利息制限法

過払い金というのは業者の過失ではないですか? 過払い金相談や実際に...利息制限法

個人間のお金の貸し借りで、利息を決めます。
年利10%で遅延損害金は15%と決めた場合、遅延損害金は、違法金利になりそうと言われました。
どうなのでしょうか?ちなみに、元金は2000万円です。

合法です。
遅延損害金は、元金が100万円以上の場合ですと、21.9パーセントがその上限ですので、15パーセントで設定して問題ありません。
(参照:利息制限法1条3号、4条1項)。

2016/12/1 23:11:11

平成27年 20代の息子が亡くなり、私ども親が相続しました。
最近になり息子の友達からメールで、150万近く貸し、50万は返して貰ったがその後連絡がないので消息を調べたら亡くなってる事を知ったそうです。
貸した時に、私の携帯の番号を聞いていたらしく、ショートメッセージで連絡してきました。
私どもは、貸したという証拠があれば返すつもりです。
法律事務所にも相談しているらしく、もし弁護士を通しての請求になると、借金に弁護士費用が上乗せされて請求されるでしょうか?

それはかなり怪しいですね。
証拠はよく確認してください。
多分証拠はないでしょう。
上手くいけば100万円騙し取れると思っているのかもしれません。
多分証拠は無いでしょうけど、兎に角支払ってくれとごねてくるかもしれません。
その時は弁護士を付けましょう。
弁護士を通して請求されても、弁護士費用を取られる事は無いでしょう。
弁護士費用を取られるという事は、その分も利息になります。
利息制限法 第三条 前二条の規定の適用については、金銭を目的とする消費貸借に関し債権者の受ける元本以外の金銭は、礼金、割引金、手数料、調査料その他いかなる名義をもってするかを問わず、利息とみなす。
つまり、弁護士費用を上乗せすれば、それも利息になってしまいます。
その為、金利が利息制限法に違反する事になるので、弁護士費用は回収した100万円+利息から支払われることになります。

2016/12/18 14:50:22

詳しい説明、ありがとうございます。実はメッセージに、免許証と健康保険証も添付してありました。息子の会社のグループ会社という事もあり、少し信用しかかってます。又 息子自身も生活が荒れていて、金遣いも荒かったと友人から聞いてたので、どうしたものかと…息子を信用して、借用書もなしで貸した場合、逆の立場を考えると、泣寝入りでしょうかね…。>

弁護士の方教えて下さい。
会社に貸し付け頼もうと思うのですが、その時に貸し付け金額の3%引かれるらしいのですがご都合の貸金業の法律に違反にはなりませんか?知ってる方教えて下さい。

こんちちは、弁護士ではないけど、弁護士宛の質問ではないのでお答えしましょう。
利息制限法では0%~20%なのではありませんが、通常公定歩合+4%くらいの金利が多いので、3%はお得です、あまり安いと課税されちゃうしね。
また「業」として貸し付けを行うのではないため、利子を取って貸し付けても違法ではありません。

2016/11/20 22:26:29

ありがとうございます。参考にさせて頂きます。>

有名な会社のクレジットカードで過払い金って本当に存在して本当に帰ってくるのですか?またどのくらい帰ってくるかの計算法など何か知識を知っている方がいましたら教えて下さい。

(つい先日にも回答した内容の焼き直しです)いわゆる「過払い金」が発生するのは、十年以上も前の貸金契約のに限定されます。
十年以上前の貸金契約は、「出資法(上限金利29.2%)」を適用したものでした。
当時は「利息制限法(元本により20%・18%・15%と上限金利が違う)」というものもありました。
貸金業者(消費者金融&クレジット会社のキャッシング)からすれば、利息が大きい出資法を適用で契約した方が儲けが良いので、当時の「サラ金」や「クレジットカードのキャッシング」は高い金利で利息を支払っていたわけです。
後日、『貸金業者との契約は出資法でなく、利息制限法が適当では?』と裁判が起こされて、結果的には『利息制限法が適当』と判決が出て、かつ、『払い過ぎた利息は返還請求できる』ということになったわけです。
で、2006年には「改正貸金業法」が完全施行され、利息も利息制限法を適用する契約になることになっています。
貸金契約が10年以内なら、上記のように法定金利(利息制限法)で支払ってきているはずであり、過払い金は発生していないはずです。
クレジットカードのショッピング枠(分割・リボ)は割賦販売法という別の法律で、こちらは始めから利息制限法による契約なので過払い金は発生していませんし対象外です。
つまり、「計算方法」以前に、過払い金の対象になり得るかどうかの前提条件があるのです。

2016/9/18 05:57:48

個人間融資について。
金利の上限は決まっていますか?そもそも個人間融資は合法ですか?

