求償

工事監理について。教えてください。現場が進むにつれて、設計変更が...求償

「立替代金債権債務関係の構成」と 「代位弁済代位の構成」についてご教示お願い致します ①「立替代金債権債務関係」の構成は次の二つの種類に大別されると理解して良いでしょうか?? ○「第三者による弁済」によるもの ○民法規定ないしは特約で「求償できる規定」によるもの ②法定代位弁済代位(民法第500条に基づく物上保証人、連帯保証人、保証人)の特例ではなく、民法第499条の任意代位弁済代位についてご教示お願い致します 民法第499条に基づく任意代位弁済代位は、上記①の「第三者による弁済」によるものが、原債務者同様・原債権者代位同意を経て構成されるものと理解して良いでしょうか?? ※「求償できる規定」に基づく立替代金債権債務関係については、立替代金債権者と将来なる本人自身に属する債務を自らが履行しているのだから、債務者同意や原債権者代位同意うんぬんの話は及ばないと理解していますがいかがでしょうか ※民法第500条も、第三者による弁済によるものである物上保証人や、求償可能規定によるもの連帯保証人や保証人が混在してあり、民法第500条は特例と理解しています補足①の趣旨が伝わらずすみません 例えば○後者の話では 連帯債務者の一人が履行した場合の内部求償においてその立替代金債権債務関係には、民法第499条に基づく代位弁済代位が成り立つのか? 賃借権者が自ら発注したメンテナンスの代金を賃借権者自らが支払いし、メンテナンス代支払義務のある所有権者へ求償する立替代金債権債務関係は、民法第499条に基づく代位弁済代位は可能かというのを考えていたうえで質問しました よく分からないのですみませんがご教示お願い致します!

① 代金を立て替えて支払った場合の求償権がどういう場合に生ずるか、という質問と受け止めます。
474条には明文規定はありませんが、499条により第三者弁済をした者に求償権が生じるのは当然の前提となっています。
このため、第三者弁済と、民法や特約により求償権が生ずる場合とを分けて論ずる必然性はありません。
② 質問の意味が分かりません。
求償権が明文で規定されているのは、物上保証人、連帯債務者、連帯保証人等であり、むしろ法定代位の話です。
債権者が予定していない第三者の行為で債権者の権利に代位するためには、債権者の同意を要すると考えるべきでしょう。

2014/8/7 13:08:51

〇連帯債務者の一人が履行した場合
法定代位です。
〇賃借権者が自ら発注したメンテナンスの代金を賃借権者自らが支払いし
自分の債務を自分で弁済しただけです。
>

委託を受けない保証人の求償範囲について委託を受けない保証人の求償範囲について質問があり↓detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1296288177...「保証人は出捐から求償権行使までに発生した利息、遅延損害金まで主債務者に請求できるのでしょうか?」との問いかけに対し、「主債務者が負うべきであった利息・遅延損害金の範囲内でなら、請求できます。
」とのご回答なのですが、委託を受けない保証人の求償権の範囲は、「保証人の出捐の当時に主債務者が得た利益の限度」までなので、出捐以降に発生する利息や遅延損害金までは含まれませんよね。
このような回答をされた根拠がありましたら教えてください。
補足ご回答ありがとうございます。
お言葉ながら回答の趣旨が「履行した保証債務の額まで」という意味なのであれば、そのように回答すればいいわけですよね。
「求償権行使までの期間、債権者と主債務者との利息・損害金の約定範囲内で請求できる」としか解釈できないのではないでしょうか。
弁済によって代位が生じたという解釈をされたのではないかと思うのですが、いかがでしょう。

当該質問、拝見しました。
おっしゃるとおり。
民法462条1項は、同法442条2項の規定を準用しませんので委託を受けた保証人が有する求償権が包含する法定利息等は委託を受けない保証人が有する求償権では包含されません。
しかしながら、保証人が「主債務者が負うべきであった(債権者が得るべき)法定利息等も含めた債務」を弁済した場合は、それが「主債務者が得た利益」になりますので、償還すべきと解されます。
回答者様もそのような意図で書かれているように思います。
(補足に関して)回答者様の真意は代弁しかねるのですが、そもそも弁済による代位によって得られるのは原債権ですが、法定代位した保証人が求償権を確保するために行使できるにすぎません。
ですから、仮に法定代位によって得られた原債権を行使するとしても、求償権の範囲に限られるため、原債権につく法定利息は得られないと解釈できると思います。
横入りしてしまい、お気を悪くされたのなら申し訳ないです。

2012/11/3 20:50:07

車の事故で求償の場合、特に大きな怪我はなくても、病院通いをして、多額の保険金を得れると聞きました。
そのようなことは可能なのでしょうか?

