求償

求償権について 前回の質問の続きになります。 前回、親身な回答をい...求償

民法について質問です。
連帯債務の場合の求償額と保証契約の場合の求償額はどう違うのですか?説明を読んでもよくわかりませんでした。

そもそも「債務者」と「保証人」との違いが理解できていないのかと思います。
「債務者」とは、その債務を【最終的に】負担すべき人です。
例えば、ノートパソコンを買ったら、その代金10万円を支払うべき人とか、10万円を借りたので約束の期日までに10万円を返すべき人とかそういうものです。
これに対して、「保証人」とは、債務者がきちんと債務を履行することを「保証」する…つまり「太鼓判を押す」人です。
Aさんがノートパソコンを10万円で買ったとして、Bさんにその代金を支払うことになるとしましょう。
この時保証人としてのCさんの役割とは、「大丈夫!Aさんはちゃんと10万円払える人だから!」という太鼓判を押すだけです。
保証人であるCさんが10万円を負担する必要はありません。
ただし、債権者であるBさんは保証人であるCさんが「太鼓判を押した」からAさんを信用したはずです。
このため、もしCさんが「大丈夫!」と言っていたにもかかわらず、Aさんが債務不履行となった場合、BさんはCさんに「あんだが太鼓判を押したから信用したのにAさんが債務を履行してくれなかったじゃないか!」と文句を言う事ができます。
Cさんは自分が押した「太鼓判」のために、債権者であるBさんに「10万円を支払う」という必要に迫られることがあります。
ただし、ノートパソコンを買ったのはAさんであってCさんではありません。
CさんはBさんに10万円を支払ったとしても、それは一時的に「立て替えた」だけにすぎないのです。
だからCさんは後日Aさんに、「お前の代わりにノートパソコンの代金を立て替えておいたから、その代金を俺に支払え」と請求出来ます。
これが保証契約の求償権です。
連帯債務の場合の連帯債務者間の求償については、「サラリーマンが居酒屋で飲み会をした時のワリカン」の件が判りやすいでしょう。
サラリーマンのXさん・Yさん・Zさんが居酒屋で飲み会をしました。
居酒屋は「連帯債権」を持っているので、3人分の飲み代12000円を【誰か一人】に請求しても構いません。
(各々に請求しても構いませんが。
)そこで、Xさんが3人を代表して12000円を居酒屋に支払ったという場合、Xさんには「他の連帯債務者に対する求償」をすることができます。
12000円を「ワリカン」で支払うのであれば、XさんもYさんもZさんもそれぞれ4000円ずつ負担しなければなりません。
これが各自の「負担分」にあたります。
ところが、Xさんはお店に12000円を支払いましたので、現時点では12000円を負担し、YさんとZさんの負担は0円という状態です。
そこで、Xさんは自分の「負担分」を越える8000円について、YさんとZさんにそれぞれ「払え」と請求出来ます。
YさんもZさんも支払うべきはそれぞれ自分たちの負担分までです。
つまり、XさんがまずYさんに「俺が12000円を負担しておいたから、お前の分を払ってくれ」と請求したとしても、Yさんは8000円を負担する必要はありません。
Yさんの負担分4000円だけです。
Zさんも同様です。
「保証人」には負担分がありませんでした。
だからこそ、10万円のノートパソコンの代金の全額を債務者に「払え」と請求できた訳です。
これは「連帯保証人」であっても変わりません。
「連帯債務者」2名(Aさん・Bさん)と「連帯保証人」2名(Xさん・Yさん)とがいて、債権者Pさんから100万円を借りたとします。
(なお、負担分の特約はないものとします)この場合のそれぞれの「負担分」はこうなります。
・Aさん=50万円・Bさん=50万円・Xさん=なし・Yさん=なしXさんが債権者Pさんからの請求に応じて100万円を支払ったと言う場合、Xさんは【最終的に債務を支払うべき人である】Aさん・Bさんに「お前ら、50万づつ支払え」と求償することができます。
ところが、Aさんが債権者Pさんからの請求に応じて100万円を支払ったという場合、Bさんには「50万円払ってくれ」としか言えませんし、Xさん・Yさんに求償することは当然出来ません。
(保証人だし、負担分も無いから)と、ごく簡単に言ってしまえばだいたいこんな感じの話なんですが、全部書くと長くなるのであなたが持っているテキストをじっくり読み返してみてください。

