求償

10年前に離婚して土地建物を財産分与として私の名義にしました。ロー...求償

①会社員で会社のコピー複合機のリース契約で保証人(連帯と思われる。
)になり(委託は受けていません。
)、そのまま退職しました。
その後、会社がリース料金未納を続け、保証人にリース料請求があり支払いました。
今後も未納が続くと思われるので、関係を断ちたく契約の解除したいのですが、保証人独断の契約解除が可能ですか。
②契約解除に当たり、残リース料金、違約金等の支払いも生じると思われますので、これらを支払い、支払い済みのリース料と合わせて会社に求償できますか。
③会社とは連絡取れませんが、存続はしています。

1,契約解除できません。
2,求償は出来ます。
3,登記簿があっても実態がない会社もあります。
=夜逃げしている会社=破産状態=破産しようにも金がない会社もあります。

2015/1/21 11:50:51

求償権を使いたいが・・・・・・・連帯保証人の立場です。
友人の住宅ローン保証しました。
20年ほど経過したとき、事業の失敗に加え、事故に会われたようで、ローン返済が滞りました。
そのまま職も安定しないので、1400万がのこる状態で、破産し、同時廃止という形の、免責確定を受けれたそうです。
その後、銀行が競売にかけずに1年強、放置していました。
今年の2月にようよう、競売開始になりました。
そろそろ落とす方が決まるかと思われます。
多分予想としては500マンで落札、残債務は900万あたりです。
支払いますが、払っただけでもう何もかもが終わりでしょうか?世の中には求償権なるものがあるそうですが、債務者の友人に裁判により、求償権を行使できますか?友人は、職も今では安定したようですし、何より築25年の分譲マンションを取得したそうです。
それはその人の親嫁息子などの身内が現金一括払いをしたようですが、名義人は友人本人ですし、不動産を持てているのが許せないのです。
裁判により、その不動産を競売にかけさせ、私が払うつもりの残債務回収をやることは無理でしょうか?もし可能ならば、法律事務所にて弁護士を決め、裁判をやりたいのですが、とれる可能性はどうでしょうか?割合としては期待できないのかできるのか、わかりましたら、行動に移したいので何らかの助言をお願いします。

お気の毒ではありますが、その求償債権も破産されたご友人に対する破産債権となっており、免責の対象になっていますから、法的請求はできないことになっています。
ですから、そのご友人が貴殿に対して申し訳ないと思い、自主的に任意で支払うと考えなければ、残念ながら弁済は受けられません。
なお、今年の2月に不動産競売開始決定になったのであれば、まだ、入札は先です。
入札があって買受人が決まるのは、今年の末くらいになると思われます。

2012/5/29 11:28:38

過去問を解いていたら、このような問題に出会いました。
問:AがBに王債務について、Cが保証した場合に関する次の記述中、CがAの委託を受けて保証をしたか否かにかかわらず、当てはまるものはどれか。
1・・・2・・・3・・・Cは、Bに対して債務の弁済をしたときは、Aに対して弁済をした額および弁済日以降の法定利息を請求することが出来る。
4・・・3の回答:あてはまらない3の解説:委託を受けない保証人の旧称件について、当該保証が主たる債務者の意思に反しない場合は、 弁済時に主たる債務者が利息を受けた限度に、意思に反する場合は、求償当時主たる債務者が現に利益を受ける限度に各々減縮される。
ということでした。
委託を受けていない保証人が利息を追求するなんて、そんなことできるはずない、という意味では回答自体に納得は出来るのですが、イマイチ解説の意味がわからなく、困っています。
・主たる債務者の意思に反しない場合は、弁済時に主たる債務者が利息を受けた限度に縮小する。
⇒AはCに対して利息なしでお金を返せばいい。
・意思に反する場合は、求償当時主たる債務者が現に利益を受ける限度に縮小する。
⇒Cに弁済してもらったことで、現に利益を受ける限度でお金を返せばいい。
という風に解釈しているのですが、後者の意味がイマイチよくわからずモヤモヤしています。