おそらく無理でしょうというか絶対に無理です。
それでは保険金詐欺で捕まります。
大したケガでそれが立証されて後遺障害が認定されて初めて保険金が給付されるのです。
ケガも無く見ための症状も無くては無理な話しです。
交通事故の為にある任意保険なのです。
甘い話しには乗らないように気をつけてくださいね。

2017/4/24 11:44:56

追伸で後遺障害が残らなくてもケガが治るまでの通院費や休業損害は支給されることになっていますのでそんなに高額な支給金はありません。>

去年質問した続きですが、亡き父が連帯保証人になり今も母が返し続けています。
債務者は殆ど払っておらず破産はしていませんが、財産は無いものと諦めていました。
一度弁護士さんに求償権が請求出来ないか相談しようと思った矢先、債務者の母親が亡くなり、家、土地等を相続したものと思われます。
この場合求償権を起こした場合、現金が無い場合、家を売ってまでして払って貰えるのでしょうか?返済額は3500万位で15年位前から返してます。
詳しくはわかりませんが、あと300~500万位残っていると思います。
全額とはいかないまでもどの位返ってくるのか?又時効があると思いますが、調べても良くわかりません。
時効が10年であれば、15年前に返済したものは返って来ないという事でしょうか?弁護士さんに相談に行く前に、事前に知っておきたいのでよろしくお願いします。

こんなところで質問するよりは弁護士に聞いた方を信用したほうが良いと思いますが。
基本的に連帯保証人は債権者からしたら債務者と同格ですから払えそうなどちらかから取り立てればよいという非常に債権者本位の制度です。
どういう債権者なのかわかりませんが債務者に相続権が発生して懐が潤ったようだからそっちに優先して取り立ててくれないかと連絡すれば現状の優先順位を変える事は出来ると思います。
尤も現金で相続されていなければ家や土地は換金に時間が掛かると思いますけど。
その債務者と没交渉でないのであれば今後の返済計画を話し合いで決定することは出来ないのでしょうか?債権者としては支払い条件の通り定期的に同額振り込まれていればどちらからの返済かは問題ない訳ですから。
債務者と合意が取れればあとは債権者に支払元が変わる旨一報入れれば良いだけです。
遡っての求償はどうなんですかね、相手に後ろめたい気持ちが残っていて生活できるだけの貯金が確保できるのなら応じてくれるかもしれませんけどそれは最終的にその人の性格や責任感に起因するものなので法律で最終的に差し押さえまで持って行ったとしても現金にして隠されたらそれまでという気もします。
いっそ向こうに支払う気がないのであれば破産の申立をしても良いのかも知れません。

2018/1/5 14:19:02

tokoroさんありがとうございます。
債権者はどちらでもとにかく、返済されたらいい理由ですから、今まできちんと返済してきた方がいいでしょうね!私は直接関係は無いのですが、こちらが何も言わないのをいい事に、知らぬ存ぜぬの債務者が許せません。
きちんと弁護士さんに相談します。
ありがとうございました。>

問題債権者Aに対してBCDの3名が30万円を支払うことを内容とする連帯債務を負う場合。
肢の1つに、Aが死亡し、その唯一の相続人であるBがAを相続したときであっても、BはAの相続人として、Cに対して30万円全額について連帯債務の履行を請求できる。
謝り解説連帯債務者の1人と債権者との間に混同があったときは、その連帯債務者は弁済したものとみなす。
そして混同によって弁済したものとみなされた連帯債務者は、他の連帯債務者に対して、その負担部分について求償できる。
したがってBはCに対して10万円について求償することができるにすぎない。
とあります。
残りの20万円はどうなりますか?相続人Bが債権者の地位を相続したことによって、残りの20万をBは債権者として他の連帯債務者に請求できるということでよろしいのでしょうか??

>連帯債務者の1人と債権者との間に混同があったときは、その連帯債務者は弁済したものとみなす。
連帯債務者の1人であるBと、債権者Aとの間に混同があったので、その債務者Bは弁済したものとみなされます。
>そして混同によって弁済したものとみなされた連帯債務者は、他の連帯債務者に対して、その負担部分について求償できる。
弁済したものとみなされた連帯債務者Bは、他の連帯債務者C、Dに、その負担部分10万円について求償できます。
なので、Cに10万円、Dに10万円求償できます。
混同なんか考えずに、Bが30万円弁済したときにどうなるか考えればわかりますよね。
Cに10万円、Dに10万円求償できるだけで、10万円は自分の負担部分として払ったことになります。
それと同じことが混同の場合にも起こる、というだけのことです。