個人でのお金の貸し借りは問題ないでしょう。
金利をとる契約も合法的な範囲内なら有効です。
上限については、利息制限法で検索かけて調べてください。
なお、出資法も調べてもらって、それすら超えると刑事罰もあります。

2016/11/11 03:22:15

過払い請求について7年前絵画を買わされ、クーリングオフをしたいと8日以内に絵を買ったところに行ったのにさせてもらえず、結局56万の絵を買いました。
分割手数料が約23万ついて、約八十万円を返済中です。
生活も厳しくここ二年返済できていない月もあります。
過払い請求をしてたいと思ったんですが、こういう場合過払い金請求できるのでしょうか?言葉足らずですみません!!教えてください。

クレジットの利用方法には「ショッピング・キャッシング」が在ります。
キャッシングで利息制限法を超える利率の場合「過払い請求」の対象に為りますが、ショッピングは適用外です。
何故なら・・・ショッピングは「借金」で無く、カード会社が一時立替払いをしているだけです。

2016/7/26 16:18:38

20年以上前に車をローン契約をして買いました。
3年後に甥っ子が自損事故を起こし、あり得ない事故で細い道で右折をした際に曲がり過ぎて右の屏に激突!大破!全損でした。
グランディスでしたが当時三菱の車が騒がれており、車の不具合も調べて頂きました。
しかし不具合は確認出来ないとの事でした。
運転者の操作ミスではないかとの事でした。
全損ですので使える部品、機器、等を売ってローンの返済に当て様としたところ、三菱オートローンが所有者だから売れない。
そんなやり取りをしてる間(三菱ディラー)にその車(グランディス)を処分したとの事、確かに所は、ローンですので三菱オートローンが所有者ですが当使用者に連絡、確認もなしに処分されるのは納得いかす、ローンは支払わないと言って今に至ります。
年に1、2回の割合で中央債権回収株式会社から請求があり、初めて来たときに担当者に電話して事情を話しました。
だから払わない旨をしかし請求は続いてました。
平成29年4月12日に法律事務所から4月21日までに当事務所まで連絡下さい。
可能な限り柔軟な対応をさせていただきます。
との事でした。
どう対応したらいいのかわかる方教えて頂けないでしょうか?宜しくお願い致します。

商事債権の消滅時効は5年なので、この5年間、債権者側に債務の存在を認める発言をしていなく、かつ裁判所の支払い通告が着ていなければ時効の援用が可能です。
催促や督促だけでは時効の中断、停止は出来ません、催促で時効が中断出来るのは税金だけです。
……でも、文面読んでると、債権回収業者に不払いの理由を説明したとありますが、これが過去五年以内なら、債務の存在を認めて消滅時効の放棄をしてるので、時効の援用は無理です。
そうなると、延滞利息は利息制限法に則って、1日につき利息が加算されてるので、17年間となると、通常は支払える額を超えてると思うので、弁護士と協議となると思います。
あと、所有権のある車は、所有権者に権利があるので、処分しようが売り払おうが法的に全く問題のない行為ですよ、あなたの、だから支払わないは道理が通りません。

2017/4/16 23:48:34

教えて下さい。
知り合いに50万円を貸した時の上限利息はどれくらいになりますか?返済は5ケ月 5回です!宜しくお願い致します。

個人でお金を貸す場合の金利は、最大で「年109.5%」です。
これを超えると出資法違反になり刑事罰を受けます。
(個人間の借金の上限金利は109.5%)個人でお金を貸すのだから、金利は自由に決められても良いと考えるかもしれませんが、それだと弱い立場の借り主が不利ですので、109.5%と決められています。
仮に100万円借りる場合は、最高でも年109.5万円が利息になります。
年109.5%の金利で100万円借りて1年で全額返済する場合は、209.5万円返すことになります。
銀行やキャッシングなどの年20%までに比べるとかなり高い金利ですね。
こういったことを聞くと「友達にお金を貸して109.5%まで利息を取れるのか!」と思うかもしれませんが、実際には20%までしか取れないと思います。
それは、個人間の借金でも利息制限法が適用されるからです。
利息制限法には出資法のような刑事罰はありませんが、利息制限法を超える利率は無効とされています。
利息制限法では、10万円未満の借り入れで年20%、10万円~100万円未満の場合は年18%、100万円以上の場合は15%になります。
出資法上は年109.5%まで可能とは言っても、利息制限法の上限は年20%までで、20%を超える部分は無効になり、仮に裁判をすれば超えた部分の利息は返還することになりますので、実際には20%を超える利息を受け取るのは難しいでしょう。

