求償

夫が夫婦共通の知人と一年程不倫していました。 私はそれが原因でスト...求償

宅建の勉強中です!!損害賠償請求権と求償権の違いはなんでしょうか?ご存知の方、お教えくださいませ!!

例えば、質問者様がコンビニで菓子パンを買ったとします。
そしていざ、食べようと思ったら中に砂粒が入っていました。
この場合、質問者様はコンビニに「損害賠償請求」が出来ます。
コンビニ(売手)には瑕疵担保責任が有りますから。
でも、コンビニはパン屋から菓子パンを仕入れており、砂粒はパン屋が入れたものです。
この場合、コンビニ店長はパン屋(売手)に求償が出来ます。
パン屋(売手)には瑕疵担保責任が有りますから。
但し、質問者様は直接パン屋に損害賠償請求はできません。
質問者様とパン屋との間に契約が無いからです。

2014/9/10 18:06:31

約2年半、W不倫をしていました。
きっかけは私から相手女性を夫、子がいることを知りながら口説いてしまったことがきっかけです。
ただ、その女性とまだ深い関係になる前に、その旦那さんの悪口は相当聞きました。
別居こそしていないものの、夫婦生活はここ数年なし(夫は望むが妻が受け入れられない)、家事も育児にも非協力的で全く良いところがないなど。
そういう話を聞く中で、団体で飲みに行ってたのが次第に1対1になり、結局肉体関係に発展し、2年半ズルズル付き合ってしまいました。
発覚の理由は私が不倫相手に送るメールを妻に送ってしまったことです。
発覚後、双方の夫婦で話し合いをしました。
話し合いしの結果、双方とも即離婚ではなく、うちは4ヶ月別居した後(私がマイホームから追い出され、実家暮らし、その間、誠意を見せ続けた)にマイホームに戻り、不倫相手夫婦は発覚当初から一緒に暮らしながら、一年が経過しましたが、結局、うちが発覚から一年で離婚することになり、妻が、相手の女に慰謝料を請求したことから、私も相手の夫から慰謝料を請求されましたちなみに相手夫婦は離婚しないと思われます。
慰謝料返しのようなものです。
↑これが大まかな内容です。
ここからが本題です。
上記のとおり、不倫発覚後、私はマイホームを追い出され、実家で暮らし、その間、子供にも会えず、ただただ、犯してしまった罪を悔いていました。
妻にはとにかくマイホームに帰らせて欲しいと謝罪を続け、その度に罵倒され(当たり前です)、本当に苦しい日々でした。
そういう日々の中、電話番号も全て消去したハズの不倫相手の女性から、突然電話がかかってきて「友達伝えにあなたの電話番号を聞いた。
今、旦那と暮らしているけど、やっぱり旦那と暮らすのは無理。
あなたが今も別居していると聞いた。
辛いでしょ?あなたを支えてあげたい。
会いたい」という内容の電話がかかってきました。
私は不倫相手とは縁を切りたかったので、「僕は家族の元に帰りたい。
そのために今、実家で反省している。
子供にも会えない。
しかし、子供が会いたいと言えば少しだけ子供に会わせてくれる妻に感謝している。
僕は誰の支えもいらない。
あなたも子供のことを最優先に考え、今一緒に暮らせるチャンスをくれた旦那さんに感謝するべき。
もう二度と会わない。
連絡先も消して欲しい。
」ときっぱり断りました。
その電話の最中も「どうしても会えない?」としつこく会うことを求められましたが、しっかりと拒絶しました。
不倫相手とはそれきりです。
そして、不倫発覚から4ヶ月後、私は家族の元に帰ることができました。
ある日、自宅のパソコンのデータを整理していると、不明な音声データがあり、中身を聞いてみると、上記の僕と不倫相手の電話内容でした。
さらに電話を切った後、妻、不倫相手夫婦の声も入っていました。
要するに、妻が私と別居中に不倫相手夫婦を自宅に呼び、妻の考えたシナリオ(紙に書いていました)を不倫相手に読ませ、そのとおりの内容を不倫相手から僕に電話させ、それをスピーカーにして妻、不倫相手夫が聞いおり、さらにそれを録音していたということです。
ハニートラップだったのです。
非常に衝撃を受けましたが、改めて聞いてもしっかりと「あなたには2度と会わない。
仮にどこかで会っても無視する。
この電話番号は消してくれ。
」と言っています。
しかし、結局、うちは離婚になりました。
ここで質問です。
不倫相手の旦那から弁護士を通じて慰謝料請求額来ました。
してしまったことを考えると妥当な値段だとは思います。
ただ、僕にも主張があります。
ハニートラップまでして僕をはめようとしたこと、さらに僕はそのトラップには乗らず、しっかりと断った。
おそらくハニートラップの主導は私の妻だとは思いますが、私は不倫相手夫婦も共犯と思っています。
これは慰謝料減額請求の対象にはならないか?これが聞きたいです。
詳しい方、教え下さい。

