利息制限法

銀行の系列の保証会社での、不当な解約手数料について金融庁や、全国...利息制限法

連帯保証人になりました。
A社が私を通じて私の顧客Bより300万を借りました。
私はA社の連帯保証人になりました。
(法人名義での連帯保証です。
)借用書には〇〇土地の取得費用としてと記載があり、更に土地取得時にBの名前で抵当権の設定をすると記載があり、期限は平成27年12月末日でした。
借入は1年前です。
A社がBに借用書の額は金利も利益だから450万返しにするから、最初から借用書も450万なら申告する必要がなくなるとの事でBも納得し、借用書は450万で結んでます。
補足として、実際の金の流れは私の会社を経由しているので、300万がB→私→Aへ流れてるので口座履歴で確認出来ます。
実際Aは土地取得代金として使用しておらず、別の会社に既にその土地を転売してました。
抵当権の話も全くの嘘でした。
私は連帯保証となってますので、自身の顧客なので迷惑はかけられないと思い、先日一時的に80万ほど返済は一時的にしました。
そこで質問です。
1.借用書に記載通りの使用用途にお金が使われてなかった場合も連帯保証人として有効ですか?2.金利についての記載は一切ありません。
返済をBより迫られてますが、支払いを伸ばした場合は金利は発生しますか?3.そもそも300万しか動いておらず450万で返すという借用書自体は有効ですか?4.返すにしろ返さないにしろ、私自身の身を守る術があれば教えて下さい。
以上、宜しくお願いいたします。

1.有効ですよ。
借入人が用途に反して使ったからと言って貸し出し契約が無効になったら、貸した方はたまりませんよね。
貸しだし契約が有効である以上、連帯保証契約も無効ではありません。
貸した側がそれを知っててあなただけが騙された、というんだったら話は違いますけど。
2.金利の記載はないですよね。
金利分を上乗せした借用書だから。
しかし、遅延したら損害金が取られます。
会社経由で商事債権になっているので、法廷利率は年6%です。
3.有効ですよ。
ただ、どういう金利計算なんでしょう。
1年間で50%の利息なので、利息制限法に違反してますよね。
それは主張できるでしょうね。
4.利息制限法の上限は15%ですから345万円を限度に支払い義務を負います。
その旨をBさんに通知してください。

2016/2/28 10:18:19

個人で金貸して5パーセントは、取り過ぎですか?1万貸して500円の利息です。

回答・日数による。
個人間の貸し借りでも、利息制限法を元に言えば、元本10万未満は年利最大20%までだから、ざっくり貸した分の5%と言うのはそもそも計算が間違っている。
今回の1万を例に挙げれば1万x0.20(20%)÷365=5.48←一日に取れる最大利息つまり 92日x5.48=504円になるので91日以内に500円の利息を付けて返せと言ったら違法です。

2018/3/25 14:09:10

現在、求職中の身の為、借金の返済が難しい状態にあります。
(と言いましても数日程度の遅れでなんとか返しています)・今後の事を考えて債務整理をしたいと考えていますが、休職中の身でも可能でしょうか?・現在、消費者金融の多くは実質年率18%ですが、過去(実質年率29%の時)に多く支払った利息も債務整理時には元本に当てて頂けるのでしょうか?・法定利息を守っている会社からの借り入れもあるのですが債務整理の対象とする必要があるのですか?(債務整理の対象を選べるのかはわかりませんが)ご回答宜しくお願いいたします。

「今後の事を考えて債務整理をしたいと考えていますが、休職中の身でも可能でしょうか?」→まったく問題ありません。
ただ、利息制限法に基づいた引きなおし計算をしても残金が残ってしまう場合に、和解で約束した分割払い金を支払っていけるかが問題になります。
それでも、任意整理すれば無利息での分割払いになるのでやるべきでしょう。
「現在、消費者金融の多くは実質年率18%ですが過去(実質年率29%の時)に多く支払った利息も債務整理時には元本に当てて頂けるのでしょうか?」→もちろんです。
一応の基準として、7年ほど取引期間があれば過払いが発生し、逆に払いすぎた利息を取り戻せます。
7年未満でも、かなり残金は減額されることは確かです。
「法定利息を守っている会社(ニコスなど)からの借り入れもあるのですが債務整理の対象とする必要があるのですか?(債務整理の対象を選べるのかはわかりませんが)」→ニコスでもたしかキャッシングの場合は利息制限法を超過していたと思います。
要確認です。
ニコスだから法定利息を守っていると判断しないように。
仮に、法定利息を守っていた場合でも、原則は債務整理の対象にすべきですし、債務整理すれば無利息での元本分割払いの和解ができるのでやるべきでしょう。
…と、一応回答はさせていただきましたが、まずは、上記の前知識をもってご自身にあった弁護士、司法書士を紹介してもらったほうがいいです。
現状一番使いやすいサービスをご紹介しておきますので、試してみてください。
名前・住所の入力なしに利用できるものです。
→kso8jf9.com/VBJFTN債務状況について簡単な質問に回答を入力するだけで、電話かメールでかなり丁寧な案内を受けることができます。
顔も見ないで、名前を出さずに専門的なアドバイスが聞けるとあって人気ですね。
あきらめず、頑張ってください。