ご回答頂けると幸いです。

462条まんまです。
主債務者の意思に反しない場合→「弁済時」受けた「利益」の限度⇒AはCに対して利息なしでお金を返せばいい。
意思に反する場合→「求償時」受けている利益の限度⇒Cに弁済してもらったことで、現に利益を受ける限度でお金を返せばいい(=こちらも利息なし)両者の違いは462条2項後段まんまです。
すなわち、意思に反する場合、弁済後求償までに主債務者が債権者に対する反対債権を取得した時は求償権と相殺できるってこと。

2018/6/4 10:40:45

自賠責未加入詳細を書くと長くなりますので簡略で書きます。
私は自賠責が切れてました。
任意保険は加入してます。
この状態で事故をしました。
相手は信号無視です。
私も相手も怪我をしました。
私は自身の任意保険の人身傷害で対応しました。
相手は私にも保険会社にも一切求償はありませんでした。
私は自身の任意保険会社から保障を受けてますので相手に連絡を取ることはありませんし、相手も連絡が無い以上、示談交渉は行っていません。
しかし、今になって政府系の保障事業より照会がきました。
相手は私が自賠責未加入だったため請求したものと思います。
そこで、質問です。
私が無責だった場合、相手は自身の怪我に対する損害賠償は請求可能なのでしょうか?通常、自賠責は過失大でも減額対象にはなりますが請求できますが、個人に対しても相手無責事故で求償可能なのでしょうか?よろしくお願いします。

こんにちは。
www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/04relief/accident/nopolicyholde...国土交通省の政府保障事業について記載されているURLです。
「損害のてん補請求から支払までの流れ」「政府保障事業のてん補の対象とならない場合」の欄に「被害者の一方的な過失による事故の場合(被害者の100%過失による事故の場合)」の記載有以上を踏まえて回答①~省略~損害賠償は請求可能なのでしょうか?無過失の人に損害賠償の請求?請求してもこちらに過失はないので払いませんで終了②~省略~相手無責事故で求償可能なのでしょうか?国土交通省が無責(被害者の一方的な過失)と判断すれば補償対象になりませんし、国土交通省が支払ってもないものを事故相手へ求償しません。
先に回答のある通り1%でもあなたに過失があると判断されれば補償した分の求償はあります。

2018/3/23 10:09:08

労災の求償権について仕事中の事故で労災で補償を受けていますが、相手の過失割合に応じ求償権を行使すると話を伺いました。
そこで質問なのですが、相手が支払わない場合どうなるのでしょうか?労働基準監督署に訊いたら、特に差し押さえ等はしないとのことでしたが、それならば無視してもいいのでしょうか?また求償権の請求がきた場合、どんな対応をすればよいでしょうか?※私が仕事中に事故をし入院して労災を使っています。
過失割合は8:2で補正が掛かり25%が求償権となります。
(25万円)補足今回の場合は相手が知人等であった場合の話です。
知らない方なら関係無いので放って置けばいいのかもしれませんが・・・。
相手側の保険等で対応できるものでしょうか?

労働局の求償担当者に聞いてみては?下回り示談や 中途示談等細かく教えてくれます 相手が払わない場合、特に裁判等にはなりません。
労働局のお金デはありませんからね 当然保険会社に請求がいきます! 加入がなければ 労災保険を含むと示談書に付け加えれば、支払い済み示談の求償権は労災はなくなります 以上です 人災事故110番 兵頭誠

2011/10/24 10:47:55

連帯保証や保証、連帯債務における内部求償について※保証人又は連帯保証人は複数おり負担割合があるとします質問1:ある連帯保証人、保証、連帯債務者がいくらかを履行した場合、内部求償できることになっていますが、この立替代金債権債務関係は期限定めなくして構成してしまいますので、求償(立替代金債権に基づく請求)がなされるとただちに履行遅滞に陥るのでしょうか?質問2:質問1の場合、「金銭債権債務関係に係る債務不履行責任の特則(民法第419条)により遅延損害金として処理(債務者は不可抗力をもっても免れれず、未払い額×法定金利5%×経過日数)」されるのでしょうか?

