利息制限法

7、8年前に借金が150万近くあり120万までどうにか減らしたんですがど...利息制限法

今、コマーシャルでもよくやってますが、消費者金融の借金で過払金って、実際にいくらくらい返ってくるんですか?

かつて出資法上限金利29.2%に合わせた消費者金融が殆どだった。
ですが利息制限法では15-20%なのでこの差がいわゆるグレーゾーン金利と言われる。
例えば100万円を29.2%で借りて完済したとするとそれを15%で計算しなおす。
その差額が過払金になるので返還請求ができると言うことです。
返済方法などによって返還金額はまちまちですが数十万円返還される場合が多い。

2017/5/7 09:04:35

金利計算してみました。
100万を上記条件で24か月均等払いの場合、15%なら116万返済。
29.2%なら133万の返済になりその差17万が返還されます。
36か月払いならもっと差が開きますので返還金額は多くなります。>

日本の金銭消費貸借契約における約定利率の限度は何%ほどでしょうか。

>日本の金銭消費貸借契約における約定利率の限度は何%ほどでしょうか。
利息制限法第1条で定められた上限金利>>・元本が10万円未満:年利20%・元本が10万円以上100万円未満:年利18%・元本が100万円以上:年利15%<<利息制限法>>(利息の制限)第1条 金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
1 元本の額が10万円未満の場合 年2割2 元本の額が10万円以上100万円未満の場合 年1割8分3 元本の額が100万円以上の場合 年1割5分<<

2016/8/8 13:13:22

友達に150万円貸しました。
そのかわり借用書を書いてもらいました。
借用書には借りた金額と迷惑料をつけて500万円で返すと記してます。
裁判にしたら借用書通り500万円で返してもらえますか?返すと言ってまだ返してもらえないので民事裁判しようと思います。
どなたかアドバイス下さい。

個人同士での金銭賃貸借ですと、出資法の上限金利、年109.5%(1日に0.3%なので、閏年は109.8%)ということには、「一応は」そうなっていて、出資法違反は、「5年以下の懲役ないしは1千万円以下の罰金」という罰則があります。
利息制限法では、150万円の借入なら年利18%までですが、この法には罰則規定がないので、『個人同士だから109.5%!』と言ってくるケースはあります。
でも、現実に裁判での争いになったら、個人間であろうと、利息制限法を超えるものは、たとえ受け取ったとしても、過払金の返還請求をされたら、まず間違いなく返還しなければならない。
上限を超える金利は無効だと判断されるでしょう。
以上を踏まえて、その借用書文面がどうなっているか。
また、その文面を裁判になったときに、どう判断されるかで、変わってくると思いますが。
1)『150万円を500万円にして返す』などという約束自体が無効。
あり得ない約束を信じる方がおかしいので、契約自体が無効。
費消している150万円は返還義務もない。
という最悪のケース。
2)『150万円を500万円にして返す』などという約束自体が無効。
あり得ない約束を信じる方がおかしいが、150万円を貸したのは事実なので、利息制限法の上限18%で計算して返還。
というケース。
3)『150万円を500万円にして返す』などという約束自体が無効。
あり得ない約束を信じる方がおかしいが、150万円を貸したのは事実。
しかし、利息を定めていないので、5%で計算して返還。
というケース。
などがありそうに思うのですが、500万円をそのまま払わせるのは、まず無理なので、「150万円貸したという事実は証明できるので、普通に、金利をつけての返還でお願いします」という出方で請求するくらいではないでしょうか。

2017/1/30 09:21:34

最近よくCMでやってる過払い金の返還請求について お聞きしたいのです。
私は VISAカード masterカードなど複数に借金してまして 銀行で ローン一本化しました。
その 一本化した銀行のローンを 6年くらい支払いしてきました。
あと 1年弱でローンは終わるのですが、このような ローン一本化した借金でも 過払い請求できるのでしょうか?今のところは 過払い請求するつもりは 無いのですが気になって相談しました。

百万未満の借り入れだといわゆるサラ金と呼ばれている金融機関の高額な利息は認められてるけど、百万を超えると利息制限法で規制されて20%や30%の高利は認められていない。
初めは少額でも、実績出来ると枠が拡がって、百万超えるような借り入れも可能になる。
本来なら利息を下げなければいけないところを、うやむやにして高利を続けていて、それを金融監督庁が問題にして今の過払い請求に繋がっている。
一本化したそうですが、規制内の利息なら過払い請求は権利が有りません。