2015/11/19 15:31:16

この通知が止まりませんお金を払わなければいけないんでしょうか?【未納】無視をされ続け取り返しがつかなくなる前にお読みください。
いつもご利用ありがとうございます。
@ポップアップ債権回収窓口です。
10036034666ナイショ様上記ユーザーエージェント端末にてご利用になられたメールサービスのご利用料金が未納となっております。
現在お客様は当サイトの後払いサービスにて-100をご利用されており1000円分のポイント代金が未納となっております。
このまま未払いが続きますと此方で頂戴しております、携帯電話個体識別番号を元に、携帯会社に情報開示請求を行い簡易裁判所決定通達書と共に支払督促を発行致します。
支払督促とは民事訴訟法382条で定められたものです。
このままご入金がない場合簡易裁判所書記官に申し立てを致します。
支払督促を申立てて2週間以内に債務者からの支払いの異議がなければ、30日以内に強制執行(差し押さえ等)の手続きに入らせて頂きます。
債務者が強制執行を止めさせるためには、裁判所に執行停止の申立てをして、保証金を供託した上で、執行停止の決定を得る必要があります。
なお、期日内に債務者からの異議申立てがあった場合には、支払督促事件は通常訴訟に移行します。
①ご自宅、職場に支払督促②関係各機関にお客様の情報を登録③少額、通常訴訟④手形・小切手訴訟⑤民事調停⑥即決和解⑦保全手続き(仮差押)⑧公正証書による強制執行⑨担保権の実行のいずれかの強制処置を取らざるを得なくなります。
当サイトといたしましても、そのような処置は望んでおりませんので下記から一度お支払内容をご確認いただき、即刻のお支払をお願いいたします。
またこれ以上の遅延に関しましては遅延損害金は法定制限利率の1.46倍にて行っております。
利息制限法の上限金利である18%x1.46倍 = 26.28%の遅延損害金が発生することになりますのでご了承くださいませ。
その他、ご不明点等はサイトサポートにお問い合わせ頂けましたら対応可能でございます。
補足前も投稿したのですが通知が止まらないので心配です本当に大丈夫なのでしょうか?

>1000円分のポイント代金が未納となっております。
よく考えてください、敵が請求しているのは僅か1000円です「本当の未払い」が50万円とかであれば、裁判などで提訴するでしょうが1000円を回収するために提訴などしていたら、その100倍以上の費用が必要です、それは無視することです。
1000円のために①~⑨なんて、敵は頭が悪いか天然バカと思います。
どのような連絡方法か知りませんが、メールであればショートメールであっても受信拒否できます、このような請求に1000円だから「払っておこう」ということで1000人が振込したら、敵は濡れ手に粟で100万円を手にすることになります。
>支払督促とは民事訴訟法382条で定められたものです。
それはそうかも知れませんが、そのような普通の人には分らない「民法〇〇条」などを持ち出すのは敵の常套手段ということです。
>このままご入金がない場合 簡易裁判所書記官に・・・・それは敵がアナタを脅すだけであり、何も心配しないことです、当然ですが絶対に電話連絡などをしてはいけません、連絡したら敵の謀略に引っ掛かってしまうということです、暫くしたら敵が諦めるでしょう。
>その他、ご不明点等はサイトサポートにお問い合わせ頂け・・・・これが敵の計画です。
補足回答とにかく放置、無視することです、敵が諦めます。

2015/9/17 19:01:57

返事ありがとうございますとてもわかりやすかったです安心しました>

恥ずかしい話なのですが、数年前にアダルトサイト(電話)を使用したことがありました。
今日突然、管理者センターを名乗る者から電話があり『2010年に使用した料金が支払われてなかった。
普通なら数十万かかるが、ちゃんと支払いしながら使われていた方なので数万円で済む手続きをさせていただきます』との連絡がありました。
確かに使用していた(サイトは覚えてないです)記憶はありますが、必ず料金は支払いしてたはずなのです。
それが、6年経って請求が来て驚いています。
これって正規の請求でしょうか?不安になって質問させていただきました。
補足補足です。
その管理者センターの人に該当のサイトを訪ねても『依頼があっただけなので分からない』と確認が取れません。