複数いる連帯保証人、保証人または連帯債務者のいての内部求償権は民法442条、465条に規定され連帯保証人、保証人については負担部分を超えた額の弁済をしたときに求償権が生じ(465条)連帯債務者間では負担部分内の弁済についても求償権が生じます(442条1項)。
質問1.この求償権は法定債権として期限のさだめなき債権とされています。
従って求償権が発生し請求により債務者は履行遅滞となるものと考えます(412条3項)。
質問2.履行遅滞後は遅延損害としての損害賠償請求権が生じ、求償権が金銭債権である場合には419条の適用を受け得るものと考えます。

2015/4/29 11:26:07

保証人が債務者に対して保証債権を代位弁行使できないでしょうか? AのBに対する1200万を担保する為にCが保証人となりB所有の甲地 D所有の乙地に抵当権を設定。
次の問いに答えよ。
Bの保証人にもなっていたDが、Aに1200万代位弁済したうえで、AのCに対する保証債権を代位弁行使して600万請求した。
これに対するCの「400万円しか支払わない」旨の主張。
できる、できない?答え できない。
保証人と物上保証の二重資格者は1人として扱うのは理解しております。
ただ 債務者は設定者も兼ねてるので実質、保証されているのは、①Bの甲地②Cが保証している③Dの乙地「保証人と物上保証としての1人として扱う」債務者が資力がなくなった とは問題文に記載がない。
つまりBの甲地があるので1200万を3で割った400万だと思ってしまいました。
答えは600万円をCは支払わなければならない。
と記載があったのでCはこの後Bの甲地に対して200万を限度に求償するのかな?と思った次第であります。
つまりまとめると、1発目の求償権は保証人と物上保証人間で求償権を互いに取得して2発目で各保証人が債務者の抵当不動産に求償権を代位行使するのでしょうか?つまり、最初の段階では債務者に対して求償できず、保証人同士で、一旦精算した上で、次に債務者に求償するのでしょうか?ご教授お願いします。

わかりにくいので整理します。
1.AのBに対する債権は1200万円である。
2.CとDがBの債務を共同保証している。
3.AはBの債務を被担保債権として、BとDから抵当権の設定を受けている。
4.ここでDが1200万円を全額弁済した。
これでいいんですよね?そしたら、501条5項で、保証人は2人の頭割りですから、600万円ずつ代位できますよね。
(もちろん、Bに対しては全額代位できますけど。
)だから、DはCに600万円代位できます。
Bに抵当不動産があるかないかとは別の問題です。
1200万円を払ったDの求償権は、①Bに対しては1200万円、②Cに対しては600万円生じています。
どちらを選ぶかはDの自由です。
②を選んで、不足分をBに求償しても構いません。
600万円の求償に応じたCは、Bに対して600万円を求償できることになります。

2015/2/1 11:24:04

【民法】連帯保証について458条でたくさん準用しているけどじつは434条しか役に立たないという話があります。
しかし、実際に連帯保証の相殺を考えるときに436条を根拠条文としてあげないのはナンセンスですよね(書くときは458条で準用される436条)?ご教示よろしくお願いします。

連帯保証の相殺で何を考えるんでしょうかね。
連帯しない保証の場合と同じですけど。
求償権の範囲の話なら、むしろ委託を受けているか、主債務者の意思に反したか、事前通知や事後通知をしたかの問題でしょう。

2016/7/23 11:55:53

民法 442条の改正について。
ネットで調べていたら、442条民法改正とでてきました。
いつ改正されたのでしょうか?、また、改正前とどういったところが違うのか詳しく教えていただけないでしょうか。

まだ改正されていない。
改正案の段階。
連帯債務者間での求償権の範囲を明確にしようという方向で検討中。

2016/9/29 18:58:29

10年前に離婚して土地建物を財産分与として私の名義にしました。
ローンの債務者は元夫で、住んでいるのも元夫です。
今回支払い滞納の連絡があったので、売却しようかと考えています。
そこで、売却にて元夫の債務1800万くらいがゼロになった場合、これは何か義務とか法的な事として、元夫から私に支払いしてもらう事とかはできるものでしょうか??

あなたは物上保証人の立場にあると思いますので、あなたは夫に求償できるはずです。

2016/9/19 20:32:54

回答ありがとうございます!>

-求償

© 2021 お金借りるならWebキャッシングって神話について