奥様としては、きっと、ご自分があなたのことをまた信じらことができるようになるために、どうしても必要だと思ってのことだと思います。
あなたには、妻を責める資格はありませんよね。
そこは大丈夫でしょうか?そして相手夫婦ですが、そのように奥様に言わされたわけで、共犯などにはならないのではありませんか?あなたを脅したわけでもありません。
逆な相手男性は目の前で自分の妻がコッピドク振られるのを見て、これからのあなたとの不倫の継続はないだろうという安心と同時に、何とも消化できない悔しさ、情けなさ、惨めさを感じたことだと思います。
悔しくて慰謝料が必要なのは相手男性の方ではありませんか?実際、妻の不倫の事実と合わせて立ち直るのに心療内科が必要なほどのダメージかも?と想像します。
相手が離婚しないなら相場は20万。
あなたの妻は200万ほどもらうのが相場。
あなたはとりあえず20万から、相手女性の求償分を先に差し引いて、15万を相手男性に支払えばいいと思います。
逆にそれ以上請求するなら、払うつもりはないから裁判してくれ、でいいのではありませんか?相手にとってみると、裁判しても判決が15万くらいでしょうから、弁護士費用などで赤字になる為、結局裁判はせず、示談で15万円くらいで落ち着くはずです。

2018/7/4 21:23:46

ご回答、ありがとうございます。
もちろん、妻の行動は理解できますし、相手の旦那さんには申し訳ない気持ちはあります。
ハニートラップについても相手夫婦は強制的に実行させられたとも思っています。
僕が微妙に思っているのが、今回の私の妻の相手女への慰謝料によって、相手旦那から私も請求されましたが、その内容が「不倫により、夫婦生活の維持が困難になり、離婚協議中」と書かれていました。
妻が相手女に送った内容とほぼ同じでさらに妻が請求した額より50万も上乗せして請求してきたのです。
相手夫婦が特に離婚するつもりはないが、うちが離婚となり、慰謝料請求されたので、そっくりそのまま同じ内容でさらに上乗せして慰謝料を取り返しに来た場合、本当に離婚協議中なの?と聞きたいのです。
離婚するつもりはないのに「離婚協議中」という内容で慰謝料って請求できるんですか?
離婚協議中というキーワードは「離婚する」という認識でいいんですか?>

Aに対する求償権確保のために、代位の登記を付記した上で、Bの抵当権を行使することができる上記の文面の質問ですが代位の登記とはどこにどのような文面を書いて登記するのでしょうか?また 登記とはどんなものでも登記できるのでしょうか?例えば 山田○○○さんから田中○○さんが100万円を借り 返済日は○○ 遅延した場合は○○みたいな本人同士の取決めなども登記できるのか知りたいです。
よろしくおねがいします。

代位の付記登記は登記簿に主登記に付記される形でなされます。
登記簿は昔は本当の帳簿でしたが、今はコンピュータ化されています。
Aの抵当権が権利部乙区1番で登記されているとします。
1 抵当権 抵当権者A 債務者 B債務者Bに代わって、例えば保証人CがAに、この抵当権の被担保債権を弁済したとします。
弁済による代位でAの抵当権がCに移転します。
この登記が付記でなされます。
1 抵当権設定 抵当権者A 債務者B 1‐1 1番抵当権移転 原因 代位弁済 抵当権者Cこのようになります。
登記できる事項は法定されています。
権利一般については、不登法59条に、抵当権については、不登法88条に規定されています。
これ以外は登記できません。
ですから当事者間で定めたことであっても、登記できる事項と登記できない事項があり、登記できない事項については、第三者に対抗できないことになります。
不登法について知りたいのであれば、司法書士試験受験用の参考書を読まれることをおすすめします。
山本浩二先生のオートマシステムがおすすめです。
ここで質問して、ろくでもない回答を得るよりもはるかに有益だと思います。

2014/11/26 20:29:51

物上保証人は被担保債権の弁済期が到来したとしても、債務者に対し事前に求償権を行使できないそうですが何故ですか?