2016/1/5 14:18:49

宅建の過去問についてAとBが1,000万円の連帯債務をCに対して負っている(負担部分は1/2ずつ)場合と,Dが主債務者として,Eに1,000万円の債務を負い,FはDから委託を受けてその債務の連帯保証人となっている場合の次の記述のうち,民法の規定によれば,正しいものはどれか。
1 1,000万円の返済期限が到来した場合,CはA又はBにそれぞれ500万円までしか請求できないが,EはDにもFにも1,000万円を請求することができる。
2 CがBに対して債務の全額を免除しても,AはCに対してなお500万円の債務を負担しているが,EがFに対して連帯保証債務の全額を免除すれば,Dも債務の全額を免れる。
3 Aが1,000万円を弁済した場合には,Aは500万円についてのみBに対して求償することができ,Fが1,000万円を弁済した場合にも,Fは500万円についてのみDに対して求償することができる。
4 Aが債務を承認して時効が中断してもBの連帯債務の時効の進行には影響しないが,Dが債務を承認して時効が中断した場合にはFの連帯保証債務に対しても時効中断の効力を生ずる。
結局3は求償はいくらできるのでしょうか?解説をみても、あまり理解できませんでした(???)できるだけ詳しく教えてください

Aは500万円求償できます、この点は正しい。
Fは1000万円求償できます、なので誤り。
連帯債務と保証の違いが明白に出るというだけです。
AとBは連帯「債務者」なので、二人ともCに対して債務を負っています。
なので、二人とも弁済をしないといけない、これは債務者なんだから当たり前。
負担部分は2分の1ずつなので、1000×2分の1=500万を求償出来ます。
一方Fは連帯とはいえ、「保証人」です。
「債務者」ではないので、Fが弁済しなければいけないってことはそもそもないはずです。
なので、Fは1000万円全額を求償出来ます。
ちなみに連帯保証人と保証人の違いですが、「先に主債務者に払ってもらってよー」と言えるかどうかだとお考えください。
あとは、複数人保証人がいる場合などには、求償関係が異なってきますが、今回のように1人しかいない場合は、ほとんど通常の保証と変わりません。
少なくとも。
この事例ではほぼ同じと考えてしまって大丈夫です。
変な時間に起きてしまった行政書士がお送りしました。

2014/6/18 04:47:26

宅建の勉強をしています。
以下の問題がわからないので教えてください。
平成18年問7A銀行のB社に対する貸付債権についき、Cは、B社の委託を受けその全額につき連帯保証するとともに、物上保証人として自己の所有する土地に担保設定している。
保証人各自の負担部分は平等である。
(ABCDの間に特段の規定はない)CがA銀行に対して債権全額につき保証債務を履行した場合、その半額につきDに対する求償権を取得する。
と、あるのですが、連帯保証人の場合全額求償できるのに答えは○で、解説がよくわかりませんでした。
多分人より理解力が乏しいと思うので優しめの言葉で教えて下さい。

求償権については、連帯か否かを抜きにして、普通の保証人契約で考えます。
連帯保証人(C)の求償権ですが、債務者本人(B)に対しては、全額の求償権が有ります(肢1)しかし、この連帯保証人(C)は、もう一人の連帯保証人(D)に対しては、本来の負担部分が対等ですので、半額の求償権しか有りません。
(肢2)これは、担保設定が有るからと言って、増えるわけでは有りません。
肢3は省略しますが、…肢4は肢2の逆ケースですが、同様に半額の求償権しか有りません。

2015/4/30 21:58:34

連帯保証人は分別の利益がないので全額請求できて、求償権もその全額について誰に対しても出来るとおもってたんですが、それは間違ってて、主債務者については全額出来るけどその他の連帯保証人に対してはC,Dで負担部分それぞれ1/2迄しか出来ないということですか?>

抵当権の代位弁済について。
親類の債務に対して自らの土地に抵当権を設定しています。
このたび当該土地を不動産会社に売却したいと思っています。
親類には資力がなく弁済できないので、代位弁済をするつもりですが、その場合は贈与に当たるので、親類に贈与税かかる。
形式上の消費賃貸契約を結んだ方がいいと不動産会社の人に言われました。
代位弁済による混同で抵当権は消滅し、親類に対しては求償権が発生するので贈与には当たらないと思うのですが、どうなのでしょうか?詳しい方、ご回答お願いします。

不動産屋に売る前に抵当権を何とかしろと言われたんですね。
それで、代位弁済を考えたんなら、お考えの通り代位弁済した時点で債権者から抵当権が移転してきて混同消滅します。
代位弁済なので親戚に対しては求償権が発生しており、贈与には該当しません。
曖昧さがいやだったら。
親戚との間で「弁済契約」を結んでおけば万全です。

2016/7/15 14:03:25

根抵当権について根抵当権の元本確定後に代位弁済により根抵当権移転登記請求権を取得した甲は、その根抵当権者乙の根抵当権設定者丙に対する元本確定の登記請求権を代位行使して、丙を登記義務者として登記を申請できる。
1.元本確定後に代位弁済したのに、なぜまた元本確定の登記請求をしようとしてるのでしょうか?2.弁済したら求償権も取得するので、それを行使すればいいのではないのですか?