2016/5/26 08:55:11

過払い金請求に関してお教えください。
リボルビングのキャッシング、ショッピングに対しての過払い金は消費者金融だけでなく、JCBやVISAなど、大手クレジット会社への支払いでも発生するのでしょうか。
それを請求した場合、その会社のカードはもう利用出来なくなるのでしょうか。

ショッピングは割賦契約だから法律が違うので過払いと言う概念は無い。
割賦販売法には利息制限法を守れとは書いていないので、仮に利息制限法を超えて契約しても過払いにはならない。
あるのは契約無効です。
VISAは決済代行会社であって自社でカード発行も金も貸さない、だから過払いなんて無い。
JCBはキャッシングリボに関して法定利息だから原則過払いは無い。
ただし25年も前からの借金を未だに返済中なら有り得なくはない。
信販大手は15年程度前には法定利息で契約。
仮に過払い発生だとしても10年以上債務が残っている生活スタイルは大いに問題だし、継続してカードが使えるか?なんてどうでも良いし体裁を考えている場合じゃない。

2016/2/10 12:23:55

借金を整理することができない場合はどんな場合ですか。
消費者金融からの借入れを繰り返して、5社490万円あります。
その他に銀行のカードローンでの借入れが80万円あります。
個人タクシーを始めたものの客足も悪く、競馬やパチンコなどにお金をつぎ込んでしまいました。
年末に個人タクシーは廃業し、現在は無職です。
生活するのも限界に近づいているためお恥ずかしい話しですが、借金を整理しようと考えています。
ギャンブルなどの借金は整理できないみたいですが、それ以外にもできない条件などはありますか。
ほぼすべての借入れが整理できない場合の解決方法などはあるものなのでしょうか。

基本的にギャンブルによる借金は対象にならないと思ったほうがいいと思います。
ただし、任意整理であれば、利息制限法の利率より高い利率で借入れしているものを利息制限法に引きなおして計算します。
計算した結果、過払い金が発生していて、それにより借金を減らす方法はできると思います。
消費者金融、サラ金、クレジット会社などで制限を越えた利息を設定しているときは債務を減額することができます。
高い利息で長い期間にわたって返済をしていた人ほど過払い金が発生している可能性も高くなります。
つまり、借金を返済しすぎている状態と言えます。
この場合は、任意整理をすることで借金がゼロになるどころかプラスになることもありますので、任意整理をすることができるかどうかは、弁護士によく相談してしっかりと確認することをおススメします。
まずは債務問題について詳しく相談することができる無料の相談所で話しを聞いてみてください。
→ eio6.net/0tlz私は相談所で話しをしたことで過払い金があることがわかり、167万円を取り戻すことができました。
そのお金で借金も完済することができ、弁護士費用も0円ですべてのことが解決した経験があります。
解決できるかできないか一人で悩んでいるなら、すぐにでも相談してみることで気持ちも楽になると思います。
がんばってください。

2016/4/1 20:58:49

債務について。
3年前に、50万円、50万円、30万円と3社から合計130万円を借り入れしました。
月々、利息以上を支払い続けてますが、返済してもまたコンビニ等で借り入れをして元金が減らない状態です。
現在、44万円、49万円、30万円の123万円の債務。
キリが無いので借り入れ不能にしてもらいました。
そこで質問なんですが、返済→借り入れ→返済を繰り返して元金はほとんど返してないですが、利息は3年払い続けてます。
俗にいう過払い金とやらは発生してますか?ちなみに借金の理由は生活費です。

3年前なら過払いは発生していないと思われます。
過払いというのは、利息制限法を超えた利息を払った場合に発生するものです。
それぞれ「年利18%以下」で契約しているのなら対象外です。
「3年前」なら、おそらくその範囲ではないかと思います。

2016/7/25 20:17:08

法律の考え方に慣れたく、自分でも読み理解して私生活上で使えるように成りたいので法律の考え方に、頭の中が慣れるように、読み易い言葉で法律の解釈が書かれている、それか法律の考え方に慣れるのに都合の良い内容が書かれてある本が在れば教えて頂けないでしょうか?