とても端的に言うと、「保証人は全額を負担する危険にさらされるものの、物上保証人は、その担保価値の限度しか危険にさらされないから、特に事前求償は認める必要はない」との判断それ以上に深い意味はなく、保証人の事前求償も理屈としては無理があるけど仕方ないでも物上保証人までは・・との考え

2017/11/29 00:41:31

民法の初学者です。
民法の、分別の利益や求償権が理解できません。
AがBから100万円借りた。
CとDはそれぞれBの連帯保証人とする。
このような事例を考えた場合連帯保証は補充性がないため、BがCに「100万円払え」と請求したらCは100万円をAに払わなければならない。
払った後は、連帯保証の場合、分別の利益がないため、CはDに1円も求償できない。
また、CはBに対しては100万円求償できる。
という認識は正しいでしょうか?間違っていたら、どこが違うのかご教示ください。
補足ごめんなさい、訂正します。
Cは100万円をAに→Cは100万円をBにCはBに対しては→CはAに対しては

間違ってますよ。
分別の利益があるかないかというのは、債権者に対してどこまで責任を負うか、という話です。
もしCDが連帯保証人ではなく一般保証人なら、分別の利益があるので、例えばCがBから100万円請求されても、保証人がもう一人いることを理由に50万円までしか責任を負いません。
残りはDに、と言えるわけです。
保証債務が最初から50万円しかない、と考えればわかりやすいでしょう。
しかしCDは連帯保証人なので分別の利益がなく、100万円を請求されたら100万円を払わざるを得ないわけです。
じゃあ、100万円支払ったCはDに求償できないか、というとそんなことはありません。
Dも連帯保証債務を負っていたんだから、50万円までは請求できます。

2017/8/23 21:59:40

求償について?労災と人身傷害保険は求償の問題が生じないようですが労基署は人身傷害保険の有無について第三者行為の届で必ず確認してきます。
治療終了後に加害者の自賠責に対して両者が求償すれば先順位を争って競合になります。
任意保険に加入していればばまだしも車検切れのケースもあります。
求償の問題が生じないというのがイメージできません。
ちなみに労災側の給付額が確定するまで協定書のサインを保留にしたら損保会社から苦情が来ますか?(笑)労災は月末締めで翌月12日に病院から労働局にレセプトが来ます。
労基署が内容を把握できるのはさらに先です。
労災の求償着手まで保留にしたらトラブルになりますか?被災者が労災の回収率に配慮する必要はないですが。

rocketbiker_r66です。
>治療終了後に加害者の自賠責に対して両者が求償すれば先順位を争って競合になります。
確かにご指摘のとおりです。
私はあまり考えていませんでした(^^;)マズイかもしれません.....軽傷で労災治療になった場合、自由診療と違って治療費が安いですし、医師も儲けに走らないので、あまり通院頻度が高くならず、労災求償と合わせても自賠責範囲内に収まることが多いという印象です。
逆に重傷の場合には、労災が支払う治療費だけで120万円を超えることが多く、人身傷害保険の担当者は、労災治療になった時点で自賠責保険からの回収を(あまり)期待しないと思います。
私とは違う感覚の担当者もいると思いますが、私は治療費の面で労災にお世話になっている場合、競合になって按分でも十分という考え方です。
自賠責保険に求償しきれなかった部分は、加害者(側任意保険会社)に請求すれば良いのだと考えています。
労災の第三者行為届けに、人身傷害保険について記載する欄があるのは、労災と人身傷害保険との二重給付にならないようにするためというのが本来の趣旨だと思います。
>労災の求償着手まで保留にしたらトラブルになりますか?ならないと思います。
担当者がそこまで頭が回らないから.....(-_-;)真面目な話し、相手の自賠責保険からの支払いを含めて人身傷害保険で対応している場合、自賠責保険へ労災求償がなされると人身傷害保険の担当者にはわかる仕組みになっています。
その時点までで支払っている金額を自賠責に請求し、競合請求になるのですが、按分になったとしてもいくらかは回収できるので、あまり大きな問題にならないと思います。
※そして回収しきれない部分は、加害者側任意保険会社に請求することになります。
【追伸】私の回答は保険会社よりになっている可能性がありますので、他の方の回答も参考になさってください。

