返済期日

お金の贈与の定義を教えてください。 貰ってもいつか返す意思があれば...返済期日

消滅時効期日の開始と中断の解釈――――――――――裁判が提訴されるとその期間は時効中断になると読んだことがあります裁判ではなく、借金問題で平成15年に知人から借金して25年までは返納してきたが、残りの残金(50万円)を返済しなかった。
ところが、今年28年になって、残り残金の50万円を返済してくれと要求された場合ですが――*時効は、平成15年の借金時から算定するのだと思いますが返済してきた平成25年までは時効中断の扱いで平成25年までの返済期間は、時効中断の扱いに解釈されるのですか*それとも、当事者間で貸し借り関係が成立した平成15年が時効算定の出発点になるのですか

返済するってことは、借金があることを認めてるからですよね?25年まで借金があることを認めて返済してたんだから、時効が進行し始めるのは最終返済日からです。
時効中断とかむつかしいことを考えなくても、普通の感覚ですよね。

2016/12/14 08:37:53

知人男性に貸したお金を返してもらいたいのですが、一向に応じてもらえません。
借用書もなく、返済期日も決めていませんが、何か法的に取り返す手段はないのでしょうか。
知人男性に貸したお金を返してもらいたいのですが、「今は持ち合わせがない」と一向に応じてもらえません。
それどころか、さらに無心をしようとする始末。
借用書もなく、返済期日も決めていませんが、何か法的に取り返す手段はないものでしょうか。
男性はシングルファーザーで、求職中のため、「当座の生活費を借りたい」と最初に5万円を無心してきました。
こちらもシングルマザーであることと、子供が同い年であることから、つい情にほだされ貸してあげたのですが、それに味をしめたのか、その後も「子供が入院して」や「自分も体調が悪くて」と、理由をつけては2万円、3万円と、無心を繰り返すようになりました。
その一方で返済の気配はなく、その話を持ち出すと「今は持ち合わせがない」の一点張りで、ひとかけらの誠意も感じることができません。
こちらが女性であるため、あまり強くは出れないと、タカをくくっているようです。
男性を信用して、何の約束も交わさぬままお金を貸してしまった私が悪いのは承知していますが、こちらも経済的に余裕のある身分ではありませんので、これまでに貸したお金を(少しずつでもよいので)返してもらえればと思います。
別の知人によると、「返済期日を決めていない借金は、貸した側が希望すればすぐに返済してもらえる」とか。
その知人も法律に詳しいわけではなく、マンガか何かで読んだ知識らしいのですが、もしそれが事実で、今回のような借用書がない場合にも適用されるのであれば、正式な手続きを通して、問題の男性に書面で返済を希望したいと考えています。
こういった事例の法的手続きに詳しい方がいらっしゃいましたら、その方法をできるだけ詳しくご紹介いただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。
補足借用書はありませんが、お金はすべて相手の銀行口座にコンビニのATMから振り込んでおり、その取扱票(?)は手元に残してあります。
男性の自宅はもちろん実家の場所も把握しています。

>「返済期日を決めていない借金は、貸した側が希望すればすぐに返済してもらえる」期限の利益を与えていないわけですからそれで問題ないかと思います。
>借用書はありませんが、お金はすべて相手の銀行口座にコンビニのATMから振り込んでおり、その取扱票(?)は手元に残してあります。
ならば少額訴訟あたりでやってみてはいかがですか。
証拠としては十分だと思いますよ。
裁判所の人にいろいろ聞きながら。
となるとは思いますが1人でできて1日の審理で判決がもらえるのではないでしょうか。
相手が無職ですっからかんだと判決もらっても取りようがないということはありますが、単なる不誠実なら勤務先もあっていざとなれば給与債権を押さえられるのではないでしょうか。

2012/9/20 07:39:54

金銭貸借消費契約書を交わした相手と音信普通です。
返済期日は過ぎています。
債務者は会社経営者個人なのですが、事業で大きい損害を被ってしまったようです。
債権を回収したいのですが、この場合まずは内容証明を送ったほうがよいのでしょうか。
それとも、すぐに訴状を送って民事訴訟したほうが良いのでしょうか。

債権回収を第一に考えるなら、まず仮差押えだと思います。
ただ、財産が残っているかどうかもわかりませんので、まずは差押え可能財産があるかを調べ、あとの手続はプロ(弁護士)に任せた方が確実でしょう。