ご質問は,昭和54.11.8民三第5731号民事局第三課長回答のことだと思いますが…1.甲の,元本確定後の代位弁済による「根抵当権移転」の登記は,登記簿上,元本が確定していることが明らかである場合を除き,「元本確定」の登記を経た後でなければ,することができません。
上記先例では,『元本が確定していることが登記簿上明らかでない場合,根抵当権者(乙)は,根抵当権設定者(丙)に対して,元本確定の登記手続きを命ずる判決を得て,単独でその登記をすることができる。
なお,代位弁済により,根抵当権移転登記請求権を有する者(甲)は,根抵当権者(乙)に代位して,根抵当権者(乙)の設定者(丙)に対する元本確定の登記請求権を行使することができる。
』とされています。
◆◆◆◆◆2.元本が確定していることが登記簿上明らかでない場合は,代位弁済による求償権を行使する前提として,「元本確定」の登記が必要,ということだと思います。
◆◆◆◆◆代位弁済がされるということは,主たる債務者が根抵当権者に対して弁済できないということであり,代位弁済者が根抵当権移転登記をするのは,ほとんどの場合,その後,競売を申し立てるためだと思われます。
競売を申し立てる前提として「根抵当権移転」登記をする必要があり,「根抵当権移転」登記をする前提として「元本確定」の登記が必要となります。
「元本確定」の登記は,設定者が登記権利者,根抵当権者が登記義務者となって,共同で登記申請をするのが原則ですが,競売されることがわかっている設定者が,「元本確定」の登記に協力しないことは,十分あり得る話です。
それで,上記先例の方法が考え出されたのだと思います。
しかし,上記先例では,①根抵当権者が設定者に対して訴訟を起こさなくてはならない。
②代位弁済者が代位できるのは,設定者ではなく,根抵当権者である。
と,時間と手間がかかり,被代位者がわかりにくいです。
平成16年に,「担保物件及び民事執行制度の改善のための民法等の一部を改正する法律」により民法が改正になり,根抵当権者の元本確定請求の規定が新設され,登記手続き上,根抵当権者の単独申請で,「元本確定」の登記ができるようになったので,上記先例の方法は,今は使われていないと思います。

2017/4/17 23:48:30

求償権について教えてください。
不貞行為にて、現在、相手の配偶者に慰謝料を分割で払っております。
支払った後、求償をしようと思っていますが、10年の時効があるということを見ました。
この時効というのは、慰謝料の支払い開始から10年なのか、支払い終わった日から10年なのか知りたいです。
よろしくお願い致します。

実際に支払った日から10年です。
平成29年1月1日に払った分は平成39年12月31日で時効平成29年2月1日分なら平成39年1月31日までです。

2017/4/14 09:18:58

支払うたびごとに支払った日から10年ですね。
>

交通事故 労災 求償権について1年前、相手の前方不注意飛び出しにより、私1割、相手9割の割合の事故がありました。
バイク同士です。
お互いに怪我をしていることによって警察からはお互いの保険会社を通して賠償し合って下さいとの指導を受けました。
相手方は任意保険に入っておらず、こちらの保険会社が全ての書類や事例の説明をし、示談が完了しました。
任意保険に入ってないということで、バイクのみの賠償だけという示談になりました。
こちらは痛みがありましたが、仕事を休んでまで病院に行くこともできなかったので病院には行っていません。
後日、相手方が労災を使ったという事実が労基からの書類で分かり、書類を送り直し全てが完了したと思っていましたが、今日、求償権により賠償額の予告?が送られてきました。
こちらとしては、任意保険を使うことができましたが、お互いに納得した上で示談までしているのに、なぜ請求されるのでしょうか?

労災は、例えば通勤災害等で申請したものと思います。
これは、相手側の勤務上の労働災害を適用して通院費や休業補償を行うものです。
これは、自賠責保険又は任意保険と相手側労災保険との交渉となるので、貴方は直接的には関与しないのですが、一応貴方に通知が来ます。
気にする必要はありません。
手続き上必要な通知だと思っていれば良いです。

2016/8/9 21:46:25

ありがとうございました。調べても私が疑問に思っていることが書かれておらず、モヤモヤしてました。これでスッキリしました。本当にありがとうございます!!>

iphone5sの画面を割ってしまいました一部ガラスがなくなっており、セメダインや瞬間接着剤でこれ以上被害が広がらないように一部固定してしまいましたまた、契約者は自分ではなく親です修理業者または、ドコモの補償サービスによる交換はうけつけていただけるのでしょうか?可能であれば親にバレないように穏便に済ませたいので、お願いします