2012/12/21 21:06:53

委託を受けた保証人と委託を受けてない保証人について教えてください。
よろしくお願いします。
補足言葉足らずでスイマセンでした!委託を受けた保証人は、債権者から委託を受けるのでしょうか?初学者なので的を得てない質問かも知れませんが回答宜しくお願い致します。

求償権の範囲が異なる。
債権者、債務者どちらも有りますが圧倒的に債務者側か多いだけ。

2014/10/21 10:17:28

他家と境を接している土地の片側斜面が崩れました。
双方の土地が崩れたのですが、私の崩落土砂が他家の土地に流れ込んでいます。
相手の崩落土砂は当方の土地には流れ込んでいません。
もともと放置してある雑地なので、自分の土地は撤去するつもりはなく、そのまま放っておこうとおもうのですが、相手の人は撤去するようで、その費用を当方も負担するように言ってきます。
この際、当方として費用負担は必要ですか?必要であるとして、どのくらいの費用負担が必要なのでしょう?単純に土砂の流入量の割合を支払うことになるのでしょうか?だだ、流入土砂の割合がどの位なのかは簡単にはわかりません。
相手は、ハッキリとは言いませんが折半にしたいというのが見え見えです。
正直なところ、私も幾ばくかの負担は覚悟しているのですが、折半というのは納得できません。
で、お前は一体何を聞きたいのか!と思われるかもしれませんが、考えをまとめる上で、色々な意見を伺いたく投稿しました。
感想でもなんでもいいので、宜しくおねがいします。

おそらく本来は土地の所有者が費用を負担して撤去することになると思います単なる土地の使用者の場合は損害の発生を防止するのに注意をしていれば賠償責任を負いません土地の所有者は無過失責任ですので過失があったかどうかはここでは問題とはなりません民法第717条(土地の工作物等の占有者及び所有者の責任) 1-土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときはその工作物の占有者は被害者に対してその損害を賠償する責任を負うただし占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは所有者がその損害を賠償しなければならない2-前項の規定は竹木の栽植又は支持に瑕疵がある場合について準用する3-前二項の場合において損害の原因について他にその責任を負う者があるときは占有者又は所有者はその者に対して求償権を行使することができる

2018/7/10 15:14:17

早速ご回答ありがとうございます。法律の条文となると私にとってはなかなか手強い印象です。後ほど熟読させていただきます。まずは御礼まで、ありがとうございました。>

労働基準監督署から求償請求がきたのですが、どのように対応したらいいですか?1000万以上の請求です。
不当だと思って居ます。
原付と自転車の事故で、こちらは自動車です。
駐停車禁止区間に駐車して居たトラックに、自らぶつかった原付が急に出てきて、私の車とぶつかりました。
まっすぐの道で、こちらに落ち度は無いと思うのですが、それでも10:0にはならないのは分かっているのですが、、、。
こちらは車の修理なども保証してもらいたかったのに、相手側の保険屋と相手が面談ができず、なかなか車の修理も出来ませんでした。
泣き寝入りというか、車が治らないと生活に支障があり、こちらの保険で済ませました。
それなのに、一年以上経って今度はこのような請求がきました。
何対何になるのかはまだきて居ませんが、それでも何百万になりますよね。
継続中ともなっており、これからずっと払わなくてはいけないのですか?お怪我をされたのはとても可哀想に思いますし、早く良くなって欲しいとは思います。
ですが、ご自分で起こした事故を、どちらかと言うと被害者であるこちらにこれだけの請求がまかり通るものなのでしょうか?また今回の請求により、お名前がわかり、本人のツイッターを見つけてしまいました。
保険屋が面談できなかったと言う期間にもツイッターは更新して居ました。

労働基準監督署から来るのか?裁判所じゃなくて?

