求償

民法 不可分債権の求償権の話___ 家賃8万円のアパートの賃借人に相続...求償

こんにちは。
債権法についての質問です。
①AB及びCは、Dに対してそれぞれ1200万円の連帯債務を負担しているところ、債権者であるDから支払いの請求を受けたため、Aが、Dに対し、300万円を一部弁済した。
AないしCの負担部分が、それぞれA600万B400万C200万である場合、AはB及びCに対して請求できるか。
求償できるとして、それぞれいくらの金額を求償できるか。
理由を挙げて答えなさい。
②俳優であるAと劇場主であるBは、AがBの経営する劇場で演技をし、BがAに対して報酬として100万円を支払う旨の出演契約を締結したが、Bの従業員の失火により劇場が消失したため、Aは、当日、同劇場で演技をすることができなかった。
そこでAは、急きょCの申し出により、同日Cの劇場で演技をすることになり、Cから報酬として50万円の支払いを受けた。
Aは、Bに対して報酬の支払いを求めることはできるか。
BはAに対してどのような主張ができるか。
それぞれ理由を挙げて答えなさい。
よろしくお願い致します。

① 負担割合が3対2対1なので、300万円を弁済したのであれば、AはBに100万円、Cに50万円求償できます。
その都度求償せずに、残り300万円を払って自分の負担部分を返済したことにして、後はお前ら払えよな、でも構いませんけどね。
② 危険負担の問題ではなく、Bの従業員の失火、すなわちB側に帰責事由があり、債務不履行ですからBは報酬100万円の支払い義務があります。
危険負担の問題であればAがCから得た報酬50万円の償還を請求できますが、債務不履行であるためそれもできません。

2017/7/20 11:30:03

民法462条(委託を受けない保証人の求償権)1項についてです。
下記のような内容の記述を認識しましたが、「したがって、保証人が弁済等をした日以後の法定利息や損害賠償は請求することはできない。
」というのがよく理解できません。
ご教示よろしくお願いいたします。
記主たる債務者の意思に反しないで保証をしたこの場合は、「債務の消滅」の当時利益を受けた限度で保証人に償還しなければならない。
したがって、保証人が弁済等をした日以後の法定利息や損害賠償は請求することはできない。
【参考】第四百六十二条 主たる債務者の委託を受けないで保証をした者が弁済をし、その他自己の財産をもって主たる債務者にその債務を免れさせたときは、主たる債務者は、その当時利益を受けた限度において償還をしなければならない。
2 主たる債務者の意思に反して保証をした者は、主たる債務者が現に利益を受けている限度においてのみ求償権を有する。
この場合において、主たる債務者が求償の日以前に相殺の原因を有していたことを主張するときは、保証人は、債権者に対し、その相殺によって消滅すべきであった債務の履行を請求することができる。

主たる債務者は、債務の消滅の時にどういう利益を受けたのでしょうか。
自分の債務が500万円、それまでに発生していた延滞利息が60万円だとして、560万円の弁済を受けたんですから、得た利益は560万円ですよね。
しかし、保証人が1年間求償しなかったので、年利5%で28万円の法定利息がついちゃったとします。
合計588万円ですね。
そりゃあんたが求償しなかったのが悪いんでしょ、といって588万円ではなくて560万円までしか求償できない、ってことです。

2014/10/27 18:37:57

恐れ入ります。
「保証人は、差額の28万円については、債権者など、他に支払う必要はないが、本来、主たる債務者に求償できたのに、できなくなる。」ということでしょうか。
>

求償権の割合について教えてください。
不貞行為にて相手の奥様に慰謝料を支払いました。
男の方に求償しようと思うのですが、半分以上請求出来ると書いてあるのを見て、どのような場合だと出来るのでしょうか?未婚だと聞いて付き合っていた。
半年ほどたち行動が怪しく調べたら既婚であった(結婚8年子どもなし)問い詰めたら白状。
でも自分も好きだった気もちがあり、すぐに分かれることが出来なかった。
交際期間は未婚だと聞いていた時から約1年。