端末補償自体は『契約者本人』が原則。
従って契約者以外の手続きの場合はショップ来店が必要となり、その際は『委任状』か『契約者の連絡先の電話番号に口頭で意志確認』が必要です。
また相談内容にある状況から察するに『外損扱い』のためケータイ補償サービスを適用した際に『求償料金』が少なからず発生し、請求内訳にも掲載されます。
iphone5sの月々の支払も親がしているなら、そこから親族にバレると考えられます。
なので最初から契約者である親であるに告げておくのが無難かと思います。
また、補足ですがiphoneの外観は非常にデリケートなので直ぐに壊れます。
頑丈な手帳型ケースに入れたり、日々の取扱いは注意した方がお勧めです。
それが難しいようであれば耐久性自体はAndroidの方が強いことが多いので宜しければ次回の機種変更の際に検討してみて下さい。

2018/6/24 04:01:53

求償権と慰謝料について質問です。
妻が不倫をし(約3か月)、私は不倫相手に300万の慰謝料請求を行いました。
相手との話し合いの結果、150万で示談をすることになり、もうすでに支払いを受けております。
妻とはもう離婚を致しましたが、元妻にも200万の慰謝料請求を行おうと思ったところ不倫相手により、150万の半額の75万の請求を受けているようです。
そんな状態でも私は元妻に対して200万の慰謝料請求はできるのでしょうか?

慰謝料について、相手の男と、元妻にそれぞれ個別に行う訳ですので相手の男との示談の時点で元妻に慰謝料の請求をしない等の示談書が結ばれていなければ、あなたが奥さんに請求する金額は自由だと思われます。
あなたの元奥さんが金銭的に困っているため、あなたの同情を誘おうとしているだけなのでは!?容赦なく請求したら良いと思います。
私も同じことをされましたが、双方に容赦なく請求しました。
私の場合は、幼い子供も居た為、お金では解決できる問題ではないと思っております。

2016/11/21 09:15:42

求償権について前回の質問の続きになります。
前回、親身な回答をいただいて求償権等の事をはじめて知りました。
義父母はその後、自営業の資金繰りが悪化して自己破産しています。
1 自己破産していても求償権は請求できますか?また、代位弁済をしたのはかなり前で、その後とくに何もしてこなかったので現在は時効になってしまってると思います。
義父母が家をとられた 20年ほど前親戚が豪邸を建てた 12年ほど前他人の家に間借りしていた義母が親戚に直談判して、築100年に家に移り住んだ 11年ほど前義父母の自己破産 10年ほど前 となります。
今まで折りにふれ家の名義の変更の事を話してきましたが、親戚からのらりくらりとかわされ、前回の話し合いで根抵当と5年後という話がでたのでした。
2 親戚に強くでれなかった結果このようになってしまったのですが、もう手だてはないでしょうか?

求償権の時効は通常10年です。
その間に何ら法的手続きをしていないのなら、一般的には無理でしょうが、結構いろんな事情が複雑に絡んでいますので、実質上、親戚が債務を認めて支払う意思を示したとみなすことができる特段の事情がある可能性もありますね。
それなら時効は成立しませんから、いまからでも、何らかの手当をすることは可能ではないかと思います。
また相殺の援用が出来るような事情がある場合も考えられますし。
また自己破産の際には、求償権も財産ですので届け出る必要がありましたが、財産とは知らなかったのでしょうから忘れていたことでしょう。
親戚が相手の民事裁判なら、その事実を訴訟の席で持ち出す人がいなければ、裁判官も知らないのですから戦うことは可能だと思います。
もちろんそんな簡単に不利な事情をスルーできるとは到底思えませんし、私のように、義父母の事情を何にも知らない素人が、そんな他人の人生を左右するほどの訴訟をけしかけることは、とてもできませんので、単なる参考意見のひとつくらいに聞き流して下さい。
その場合は、今度こそはしっかりと法律の専門家に相談しましょう。
法律を知らないまま、なすすべもなく家を取られたのですから、同じ過ちを繰り返さないように。
ただし争点が複雑すぎて、義父母は絶望的に不利な立場ですから、あまり真剣に相談に乗ってもらえないかも知れませんので、根気よく信頼できそうな弁護士を探すことです。
当事者である親戚に相談するのは、あまり良い解決にはなりません。
きたない言葉を使うなら、義父母の財産を盗み取って返さない泥棒です。
泥棒に盗んだ品をどうすれば取り返せるのか相談しているようなものです。
訴訟にするぞと、手の内を教えてあげる必要もありません。
淡々と準備し、相手が反論を準備するゆとりも与えないほどの速攻で、一気に勝ち取ることです。
(追加)自己破産の時に故意に破産財産を隠匿すると、詐欺破産罪になりますが、その公訴時効は破産手続が終了してから7年ですので、もはや時効が成立しているでしょうから、罪に問われることはありません。
ただし、それを親戚が知っていたら、債権者ではないと主張される恐れはあります。

2012/6/15 13:30:27

-求償

© 2020 お金借りるならWebキャッシングって神話について