請求元、請求内容、請求先が明確でない場合は架空請求だと考えていいでしょう。
特に割り引いてくれるとか言うのは、飴と鞭的なものであると同時に具体的な請求内容・金額について考えさせない罠であると思います。
次に連絡があったら、請求元は誰で、今電話で話しているのは誰で、どういう資格・立場で、請求内容は何の、いつからいつまでの利用料金で、その間のあなたの利用状況は具体的にどうなっていて、割引前の金額はいくらで、そのうち元金はいくら、利息はどういう計算をしていくらになるのか聞いてみてください。
たぶん、それを言わせれば不審なところが出てくるでしょう。
まず、これがスラスラと答えられない場合ほぼ架空請求と考えていいと思います。
また、その内容に法律に違反する点があるかと思います。
特に利息関係。
利息制限法の規定と照らしてみてください。
架空請求なら滅茶苦茶な計算をしているでしょう。
法律に関して分からなければ、会話を録音しておくか詳しくメモしておいて188で繋がる行政庁所管の消費生活センターか弁護士に相談するといいと思います。

2016/5/24 16:28:26

>『依頼があっただけなので分からない』
あらら。ひどく低レベルな詐欺ですね。
それを詳しく知らずに、債権回収(?)業務を請け負うことはないと思います。
なぜなら、架空の債権である可能性もあるからです。
もし架空の債権を請求してしまったら、その依頼を受けた人が色々損するでしょう。
経済的にも、社会的にも。
そもそも、債権回収業は弁護士しかできないはず。
債権回収会社という例外もありますが、これは法務省が許可するもので日本に100社程度しかありません。
法務省:債権管理回収業の営業を許可した株式会社一覧
www.moj.go.jp/housei/servicer/kanbou_housei_chousa15.html
こういう特別な資格を持っている人が、それをおろそかにすることはないと思います。
ですから、架空請求であることはほぼ間違いないと思います。
無視しましょう。
というか、詳しくはわからないのに割引できるって考えると変な話ですよね。
これも架空請求である証拠。>

プロミスや、アイフルは、ヤミ金なんでしょうか?消費者金融とヤミ金の違いを教えていただきたいです!汗

プロミスやアイフルはきちんと貸金業登録している正規の消費者金融です。
消費者金融は利息制限法の範囲内で貸金業を運営している会社。
ヤミ金はその範囲を無視した違法金利で貸付を行い。
取立て、押し貸し、名義貸しの強要などあらゆる違法行為を行う業者です。
正規業社には登録番号が付与されているので、その番号記載が屋号にない業者は非正規と見て良いです。

2016/7/14 07:33:14

個人間の借金について相談させてください。
生活に困る度に相談に乗ってもらいお金を貸してくれていた人いました。
正直貸してと頼んだことはないですが、仕事ができない状態になったり、困る度に相談をしていて、結果お金が必要ってことだよね、と、貸してくれるという感じでした。
最終的にもう自分のお金はないから、とのことでその人の知人に頼んでお金を貸してくれたのですが、20万借りて35万の返済の約束をさせられ、さらには今まで貸したお金は自分の会社(この方は自営業をしています)から借りたものだから、自分が手数料を毎月立て替えている、金額により月5%と月10%の手数料がかかっているので、実際にわたしが借りたお金は75万程度なのですが、12月末時点で約150万になると言われました。
この借金も、知人が立て替えてくれるので、4年間13万を返し続ける約束をさせられました。
お世話になっているし感謝の気持ちはあるので、借りたお金は返したいと思っていますが、今までも精神的に不安定で仕事を続けることができなくて返済が疎かになりそうでこわいから13万を4年間も返すのは正直辛いと言ったのですが、手数料が膨れ上がりどこかで決めないと一生かけても返せなくなる、返せない場合は担保として婚姻届を書いておいてもらう(これはまだ書いていませんが婚姻届を書かされる意味もよくわかりません)、返せない場合それなりに追い込む、などと言われ借用書のようなものも書きました、、。
この問題はどうにかすることはできないのでしょうか?わたしはこれから13万を4年間にわたり返すしかないのでしょうか?長くなり分かりづらい文章で申し訳ありません。

月10パーセントの手数料は、出資法5条に反すると考えられ、相手には五年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金が課せられる可能性があります。
また月5パーセントの手数料であっても、利息制限法1条2号に反するため、超過部分は支払いの必要はありません。
警察にご相談されてみてください。