2017/9/23 09:14:58

知り合いにお金(トータルで30万円)を貸しました。
それから数か月後の返済期日に元利合計で50万返してもらうになっていました(50万は相手が提示した額です)が、未だに回収出来ていません。
相手にも事情があることは知っていたので、最悪、元金だけでも戻れば御の字とタカをくくり返済期日から2ヶ月は、職場で顔を合わせても特に催促しませんでした(相手からしたら無言の圧力に感じていたかも知れませんが)。
しかし、最近、私もお金に困るようになり催促をするようになったのですが、その度に調子のいいこと(遅れた分だけさらに20万上乗せして70万払うから少し待って)や言い訳(携帯が壊れた・携帯をなくしたので連絡が出来なかった・体調が悪い)や言い逃れが多く困っています。
もし、あなたが私と同じ目に遭ったらどういう方法でいくら取りますか?補足ここで書いている利息というのは、利ザヤという意味で使っています。
ですから、相手はそれくらい払っても痛くない思いをしているのです。
実際、これまで私のお金と私の信用力だけで私以上に稼いでいます。
相手は、物品売買の仲介屋です。
物品と売買相手を見つけるのは上手いのですが、元銭と回収能力はありません。

これ、借用書はちゃんと有るんでしょうか?口約束と手渡しの貸し借りだと、しらばっくれられたらそれまでですよ。
というのと、数ヶ月で20万?の利息は、利息制限法違反です。
年率18%を超える部分の利息は、無効ですよ。
客観的に【金の貸し借りが有った】という証拠が残ってるなら簡易裁判所に申し立てて、給与の差押がもっとも現実的でしょうね。

2017/8/2 04:39:39

借用書はないです。貸した日の額と返済期日と返済額のメモしかないです。あと、相手からのメール「いつまでにいくら返す」は保存しています。これでもダメでしょうね?因みにそいつは、現在、別の事情で給与を差し押されています。回答ありがとうございました。>

過払い金というのは業者の過失ではないですか?過払い金相談や実際に返ってきた人等に質問です。
最近過払い金返却の宣伝をよく聞きますが、借金の返済で払いすぎたということですよね。
それは金融業者からしたら受け取り過ぎで、つまりは請求し過ぎという過失になると思いますが普通ならばここで業者側からのアプローチが行われるものではないですか??信用問題になるから業者が気にしてないだけ?個人情報の何かで業者からは連絡が取れない?業者の過失ではない借金も無いのにこんな質問を弁護士に聞くのも不躾かと思い電話していません。
ご存知の方がいれば教えて下さい。

違います。
過払い金と言うのはグレーゾーン金利という法律的にグレーな金利を駆使して生まれたお金を取り戻すために生まれた造語です。
グレーゾーン金利とは利息制限法(年利20%以下)と出資法(年利29.2%以下)という二つの金利差が生み出した金利であり貸し付け条件で出資法ぎりぎりの金利をつけて債務者に貸し付けていたことに生み出された金利差をさします。
みなし弁済の訴訟が起きたことによりこのグレーゾーン金利そのものが無効であると最高裁が認めてしまったためそのグレーゾーン金利で支払ったお金を司法書士や弁護士が取り戻すために世間に広めた結果となります。
民法における債権債務の時効が10年である為支払い契約が終了していたとしても10年以内であれば長い期間返済をしていた債務者はその金利分でみなし弁済をしていることになり金融業者が金利差分を再計算して過剰な支払いがあれば債務者に返済しなさいと言う命令が出たに過ぎません。
今は利息制限法と出資法の金利差がほぼ一致する形となったので過払い金自体が起きることはありません。

2017/9/25 13:04:52

-利息制限法

© 2020 お金借りるならWebキャッシングって神話について