2012/5/22 14:57:45

今から遡り、およそ8年程前に、伯母が、大叔父に借金を申し込まれ、2度に及び、総額600万円ものキャッシュを貸しました。
その時に交わした借用書は手元に取ってあります。
問題は、今現在に至るまで、音沙汰なく、返済が全く滞っており、あわよくば踏み倒そうとしているのではないかと、当方、親戚の立場として心を痛めています。
既に、直近において、内容証明を送り、現下、調停の準備を進めているところです。
恐らく、大叔父はそれでも聞く耳を持たず、返済に応じないと容易に予測可能な厄介な性格の持ち主ですから、最終的には民事訴訟で骨肉の争いを演じる事態となるでしょう。
請求額は、元金600万円に加え、延滞金や利息分を合計し、1000万円程となりそうですが、その上、長期に渡り伯母に心身を萎えさせた慰謝料の上乗せを考えていますが、幾らぐらいが妥当な金額なのでしょうか?ちなみに、大叔父につきましては、高齢ながら、自らが創業した同族経営の株式会社の100%株主で、今現在、取締役の肩書きで、その妻が代表取締役を務めています。
要するに、法人を運営しながら、伯母を至極見下しているのか、借金をしているにも関わらず、酷い思い違い様で、返済を迫ったら「お前(伯母)とは縁を切りたい」などと豪語しています。
本来、縁を切りたいのは借金を踏み倒されようとしている伯母の感情である筈ですが、あべこべに被害者面を決め込んでいる訳でありまして、悪質に感じる次第です。
役員報酬は無給の訳はあるまいと考えますし、抵当が付いていない持ち家に住んでいると想われますし、いざ民事訴訟に持ち込めば、伯母の勝算は堅く、ほぼ請求通りの金額が戻るという認識を持って構わないでしょうか?又、伯母と大叔父との個人間の争い事ですが、出来ればスピード解決に越したことはないものの、すんなりとは行かず裁判の長期化というリスクも考えられますか?弁護士費用もバカにならないので、まずは内にて、見通しをお聞かせ願いたいです。

借用書に利息の取り決め、返済期日は記載されてますか?記載されてないのなら利息も延滞利息も取ることは出来ないと思います。
また、慰謝料は取れないでしょう。
まず、やる事は地方裁判所で債務名義を取得して差押え(強制執行)すればいいです。
個人間の貸し借りの時効は10年なので、今で8年ならば早くしないと時効になり1円も返ってこなくなりますよ。
債務名義を取れば時効はそこから10年延びます。
給料の差押えは毎月4分の1までしか出来ないのでとても長くなりますから資産の差押えを検討した方がいいです。

2017/4/29 12:52:36

回答を寄せて頂きまして、有難う存じ上げます。
最初の300万円の借用書には、貸した日付と金利5%とが明記してあります。返済期日はないそうです。2回目の300万円のそれには、やはり貸した日付と金利8%と明記があり、返済期限の日付はなしです。
示談交渉や民事調停で応じる生半可な相手では決してないので、まずは支払督促を検討していますし、恐らく十中八九、民事訴訟の場で争う展開となるでしょうが、何かしらアドバイス頂戴して頂きたいです。>

友人との金銭貸借についてです。
友人だっため金銭貸借書?書類を作成しないで金銭の貸借を行いました。
返済期日が1年以上過ぎているためline等で返済を請求していますがまた今度あるときと返事が来て返してもらえませんお互い大学生で就職等でバラバラになるのでどうしても回収したいです。
そこで内容証明郵便を送り請求を行いそれでも返済がなければ少額訴訟を起こそうと考えています。
そういったときどのように内容証明郵便を作成すればよいですか?少額訴訟について調べてみたのですが敗訴したほうが訴訟費用を負担すると書いていましたが内容証明郵便などの諸費用も請求することができますか?

「振込金融機関・返済期限」を指定し、それまでに入金が確認出来ない場合や返済計画を提示出来ない場合は「少額訴訟」も検討してる旨の内容で郵送したら如何でしょう。
少なくとも、相手から返済計画の提示が在れば「金銭の貸借」の傍証には成り得ます。
尚、上記費用は訴訟費用とは無縁です。
蛇足例え「勝訴」しても、相手が素直の返済するか疑問です、相手の資産内容の調査を行っていないと「無い袖は振れない」に為ります。
少額訴訟とは・・・www009.upp.so-net.ne.jp/law/

2015/10/9 07:12:38

財産としては車や原付を所有してます。>

銀行でお金を借りて、毎月の返済期日に一度も遅れる事なく完済した場合。
個人信用情報を取り扱う機関に何か「不利」というか悪い情報(いわゆるブラック的な)が登録され「(遅延なく完済したが)銀行でお金を借りた」という事が原因で、その後ローンが組めなくなるというような事ってあり得ますか?細かく現状を書くと長くなるので、かなりざっくりと書いています。
補足mot9638さんの仰るように、不動産会社は信用情報を知る術が無いなら、義弟が賃貸の審査に通らなかったのは義両親のローンと無関係ということになります(仮にローンに遅延等があったとしても)義弟やその彼女一家と義両親との確執の根本は義弟の「部屋を借りられなかった→親のローンのせいで一生ローンが組めない」という考えからなので、その根本「親のローンは関係ない」とするなら、状況に変化が生まれてくると思います。

延滞無く完済したなら問題ありません。
ただ、問題あるとすれば、銀行から借り入れしている事がバレて、残金を誰か身内の方が、まとめて一括返済されたなら、場合によっては、他人が完済したと言う事で異動情報…代位弁済が登録される場合もまれにありますが、質問者様が延滞無く月々返済後に完済されたなら、何も心配ありません。
また、次にどこかに借り入れ申し込みされる場合に、完済された銀行に登録された住所とか姓名、勤務先名が違う場合は、変わった事は正直に言わないと、審査が不利になる事はあります。
完済後5年間は情報が残りますので…。
つまり、質問者様の文面から見る限り、何も問題はありません。