2015/12/21 12:09:19

すいません。
完全に勘違いしてました。
くだらない質問でお手数おかけして申し訳ありませんm(__)m>

普通抵当権についてです。
根抵当権は、将来発生する一定の範囲に属する不特定の債権を極度額の限度において担保するものである(民法第398条の2第1項)。
また、普通抵当権でも将来発生する債権のために設定できることは判例で認められている(大判大正2年5月8日、大判昭和7年6月1日)。
上記の普通抵当権の将来発生する債権のために設定をはどんな状況でしょうか?よろしくおねがいします。

保証人の求償権を担保する抵当権ってのがあるでしょ?主債務者がきちんと債務を履行してればそんなもんは発生しないんだけど、何かの拍子に債務不履行になってしまえば保証人が返済しなければならないですよね?で、返済した保証人は主債務者に求償できます。
抵当権設定時点ではまだ発生していないけど、将来発生する可能性があるので、被担保債権にできます。
それから、分割貸付契約ってのがあります。
事業資金として1億円必要なことはわかってるんだけど、上半期は6000万円でいいという場合に、1億円借りることがわかってるんなら1億円で抵当権設定をしても構いません。
抵当権設定時点では4000万円はまだ発生していないけど、いずれ発生するので被担保債権にできます。

2015/1/17 19:39:28

【民法】物上保証人が債務者に対して求償権を取得すると、1番抵当権を取得するそうですが、その前に1番抵当であった人とかにわかるように、抵当権登記をするのですか?しなくても対抗できるのですか(わかりづらいですが)?ご教示よろしくお願いします。

物上保証人(不動産の所有者)が債務者に代わって、債権者(抵当権者)に債務を支払った場合、抵当権は混同により消滅します。
当然、登記がなくても対抗できますが、混同による消滅登記をして、抵当権を抹消します。
上記の例で、2番抵当権以下が設定されている場合、1番抵当権は消滅しないので、抵当権移転登記をします。
登記がなくても他の抵当権者には対抗できますが、善意の第三者には対抗できません。

2017/7/21 15:18:45

火災保険で第三者求償権放棄特約付きのものは、そうでないものに比べて、保険料が高かったりするのでしょうか?

借家賠のケースでしょうか?求償権放棄条項は随分古くからある条項で、どこの保険会社の約款にも記載されています。
この条項は最近は通常の普通保険約款にその内容が組み込まれているのがほとんどです。
特約のように通常は契約時に選択する方式はとっていません。
したがって、これにより特に保険料が高くなる事はありません。
この条項がない約款はあまり見た事ありません。

2014/2/7 20:56:28

抵当権の代価弁済 これを行使したら、第3者が買い受けた場合には、抵当権が消滅し、抵当権で保障されている債務もきえるのでしょうか?債務者と抵当権対象の物件を持っている場合、消えないと、債務弁済と、第3者の求償権を2重に負担することになるのでしょうか?

代価弁済してるんだから代価の分だけ債務は消える。
買主の求償権と売主の代金請求権でチャラ。

2015/11/3 07:49:16

工事監理について。
教えてください。
現場が進むにつれて、設計変更が発生してくると思うのですが変更に対しての図面作成、及び変更になった見積りなどは、監理者がするべきですか?施工業者がするべきですか?施工業者の方から中間支払いが近いので設計変更になった根拠の図面作成してと言われました。
監理者の業務ではないと思うのですが。
今まで監理をしてきて、初めて言われました。
設計変更図面がないとお金が支払ってもらえないと思っているみたいで。
設計変更に対しての処置(図面変更、見積り変更)は監理者業務でしょうか?施工業者がするべきですか?教えてください。
よろしくお願いします。

施工業者とは施工を請け負った元請ですかね。
その元請が、発注者に対して設計変更の追加求償をするということでしょうか。
結論としては各社間の契約内容による、ということと思います。
設計・工事監理をどこと契約を結び、契約内容にどう書かれているのか。
立場も関係性もわからないのでそれぐらいしか回答できないかと。

2017/4/13 14:51:29

回答ありがとうございます。おっしゃる通り、元請けからの追加求償です。流れは設計事務所からの委託契約です。急に決まったので契約書などはかわしていないです。設計自体はこの事務所がしてる様で、監理はこちらに依頼が来た次第です。契約金額的に設計変更などは含んでいないのですが。あくまでも定例、質疑応答等の金額で契約しています。設計変更するなら追加請求等はするべきですか?独立して間もないもので…。>

-求償

© 2020 お金借りるならWebキャッシングって神話について