奥様の損害賠償総額はお幾らなのでしょう。
奥様はご主人に幾らの請求をして支払いを受けているのでしょうか。
貴女と彼は共同不法行為の当事者です。
貴女が請求総額の半分以上を支払っている場合はその超えている金額を不倫相手に請求が可能です。

2016/11/15 11:26:58

主人と職場の同僚との不倫が発覚しました。
不倫期間は1年間です。
不貞行為があった事などは両者認めております。
私達は離婚しない事にしました。
そして、主人への求償権利放棄し示談で80万払うとメールにて約束をしました。
そして私が示談書を手配する事になりましたね。
しかし、後日主人に連絡をし、当時付き合っていた頃に喧嘩した時に振るわれた暴力(お互いやりあっている)の痣や、仕事中に束縛された事により業務での支障があった事があり、職場の専門部署に伝えると脅されています。
そして、それを言わない約束として慰謝料相殺を求めてきました。
私としては、彼女が不倫をした事に対して慰謝料を払わないという事に納得がいきません。
ですが、主人の会社にも言われたくありません。
この場合どうしたら良いのでしょうか。

詳しい状況が分かりませんが、職場に伝えられるだけの「モノ」を女性サイドは持っていると推測出来ますよね。
旦那様が話していないだけで、複雑なトラブルが男女間にあった可能性も有り得ると考えておくのがベターです。
暴力や業務に支障が起きる内容は、企業として無視出来ない内容です。
旦那様の立場が悪くなるのは避けられないと考えられますし、懲戒の可能性も留意された方が宜しいです。
慰謝料を払わないと言うのであれば問題発言ですが、相殺となれば話も変わるのではないでしょうか??旦那様には当時の話を詳しく聞き、旦那様に落ち度は無いのか確認しておくのが良いと感じます。
女性サイドには職場へ伝えるのは止めた方が良さそうです。

2018/4/24 07:53:25

連帯債務の負担部分について教えてください。
①負担部分とはなんでしょうか。
求償権や時効消滅の場合等に作用するのは学んだのですが、「負担部分とは」という形で言葉にする事が出来ません。
②連帯債務者が負担額を超えない一部の弁済を行った場合でも、他の連帯債務者に対して求償が可能とされていますが、これはなぜでしょうか?(例 債権者A(債権額200万円)連帯債務者B、C(それぞれ負担部分100万円の時、Cが10万円弁済した場合でもBに5万円求償可能)普通に考えますと、Cの負担部分を越えていないのだから求償する権利が無さそうなのですが・・・①の理解が乏しいためでしょうか。
よろしくお願いします。

① 負担割合のことです。
連帯債務なので、みんなで返済しましょうということなんですが、そうは言っても内輪では負担する割合を決めます。
みんなで食事に行って、割り勘なら負担部分は均等割り、誰かがみんなの分をまとめて支払ったら求償権を取得します。
② たとえばBC2人でAから車を月賦で買ったとしましょう。
20回払いで今月分の支払額は10万円、それをCだけが支払った。
「今月のお前の分を払ってくれ」とCがBに言いました。
「お前の負担部分は100万円だから、払わないよ」とBが言えると思いますか?

2014/8/4 17:25:51

ありがとうございます。
①連帯債務の場合、負担割合(負担部分)がゼロなのに債務はあるという状態にもなりますよね。負担割合が無いのに債務はあるというのはどういうことなのでしょうか?
②一部弁済額が負担部分を越えていないケースでの求償ですので、
今月の支払額が20万円(CとBの負担部分は10万円ずつとする)だった場合、Cが10万円払ったからBに5万円を請求するのはやはりおかしいのではないでしょうか?
20万円を支払った場合か、残務の10万円は自分で支払えということなら分かるのですが・・・。>