2015/8/13 11:57:28

義弟は一生ローンが組めないと思い込んでおり(実際何かでローンを申請した訳ではない)弟彼女も息子名義でローンを組んだことは知ってるみたいで、そんな状態(一生ローン組めない)にさせた親に対して不信感がありありで義弟、彼女、彼女の親ともに義両親と距離を置こうとしています。>

最近離婚して相手から子どもの大学費用を一括で返済を要求されてます。
離婚時に示談書の中に期日付きで返済をと書いてありましたがその時は感情的になりサインしてしまいました。
保証人には実の母がサインしてます。
一括では払えないと相手にも言いましたが聞き入れて貰えませんでした。
このまま期日が過ぎるのを待って相手の出方をみたほうがいいですか?それともその前に何か出来る事がありますか?銀行からの借り入れは無理な状態です。
いい解決策あれば教えてください。
よろしくお願いします。

どうして子どもさんの教育費用を返還しなければならないのでしょうか?養育は親の義務です。
大学の費用を返済してもらいたければ子どもに対して請求するのが筋です。
まず、放置。
その上でしつこかったら「法的な請求にして」と言いましょう。
「子ども宛に請求して、法的に訴えて、借りたのは子どもだから」と言えばいいのです。
それでも、子どもに対して請求するような親なら資格はありませんが、裁判所も子どもに対して「払え」とは言いませんよ。
それと離婚時の「示談書」って何ですか?協定書?

2017/11/14 15:38:13

ありがとうございます*_ _)ペコリ
詳しくは書いてなかったのですが、相手とは再婚で私の連れ子なので血は繋がってはいないのです。
養子縁組はしているのですが、実の子ではないので一括で返済って言っているのです。
示談書とは離婚する時に私に対して慰謝料みたいな感じで提示してきた書類でした。
その時は感情的になってたのでサインすれば別れられると思って安易にサインしたんです。その時に弁護士をたてれば良かったです。
子どもが借りた事にしても子どもが成人していても大丈夫ですか?>

友人にお金(カードローン)を貸しました。
借用書はありますが返済期日を2年ほど過ぎています。
そして最近その友人とは連絡が取れなくなりましたが、どうすればよいでしょう??実家に行き捜索願をだしてもらう予定ですが、その友人が見つからない場合はその親から支払ってもらえるのでしょうか?宜しくお願いいたします。

親に支払い義務がないのは既に指摘されてますので置いておいて、たぶん個人的な貸し借りだと思いますので、貸金返還請求権の消滅時効は10年それまでに、捕まえられなければ、支払督促や少額訴訟なりの裁判を起こして時効を中断しておけば、まだまだ見つかったときに請求できます。
借用書を大事にとっておいてください。

2010/8/16 21:06:17

先ほどはありがとうございました。
突然すみません。
表見代理とはどのような場合になるものでしょうか?初めて聞いたので教えてほしいです。
補足回答ありがとうございます。
とても分かりやすかったです。
当事者の娘同士(借金したその場にはいなかった)で借金の話しをした場合は表見代理ということなることは少ないのでしょうか?

例えば、AさんがBさんから10万円借りたとします。
その時に、Cさんは保証人ではないですが立ち会っていました。
返済期日に、BさんはAさんに返済しようとしたが、逢うことができませんでした。
そこで、Bさんは、Cさんに弁済しました。
その場合、AさんはCさんを代理人とはしていなかったが、契約時にAさんがCさんを連れてきたので代理人と思っていました。
その代理人のことを表見代理と云います。

2016/1/22 08:49:41

お金の贈与の定義を教えてください。
貰ってもいつか返す意思があれば、賃借ですか?税金はかかりませんか?

贈与は「無償」でお金を渡すことです。
いつか返す意思があっても、いつ返すかが明確になっていなければ「贈与」と見做されます。
贈与には税金「贈与税」が課せられます。
但し、年間110万円までは非課税です。
お金の「貸し・借り」ならば「賃借行為」であり、税金「贈与税」はかかりません。
但し、貸し借りの事実を証明できるものがなければ「贈与」と見做されます。
賃貸を証明する為の書類は、①「借用書」「金銭貸借契約書」等の契約書を作成し、両者の署名・捺印が必要。
金額次第ですが、出来れば「実印」が良い。
② 返済計画書の作成:「返済期日と返済金額内訳」の計画書作成が必要。
③ 金融機関(銀行)を介在して、貸主・借主「双方の銀行口座」間で「返済額」を通帳記載する。
現金返済は「本当に返したか、否か?」を税務署に実証することが難しい。
特に、口頭だけでの説明は実証性に乏しいため駄目です。
銀行での「双方の銀行預金通帳記載」が事実証明が出来て、ベストと思います。
また、毎月、定期的に返済するならば、銀行で口座間「自動振替」手続きができます。
以上

2016/7/2 19:50:05

-返済期日

© 2021 お金借りるならWebキャッシングって神話について