018/1/15 12:46:01

住宅ローン、金利優遇について質問です。
新築建て売りの物件を購入したいと思い、住宅ローンの事前審査を三井住友銀行で通しました。
事前審査を通す前は今あるカーローンを完済すると会社の大きさなどみて1.8%は金利優遇受けれると思います。
と不動産に言われました。
借入額は2580万円35年ローン頭金はなしで諸費用の借り入れはありません。
事前審査は通ったのですが、金利優遇は1%しかつかなかったと言われました。
月々の返済額が7000円以上上がって購買意欲が減ってしまったのですが今は1%でも優遇してくれたら良い方、店頭金利そのままの人も上乗せの人もいる。
と正直住宅ローン通らないかもしれないと不安になったから優遇ついただけでもほっとしています。
いわれ妙に納得してしまいましたが、去年家を買った友人に本当なんそれ??という反応をされました。
頭金が210万あれば1.6%優遇受けれると言われました。
この金利優遇は妥当なのでしょうか。
一昨年住宅購入しようと思った時は地方銀行で今より多い借り入れで頭金、諸費用も借りて優遇後0.975%でした。
勤続年数7年目収入430万円です。
子供二人で私は専業主婦です。
消費税が上がる前に買った方が特なのかな、と思ったのですが一概には言えないですかね?、これから金利も少しずつ上がっていきますよね?例えば、来年、再来年に住宅購入しても金利優遇はあまりうけられないのでしょうか??今は消費税あがる前でかけこみが多くて銀行が顧客を多くかかえていることも原因とも言われました。
積み立て貯蓄の解約の書類を出したり、今住んでいる家の解約など話はたんたんと進んでいるのに私だけ置いていかれてすごく焦っています。
今住んでいる所も会社の借り上げであと二年で出ていかないといけない事など考えて、焦っています。
よろしくお願いします 長文乱文申し訳ありません。

実際の事は分かりませんが、不動産屋が審査するわけではありませんから、銀行が言うならそうなんでしょう。
我が家も家を買う際に、仲介して頂いた不動産の提携銀行が三井住友でした。
で、うちはそこで審査をしていないので、確実ではありませんが、金利の優遇幅の書かれた用紙を頂いて、『○○万円以上の頭金を用意できれば、おそらくこの金利にはなると思いますよ。
』と、説明を受けました。
『頭金なし(又は○○万円以下)だと、この金利優遇は難しい』との説明もありました。
要するに、年収に対する借入が大きいのに頭金がないから、1%の金利を提示されたのでは?収入、扶養家族など見ると、そんなものかな?とも思いますが、減額されなかっただけマシだとも思いますけどね。
他の銀行も当たってみてはどうですか?

2013/2/22 10:56:33

フラット35s優遇金利についてずばり、年内に優遇金利が再度拡充される可能性はありますか?年内に住宅を新築する予定です。
数日前から本腰を入れて住宅ローンを検討し始めたところ、つい最近にフラット35sの金利優遇-0.6%の申込受付が終了したと知りました。
建てる予定のハウスメーカーは標準仕様で対象となるのですが、昨年11月ころに営業の方とローンの事前審査等の話を進めていた時に(具体的に決めるのはまだ先でいいが、とりあえず審査を先に受けてほしいとのことで)フラット35の金利優遇については教示していただけませんでした。
もちろん自分の勉強不足もありますが、その時に知っていれば…と、とっても後悔しています(T ^ T)ネットで色々調べると、今年度は-1%に拡充される可能性があるという情報を目にして、一瞬期待を膨らませましたが…結果的には優良な中古物件を取得する場合に限りその条件を継続し、新築の場合は-0.3%になるとのことでした。
上記は補正予算が成立して確定したことなので、再度年内に新築住宅で優遇金利が拡充されることはやはり無いのでしょうか?中古物件取得の利用が進まなくて、予算が余るとか…住宅ローンで0.3の金利差は大きいですよね。
あと数週間早く手続きを済ませていたら…と思うと、残念で仕方ないのです(T ^ T)補足住宅は標準で低炭素住宅になるそうです。
当初は変動金利も検討しましたが、10年間金利優遇の恩恵を受けて長期固定の安心感を得られるのであれば、その方が良いのかな、と気持ちが傾きました。

2017年4月から消費税増税の前の駆け込み需要なども想定し、贈与の「住宅取得等資金の非課税制度」も年内は減額されており年内のフラット35s優遇金利拡充は無いと考えます。

2016/2/8 01:07:42

優遇金利について。
今現在、千葉興銀で住宅ローンを組んでいます。
5年ほど前から10年固定金利2.85%。
最近金利が下がっているため、他の銀行で説明を聞いて、千葉興銀に借り換えを考えてると相談したら、今の優遇金利1%→1.4%にすると言われました。
なので、例えば10年固定を今から組み直すと2.0%になるらしいのですが、優遇金利は、ねばればもう少し上げてもらえるものなのでしょうか?できれば、このまま千葉興銀で契約してたいです。
もちろん審査があるので、無理な場合もあるでしょうが…固定にするか変動に変えるかはまだ悩み中です。
どなたか詳しい方教えて下さい。