不倫慰謝料の求償権について。
不倫相手の奥様から離婚にいたったのでということで、慰謝料300万円を請求され、お支払いしました。
求償権の放棄などの約束をしていないので、不倫相手に求償しようと考えています。
求償権を駆使する場合、どちらに非があったかで割合が変わると聞きました。
そこで、その非の割合を決める事由とは、どのような部分でしょうか?責任の度合いという話も聞きましたが、良くわからないので教えてください。
よろしくお願いします。
補足詳しくご回答いただきありがとうございます。
追加で質問ですが、もし相手が支払いを拒んだ時はどのように話を進めたらいいのでしょうか?私から会いたいと言ったことも押しかけたこともなく、最後まで別れも拒まれたりしたので、最低でも半分は支払ってもらおうと思っています。
訴訟になってもかまいません。
また、奥様へ相手へのこの件での慰謝料請求はされたのか聞いたら、していないと言っていたので300万円で承諾しました。

どちらがきっかけを作ったかどちらが積極的に誘っていたか片方が別れたがっていたのに、別れることを許さなかった脅すような行為があったなどですが、それを証明できなければないのと同じになりますまた、こういうことは感情に左右されるものなので、何があったから割合が○○です というように、きちんと決まっているわけじゃなく、双方の話し合いで決めることとなりますですが、今回の場合、相手は離婚したのですよね?ということは、離婚時に、相手の方も慰謝料を払っている可能性が大きいです相手がすでに慰謝料を払っているなら、その分も合わせて考えるので、もし、相手が300万以上払っていたら、求償権を主張すると、反対に質問者さんの方が今以上払わなくてはいけないことになるので、相手が払った慰謝料を調べてから行動したほうがいいと思います

2014/10/6 11:09:27

支払いを拒否したら、
調停の申し立て⇒訴訟
ということになります
調停に関しては省くことも可能と思いますが、訴訟よりも手続きが簡単なので、とりあえず調停ってのでいいんじゃない?>

民法 398条の3について最判61.7.15で求償債権は譲渡担保によって担保される債権の範囲に含まれないとしていますが何故でしょうか?求償債権を含むことによって得するのは譲渡担保権者か譲渡担保権設定者なのかもよく分かりません。
どうぞよろしくお願いします。

最判61.7.15の具体例で見てみましょう。
事例は、YがXに対して土地の譲渡担保を設定しました。
この土地には根抵当権がついていました。
そこで、Xはこの根抵当権について代位弁済し、Yへの求償権を獲得しました(500条)。
この求償権は、譲渡担保によって担保される債権の範囲に含むか、という問題です。
結論:最高裁はこの求償権は譲渡担保に含まれない、としました。
理由:簡単に言えば、求償権は元々債権者が付けていた根抵当権で担保されているから、譲渡担保の範囲外だ、ということです。
解説:まあ、この代位弁済の求償権は、法定で最初からついていた抵当権で担保されるべきものですよね(501条)。
裁判所は次のように説明しています。
(かっこ書きは補足)「抵当権(根抵当権を含む。
以下同じ。
)の負担のある不動産に譲渡担保権の設定を受けた債権者(Xのことです)は、目的不動産の価格から先順位抵当権によつて担保される債権額を控除した価額についてのみ優先弁済権を有するにすぎず、そのような地位に立つことを承認し、右価額を引き当てにして譲渡担保権の設定を受けたのであるから、先順位の抵当債務を弁済し、これによつて取得すべき求償債権をも当然に譲渡担保の被担保債権に含ませることまでは予定していないのが譲渡担保設定当事者の通常の意思であると解されるからである。
」つまり、最初から抵当権あること知ってたでしょと言ってます。
だから「求償権者としての利益はこれによつて十分保護されるというべきである」として譲渡担保の債権ではなく、元の債権者の抵当権で担保しなさい、と言っているのです。

2016/9/27 19:40:29

お答えありがとうございます!非常に分かりやすく解説してくださったおかげで理解できました!失礼ながらもう1つ質問よろしいでしょうか?ここでは求償債権と譲渡担保によって担保される債権の2つの債権が存在する、ということですよね?ではこのような場合、譲渡担保の債権に求償債権を含まないことによってXは損をしているのか得をしているのかを教えて頂きたいです。>