2017/3/27 19:08:47

夫が夫婦共通の知人と一年程不倫していました。
私はそれが原因でストレス障害や適応障害になり現在も通院中です。
夫の不倫にて弁護士依頼をし、相手が慰謝料100万円での示談成立致しました。
現在夫宛に求償権行使により70万円の請求が相手側弁護士より届いております。
ですが、夫から120万円の慰謝料を貰う手筈になっており相手からの求償権行使に疑問を持っています。
夫とは一時期別居にも至り、離婚協議も行いましたが再構築となりました。
このような場合でも相手側に70万円払う必要があるのでしょうか。
私自身は総額220万円が今回の慰謝料であり、その半分以下を相手に請求しただけ、、という認識です。

求償権を請求してくる姑息な女がいるので、予め備えておくべきでしたね。
対抗措置として夫からの慰謝料120万円の現金の受領で、夫が拒否するしかないでしょう。
和解示談書にはどう書いてあるのかわかりませんが、夫には別に慰謝料を貰うと言う事も書いてあれば良かったのかもしれません。
いずれにせよ、請求されているのは夫であって、一緒に悪い事をして、その悪い事を私だけがとがめられて全部支払った、と言う理屈を成立させなければよいわけで、夫との、慰謝料支払いとその和解示談書に、明確に記載しておく必要があると思います。
ずるい弁護士から入れ知恵されたのじゃないでしょうか?あなたではなく、夫がきちんと拒否すれば良いんじゃないんでしょうか。
再構築されると自分だけ遊ばれて損したと思う女が多いんですよ。
これに備えて、慰謝料は同時に同額請求で、女とは個々に減額交渉で金額を決めたら良かったかと思います。
どっちにせよ、慰謝料全額で100万なんて少なすぎます。
女1人に200万円請求で支払い能力の関係で減額を交渉、結果として100万円を受け取ったならそう言う事はなかったでしょう。
夫にも弁護士をつけさせて、弁護士同士で交渉させるんです。
最初からやり直すためあなたも弁護士を雇って、不倫をした女が30万で許されるのはいやだとごねても良いかな?とも思います。
後は、とにかく離婚して、夫には300万円の慰謝料を要求するのです。
そっちの方が優先で、求償権の根拠を無くすんです。
苦しんで我慢して再構築しようとしている夫婦の財布は結果として不倫相手から70万円取り返されてしまうのはどう考えても理不尽です。
ようするに、再構築できるのは、不倫された妻はノホホンとして一度の浮気ぐらいあんまり傷つかないから、損害賠償金も少なくても良いんじゃね?と言う法曹界のキチガイどもの考えからそう言う屁理屈が出来上がったんですよ。
あんまり求償権を求める恥知らずな女(ほぼ女)は実際それほどいないでしょう。
多分弁護士の入れ知恵でしょうこっちは慰謝料を吊り上げたらどうでしょう?100万円を返して、改めて300万円を要求するんです。
どうせ日本の裁判なんて、低脳判事のトンデモ判決ばかりですからね、あなたは不倫されて苦しんだ妻をそのままやれば良いんです。
向こうは男に騙された無知な女を演じるでしょうけど、いまどきそんな玉はいない。
だけど、心証第一ですから。
証拠も何も心証だけで判断されますから気を付けて下さい

2017/9/13 14:36:12

相手の女は私と主人が付き合う前からの共通の知人でした。職場も同じで性格も分かる分、「騙された」とは思ってないでしょうが「何故私だけが」と思っている事でしょう。これだけの事を仕出かしておいてまさか求償権行使するとは思いませんでしたがやはりその程度の女でした。そんな女と不倫した主人が一番悪く情けない限りです。先日皆様の意見を参考に主人より相手側弁護士に電話をし、120万円払っているので支払う必要は無いと思う と伝えた所、後日担当者から折り返しがあるとの事でした。(現在は音沙汰無しです。)主人と離婚するのは難しいので、このまま頑張りたいと思います。ありがとうございます。>

-求償

© 2021 お金借りるならWebキャッシングって神話について