変動で 0.95%まで可能でしょう。
みずほシュミレーションしてください。
その結果を現行金融機関へ 交渉 0.875%で、結果、着地を0.95で。
借換金額ローン 合計 元金 20000000 (91.04%) 利息 1967906 (8.96%) 支払合計 21967906 (100.00%) 月額 91533 支払期間 20年0ヶ月 とシュミレーションです。
借換諸費用として、抵当権設定関係費用 137530円 登録免許税等、抵当権の設定に関して司法書士へお支払いいただく金額の概算です(登録免許税は4/1000で計算しております)。
保証会社事務手数料 31500円 ローンのお借り入れに関する保証会社の事務手数料です。
保証会社保証料 296680円 保証会社にお支払いいただく保証料です。
印紙税 20000円 ローンの契約書に関する印紙税です。
固定金利手数料 10500円 当初の金利を固定金利にされる場合の手数料です。
合計 496210円 に現行銀行での抵当権設定解除費用などで10万円とみます。
約60万円が借換の諸経費になります。
2.0%で 2000万借換ローン 合計 元金 20000000 (82.36%) 利息 4282292 (17.64%) 支払合計 24282292 (100.00%) 月額 101177 支払期間 20年0ヶ月 20年0ヶ月現行での利息金額430万円+契約内容変更手数料固定は、5万円ー返り換え利息金額198万円ー借換諸経費60万円=430+5-198-60=177万円の利息支払いを借換で少なくできることになります。
この計算を一度みずほで相談し、千葉銀行へ交渉し幸運をつかんでください。
千葉が変動で0.95を受けるといいですね。
変動金利が上がったシュミレーションです。
スタートは、0.95、5年後、1.05、10年後、1.25、15年後、1.45、18年後、1.75に適用金利が 上昇したとして、合計元金 20000000 (89.95%) 利息 2234420 (10.05%) 支払合計 22234420 (100.00%) 月支払い金額 93884となります。

2012/3/3 03:28:12

住宅ローンの変動金利の優遇金利に関して質問です。
みずほ銀行の変動金利は今日現在で2.475%です。
現在、優遇金利として-1.5%を受けれます。
従って、実質金利は「0.975%」です。
とても魅力的であり、住宅金融公庫の借り入れがもうすぐ、10年で金利アップの4%になるので、借り換えを検討してます。
この優遇金利-1.5%は、みずほ銀行の人が言うには「今が限界です。
もうこれ以上の優遇は多分できないだろう」と言ってます。
しかし、1%→1.5%優遇と徐々に増えてきており、本当に底なのかわかりません。
一般的に考えて、金利優遇-1.5%というのは、もう限界と考えて良いでしょうか?それとも、さらに-1.75%ぐらい、まだまだ優遇幅が増える方向なのでしょうか?皆様のご意見をお聞かせ下さい。

優遇幅1.5%は限界と考えます。
数年前、変動金利の標準が2.375%の時の1.2%優遇が当時の最優遇でした。
その後標準が2.875%に上昇し、実質金利が1.675%と消費者負担が増加したため、各行が競って優遇幅を1.3→1.4→1.5と大盤振る舞いしました。
しかしながらその標準金利がこの数カ月の間に0.4%下がったため標準は2.475%になりました。
つまり数年前に比べると標準は0.1%上昇しただけなのに優遇幅は0.5%も増加しています。
1.5%優遇ですと実質は0.975%と1%を切っておりいくら銀行の調達金利が安くても利ザヤを稼ぐ限界といっていいでしょう。
私は昨年2.875%の時に1.6%優遇を受けられたのでこの7月から実質0.875%で借りられてます。
優遇は限界と思いますが標準の下げ(短期プライムレートの下げ)は景気動向によってはあるかもしれません。
標準がさらに下がると優遇幅はむしろ1.2~1.4程度に縮小する可能性もありますから今が借り換え時ではないかと思います。
個人的見解です。
ちなみに公庫からの借り換えですと団信料負担がなくなりますので金利以外のメリットも見込めます。

2009/8/17 23:07:48

住宅ローンの優遇金利について転職して半年、銀行にはそのことを言っていません。
前職より優良企業ですので優遇金利幅って大きくなったりしませんかね?それとも優遇金利幅って一生同じですか?交渉してもっと返済額を減らしたいです

報告すべきです、援助しないかも。





2018/4/19 17:55:32

金利優遇で公共料金と各種口座の自動引き落とし。
銀行側はどの位のメリットがあるのですが?住宅ローンなどで金利優遇などで、公共料金引き落とし。
給料振込みが条件の場合が非常に多いですがそもそも、なぜ公共料金なんでしょうか?保険、クレジット、会費 ローン などなどの引き落としではメリットの差がありすぎるのでしょうか?どなたか教えて下さい。
補足「手数料」自体が公共料金の方が圧倒的に高いという訳ではないんでしょうか?