不倫相手への求償権行使について教えてください。
昨年10月に、主人が会社のパートとW不倫発覚し、再三に渡る警告も無視し関係を継続して居たので、不貞証拠を2回取り、弁護士を立てて相手の女に慰謝料請求しました。
2月末には80万の慰謝料を貰い、その後、4月に相手の旦那から主人が慰謝料請求され、6月に90万にて合意し終了しています。
私は精神的にも肉体的にも蝕まれて、精神系の病院にも通いました。
肉体的にもストレスから十二指腸潰瘍等の病気となり、解決後、主人と話をしていて判明しましたが、相手の女に色々と主人も私も騙されていました。
元キャバ嬢で、そういった経験もあったらしく、相手は離婚したのかしてないのか実家の岡山に小6の娘を連れ、のうのうと生きています。
ホテルに誘ったのもお金を払ったのも(主人にはそんなにお小遣いあげていません)相手主導で、主人の払った慰謝料は、私の貰った慰謝料と私の実家にお金を借りて支払い、主人からは毎月お小遣いから1万返済してもらっています。
主導が相手にあり、求償権を行使してやりたいです。
主人は相手の事は考えたくないし、相手の良い様になった事に腹を立てて過ごしたくないと言いますが、私が主人の代理として相手に求償権行使するにはどうしたらいいでしょうか?少しでも嫌がらせになればと思っています。
そんな事は出来ない。
等のご意見はご遠慮下さい。

◆主人は相手の事は考えたくないし、相手の良い様になった事に腹を立てて過ごしたくないと言いますが、私が主人の代理として相手に求償権行使するにはどうしたらいいでしょうか?※ご主人を原告として申し立てをして、同時に妻を代理人とする代理人許可申請書を提出し裁判官の判断をまちます。
代理人として認められれば事実上あなたが代理人として法廷に立つことが可能です。
◆少しでも嫌がらせになればと思っています。
そんな事は出来ない。
等のご意見はご遠慮下さい。
※まずは文書で通知してみてください。
【所見】共同不法行為の主導的、副次的の立証は非常に困難です。
相手が主導的だったと主張する場合は、刑事責任を追及できるほどの事実及びその立証が必要です。
どちらから誘ったなどの事情だけでは、主導的だったとの主張は却下されます。

2013/8/30 03:52:02

民法443条1項の相殺について、求償に対して債権者に対する債権で対抗するためには、求償の時点で債権者に対する債権の弁済期が到来している事が必要なのでしょうか?468条2項のケースでは、譲渡の通知を受けるまでに反対債権を取得していれば、弁済期の前後を問わず相殺をもって対抗できるとなっていたので、疑問に思いました。
宜しくお願いします。

443条1項のケースでは、求償者が通知を怠ったがために、反対債権を有していた者の「相殺の機会を奪った」といえるがために求償が制限されるわけですから、弁済期が求償時に到来していない反対債権では、「相殺の機会が奪われた」とはいえませんね。
つまり、連帯債務の弁済期が到来したが為に、連帯債務者たちはおのおの債務を弁済する義務を負いますが、このとき、反対債権を有していたとしても、それが弁済期にない場合には「俺が相殺するから、支払いまってくれ!」とはいえないわけです。

2015/3/17 15:54:40

民法 不可分債権の求償権の話_______________________________家賃8万円のアパートの賃借人に相続があり母と子2人(長男次男)が相続した場合で長男が賃貸人に家賃として手持ちの4万円を取り敢えず弁済した場合長男は誰にいくら求償出来るのでしょうか長男は自己の債務の2万円を超える額は求償出来ると思うのですが母と次男の1万円ずつ求償できるのかそれとも相続分の割合で母に2/3次男に1/3になるのでしょうか?補足母ではなく妻です、すいません

相続前に既に発生している「債務」は可分で、 相続後に新たに発生した賃料は不可分で、求償は長男は妻に2万円で次男には1万円。
不可分債務については連帯債務に関する442条が準用されるから(430条)、自己の負担部分を超える額についてではなく、一部弁済額について、他の債務者の負担部分に応じて求償できる(442条1項は「連帯債務者の一人が弁済をし、その他自己の財産をもって共同の免責を得たときは、」と規定しており、「全額又は自己の負担部分を超える額を弁済したとき」(465条)とは規定していない。
)。

2016/11/11 01:29:45

-求償

© 2021 お金借りるならWebキャッシングって神話について