2017/12/5 04:34:33

回答ありがとうございます。
弁護士ではなく警察に相談が一番なのでしょうか?>

借金の整理について相談です。
情けなすぎて首吊ろうかとも思いましたが、今は前向きに考えているところで、お手柔らかに相談に乗って頂ければと思いますm(__)mまずは現状ですが、転職に失敗し現在は無職16万ほどの雇用保険をもらっていますが、実家に家賃食費として4万(親には情けなくて相談できない…)親を連帯保証人にしている車のローンが8万(ボーナス払い40万、残り3年ほど)その他支払いで4万年金、健康保険、市民税でざっくり5万ほどあります。
車は借金にあてがうため既に売却したので手元にはありませんが、支払いのない別の車とバイク(両方売ったら35万くらい?)があります。
借金は総額でおよそ600万近くです。
現実的に早急に定職に就くのと、任意整理か個人再生でもしない限りまずい状況なんですが、どちらがいいとか、他にこうしたら?とか、こうしたら費用はこのくらい、概算で月いくら、総額いくらに収まるなどアドバイス頂ければと思いますm(__)m

①実家に家賃を納めているとあるので、自己の所有不動産などは無いと読めます。
それなら、自己破産が手っ取り早いです。
税や保険料は残りますが、借金関係は、免責されれば無くせる可能性が高いです。
②任意整理は、過去の借り入れ利率が利息制限法を超えていて、かつその期間が長ければ意味を成す可能性もあります。
個人再生は無職なので、再生計画が立たず、難しいとおもいます。
③いずれにせよ、弁護士に債務整理を相談するのが無難です。
雇用保険が出ているうちにやってしまいましょう。
相談先にあてがなければ、最寄の法テラスに電話予約して、弁護士を紹介してもらうのが無難です。
弁護士費用は、債権者(貸金業者)一件あたり四万。
自己破産で30万から40万。
個人再生で50万(いずれも税別)程度かかるのが一般的ですが、それを上回るメリットがあります。
まず、弁護士が介入した時点で、一旦、利息・延滞金の進行がストップするというメリットがあります。
弁護士費用は、分納に応じてくれるのが一般的です。
まあ、自己破産にしてしまえば高くても40万円ちょっとで、それを分納していくだけです(※残りの車・バイクも処分して債権者分配が条件です)。
費用的には、一年分割なら、月3万円台から最高4万円ということです。
それだけ依頼してしまえば、あとの大半のことは弁護士がやっておいてくれるので、いびきかいて寝ていてもOKです。
この程度のことで首吊りは不要です。

2015/12/17 13:26:11

母親が友人に50万円借りていて、それも利子付き10%らしいんです友人の方はこの方法でビジネスとして生活しているそうなんですがこれって法に罰されないんですか?

出資法には、次のような罰則があります。
①高金利違反 ⇒ 5年以下の懲役、1千万円(法人の場合3千万円)以下の罰金②無登録営業 ⇒ 5年以下の懲役、1千万円(法人の場合1億円)以下の罰金その友人が、無登録業者(いわゆる闇金)であれば、金利の多寡を問わず、②に処せられます。
その友人が、正規の業者であれば、①の適用の有無が問題となりますが、①に処せられるのは、年利20%超の場合ですから、年利10%の本件では、①に処せられません。
なお、利息制限法には罰則はありません。

2015/10/13 08:35:09

無登録だと思います!
その方は生活保護を受けていて
第三者(愛人)からお金をもらい、母親やその方の友達に利息つけてお金を貸しているそうなんです。
借りている母親も悪いんですが
娘としてなるべく借金を減らすように協力していますが
月日が流れるたびに利息だけが増えてばかりで困っていました
>

銀行の系列の保証会社での、不当な解約手数料について金融庁や、全国銀行協会に問い合わせをし、あっせん委員会と言うところから、ほってはおけない事案なので話をしに行くのですが、あっせん委員会が受けたと言うことはこちらの言い分が通るのでしょうか?他の質問を見ていたら、銀行有利なあっせん案だったとありましたので質問させて頂きます。
ご解答宜しくお願い致します。

約定書、契約書の条項にどのように記載されていたか、ということです。
過去、最高裁判決により当時のサラ金などの利率は高利で違法(利息制限法の利率がMAX値)として過払金請求が可能となり、請求されバンザイしたサラ金などは少なくありません。
それ以降、どのような分野の企業であっても違法なことはしていないはずです、約定書とか契約書は、それを順守した書式となっています。
>あっせん委員会が受けたと言うことはこちらの言い分・・・・アナタの言い分だけの結果であり、そうなるとは限りません。
保証会社の言い分もあるでしょうし、また、約定書とか契約書と照らし合わせないと分らないということです。
>銀行有利なあっせん案だったとありましたので質問・・・・そうではありません、以前のことであり「説明した」いや「説明は受けていない」といっても、それは水掛け論であり、最後は約定書、契約書の条項にどのように記載されているかです、その条項が違法・不法とか公序良俗に反していない限り、その条項どおりということです。

2016/1/18 21:51:00

-利息制限法

© 2021 お金借りるならWebキャッシングって神話について