三修社の「超訳 六法全書」シリーズカネに関することだったらこの中の(民法/債権編)からがいいかも。
併せて、各条文を根拠とした判例を一読することをおすすめしますよ。
ただ金銭がらみの法令は他にもたくさんありますよね。
(貸金業法、利息制限法、割賦販売法、消費者契約法…)ただ、これらの根本となる考え方が民法なわけですから。

2016/1/12 22:38:02

これはお金を払わなければいけないんですか?【未納】強制差し押さえ執行の前に必ずお読みください。
いつもご利用ありがとうございます。
@ポップアップ債権回収窓口です。
10036034666ナイショ様上記ユーザーエージェント端末にてご利用になられたメールサービスのご利用料金が未納となっております。
現在お客様は当サイトの後払いサービスにて-100をご利用されており1000円分のポイント代金が未納となっております。
このまま未払いが続きますと此方で頂戴しております、携帯電話個体識別番号を元に、携帯会社に情報開示請求を行い簡易裁判所決定通達書と共に支払督促を発行致します。
支払督促とは民事訴訟法382条で定められたものです。
このままご入金がない場合簡易裁判所書記官に申し立てを致します。
支払督促を申立てて2週間以内に債務者からの支払いの異議がなければ、30日以内に強制執行(差し押さえ等)の手続きに入らせて頂きます。
債務者が強制執行を止めさせるためには、裁判所に執行停止の申立てをして、保証金を供託した上で、執行停止の決定を得る必要があります。
なお、期日内に債務者からの異議申立てがあった場合には、支払督促事件は通常訴訟に移行します。
①ご自宅、職場に支払督促②関係各機関にお客様の情報を登録③少額、通常訴訟④手形・小切手訴訟⑤民事調停⑥即決和解⑦保全手続き(仮差押)⑧公正証書による強制執行⑨担保権の実行のいずれかの強制処置を取らざるを得なくなります。
当サイトといたしましても、そのような処置は望んでおりませんので下記から一度お支払内容をご確認いただき、即刻のお支払をお願いいたします。
またこれ以上の遅延に関しましては遅延損害金は法定制限利率の1.46倍にて行っております。
利息制限法の上限金利である18%x1.46倍 = 26.28%の遅延損害金が発生することになりますのでご了承くださいませ。
その他、ご不明点等はサイトサポートにお問い合わせ頂けましたら対応可能でございます。
補足怖いのですぐ返事くれると嬉しいです

>支払督促とは民事訴訟法382条で定められたものです民事訴訟法382条とは、裁判所書記官は、債権者の申立てにより、支払督促を発する事が出来る・・・ ただし、日本において「公示送達」によらないでこれを送達することができる場合に限る。
つまり貴方の「住所・氏名」が判らない限り不可能と言う事です。
>携帯電話個体識別番号を元に、携帯会社に情報開示請求を行い・・・「電話番号」なら裁判所の開示許可が在れば可能ですが、「携帯電話個体識別番号」は携帯電話の機種番号です、それから貴方の住所を特定する事は絶対に不可能です。
詳しくは・・・https://www.nttdocomo.co.jp/info/safety/fictitious1.html上記の様な出鱈目で、貴方を脅すような輩です「完全無視」で対抗して下さい。
警視庁の注意喚起です・・・www.keishicho.metro.tokyo.jp/haiteku/haiteku/haiteku35.htm

2015/9/11 19:46:03

ありがとうございます毎日不安で不安で仕方がありませんでした本当にありがとうございます>

7、8年前に借金が150万近くあり120万までどうにか減らしたんですがどうにもいかなくなり任意整理をし約3年で完済しました。
内10万の借金は自力で返したんですが今テレビでよくやっている過払い金請求はできるものなんでしょうか?それとも任意整理時に過払い金を差し引かれているので無効でしょうか?

借金を10万減らしたということですが、その金融機関も任意整理されましたか??任意整理した会社の分については、取引明細を取り寄せて引戻し計算をしているので、払い過ぎた利息があれば、和解交渉の際に減額したり、残債より多ければ過払い請求しているので、過払い金(払い過ぎた利息)があれば、その時に相殺されているはずです。
もし、その減らした分というのが、任意整理せずに、自力で完済されたとしても、7~8年前から利用を開始ということであれば、もうグレーゾーン金利で貸しているところは、ほぼなくなっていたと思いますので、そもそも払い過ぎた利息は存在しないと思います。
借金全てに過払い(払い過ぎた利息)があるわけではありません。
法改正前に借金をしている分があれば可能性はありますが、それ以降に契約したものに関しては、まともなところでは利息制限法内に収まった契約になっていると思います。
返済した明細とか見たら利息が何%になっているか分かると思いますので、確認してみてはいかがでしょうか。

2017/8/25 11:43:19

-利息制限法

© 2020 お金借りるならWebキャッシングって神話について