直接的な銀行のメリットなど金利優遇によるデメリットを穴埋めるほどには全くありません。
つまり直接的なメリットがあるから金利優遇している訳ではないのです。
銀行は顧客の金融取引における囲い込みを期待しています。
この「囲い込み」とは、金融にかかわる取引は全て優先的に相談してもらえる、又は取引のチャンスがある、状況を創り出すことです。
今後の、マイカーローンや投資信託、外貨預金、外貨送金、日常的な各種料金引落し、振込み、ATM利用などなど、金融にかかわる取引は数え切れないほどあります。
そうした取引は全て銀行の収益機会です。
住宅ローン返済口座であって給与振込指定口座であって、公共料金支払口座でもある、こうした口座のある銀行は非常に高い確立でその方のメイン銀行でしょう。
メイン銀行はそうでない銀行に比べると遥かに高い確率で今後の収益機会が約束されます。
「私はメイン銀行じゃなくても、常に一番安い銀行で他のローンは組むし、投資信託・外貨預金だってそうよ」、という方もいらっしゃるでしょうが、全体からするとそうした方は稀です。
なぜなら、その度の資金移動は面倒だし、忙しくて暇が無い方が圧倒的多数だからです。
ですから、各銀行は金利を引き下げてまで、給与振込指定や公共料金支払の指定にこだわるのです。
なお、口座振替を指定されると、引落依頼企業から都度手数料が銀行に入りますが、1件1件で見ると公共料金のほうが保険、クレジットなどより、実入りの手数料は少ないはずです。
なにせ取扱量が多いですから割引しているはずです。
ではなぜ、公共料金なのか?それはほとんど大多数の方に当てはまるから、イコールたくさんの方を囲い込みたい、からです。
公共料金の引落手数料が高いからではありません、逆に安いはずです。
クレジットや保険料、確かに利用している方は多いですが、公共料金に比べれば小数です。
つまり公共料金で指定があれば、クレジットや保険も自動的に指定される可能性が高いのです。
だからクレジット等でなく公共料金なのです。
銀行は目先の利益(各種引落指定による手数料)で金利優遇をしているわけではありません。
顧客の囲い込みによる、将来的な収益機会の拡大を考えています。

2009/10/14 17:24:55

平成19年に住宅ローンの金利優遇幅が年1.2%の10年固定の2.95%で借りました。
もうすぐ10年固定期間が終了となるのですが固定金利最終適用日以降に改めて10年固定を選択しようかと思っております。
その際、金利の優遇幅は適用できるのでしょうか?特に契約書類を見ても記載がありません。
どの銀行でも当初の金利優遇は35年間続くのでしょうか?

金利は交渉次第の変動的な物ですので店頭で書いてある金利でも他の銀行との比較をしていると話すだけでも金利は優遇してくれたりもします。
でも本当に安く借りるのであれば今の銀行は辞めた方が良いですよ。
理由は様々ありますが。
実際に乗り換えると手数料取られても支払総額は減るので比較はオススメですよ私が唯一オススメできるサイトがこれです。
住宅ローンの比較で何年早く完済できるか?知りたくないですか?sumailoan.seesaa.net/

2017/4/29 23:27:32

住宅ローン優遇金利についてみなさんにお尋ねしたいのですが、現在横浜銀行で住宅ローンを借りています。
変動金利で2.475%-1.5%(優遇金利)=0.975%ですが、、特約書を見ると半年後は基準金利から-1.0%と書いていますが、そうすると仮に金利があがらなければ2.475%-1.0%(優遇金利)=1.475%になると言うことでしょうか?宜しくお願いいたします。

文面から判断すると、たぶん、そういうことだと思いますが・・・。
最近は、返済完了まで金利優遇が同じ金融機関が多いです。
一度、横浜銀行に直接相談されて、他の金融機関にも借り換えも検討されてはいかがでしょうか?質問者様の収入、勤め先などの信用度にもよりますが、大手金融機関でも、金利優遇が返済完了まで-1.5%~-1.7%は、普通にありますよ!他金融機関で、現在より優遇が多く、メリットがあるなら、仮審査を通して、その書類を持って、横浜銀行とも金利優遇について駆け引きされるとよいでしょう!借り換えされると、銀行は利益がなくなるので、金利優遇についてある程度、融通はきくと思いますよ!

2011/5/28 09:53:58

-金利優遇

© 2020 お金借りるならWebキャッシングって神話について