出資法

出資法違反で破産、、、倒産、、、自殺。。。というような運命の人も...出資法

信金中央金庫は、株式会社ではないのに上場できる理由はなんですか?この優先出資証券を個人が取得した場合のメリットとデメリットを教えてください。
優先出資証券を取得した場合、配当は、あるのでしょうか?

協同組織金融機関の優先出資に関する法律(優先出資法)に基づいて発行されています。
協同組織金融機関は自己資本の充実を図るため、会員(普通出資者)以外の不特定多数の投資家から広く出資を募る目的で優先出資証券を発行することができる。
という法律を根拠に上場されてます。
メリットデメリットは普通出資者総会における「議決権」がない一方、「優先的配当」を受ける権利があるなどです。
ざっくりいうと配当多めにあげるから経営には口出ししねいでねってことです。
信金中央金庫はの場合、平成23年度は普通出資の配当金は、1口につき年2,500円、優先出資の配当金は、1口につき合計で年6,500円を見込んでいます。
税金などは普通の株式と同じです。

2011/9/13 14:13:27

150万円を借入した場合の利息について教えてください。
例えば、150万円を年利18%で借入した場合、これは違法になるのでしょうか。
利息制限法では違法ですが、出資法では違法ではないと思うのですが、どう解釈すれば良いのでしょうか。

出資法の上限金利は20%ですが、150万円だと利息制限法の上限金利は15%です。
利息制限法と出資法の上限金利の間で貸付けると貸金業法の法令違反で行政処分の対象になりますし、超過した利息部分は無効となります。

2011/11/9 23:00:27

インターネット上での出資者募集行為について事業主(法人経営者・個人事業主)が、自社ホームページ、掲示板、ソーシャル・ネットワーキング・サービスなどを利用して、出資者を募集する行為は、出資法、金融商品取引業に違反しませんか?(出資者募集の一例)出資1口10万円 募集口数500口 配当 年利回り7%~10%目標私は、出資者募集をするには「金融商品取引業者」の許認可を受けなければダメなものと思っています。
(第二種金融業者・助言業とか)事業主さんが自ら行う事業に対しての出資募集はよろしいものでしょうか?補足別の意見で「経営者(一部 個人事業主)は、自らの事業で直接出資者の募集活動、株券、社債を発行した資金調達は、金融商品取引業者の許認可(登録)を受けなくても出来る。
」と聞きました。
【自己募集・自己私募】という言葉の解釈で誤解している人もいる。
とこの人は言っていますが、実際のところどうなのでしょうか?

出資法に違反するおそれがあります。
出資を募るの出れば、最近はやりのクラウドファウンディングを通してみると良いのではないでしょうか。

2014/3/24 19:22:52

金銭借用証書の書き方 現在までに、長期に掛けて積もっていった貸金総額が既に130万円あります。
一番初めに、貸したのは2年前です。
3年(36か月)後に利息を含め、200万円にして一括で返すと約束しました。
連帯保証人になってくれる人もいます。
この場合、①貸し付けた日付、利息はどのように記せば良いか②利息制限法との兼ね合いで、法的に有効な借用書を作れるか、又、作るにはどうすればよいか(際どいと思います)。
③回収し損ねないよう、 転ばぬ先の杖的に記すべき事等アドバイスお願いします。

日付:最初に振込など貸付た日付利息:個人間ですか?もしそうなら109.5%/年が出資法の上限です。
この利率なら今130万円貸したとしても3年で200万では収まらないと思いますから利息を利率ではなく70万円として一括弁済とすればいいと思います。
利息制限法では、超過分が無効になるだけですが出資法でいく場合は罰則がありますので注意してください。
公正証書にするのが一番ではありますが相手の気が変わらないうちにハンコをもらいましょう。
逃げられるときはどうしてても逃げられます。

2015/9/15 22:31:43

農協の配当金は、農協が定めた「出資配当の事務手続要領」によ当該期間中の増資・減資は日割り計算により行うとあるのに、総代会議案では増資だけ日割り計算で支払っています。
どちらが優先されるのですか?又、法的根拠は何ですか?

出資配当の事務手続要領の法的性格によります。
当該期間中の増資・減資は日割り計算というのが定款自体に規定されていれば、総代会の決議でこれに反することはできません。
定款には規定がないが、出資配当の事務手続要領が規約の扱いの場合、総会決議と規約とは通常は規約が優先すると思われます。
ただし総会決議自体が規約の扱いであると明示されれば規約自体が変更されるので決議どおりになります。
規約の扱いでないと総会決議が優先します。
農業協同組合法第五十二条 出資組合の剰余金の配当は、事業年度終了の日における農林水産省令で定める方法により算定される純資産の額から次に掲げる金額を控除して得た額を限度として行うことができる。
一 出資総額二 前条第一項の利益準備金及び同条第三項の資本準備金の額三 前条第一項の規定によりその事業年度に積み立てなければならない利益準備金の額四 前条第七項の繰越金の額五 その他農林水産省令で定める額○2 剰余金の配当は、定款で定めるところにより、組合員の出資組合の事業の利用分量の割合に応じ、又は年八分以内において政令で定める割合を超えない範囲内で払込済みの出資の額に応じてしなければならない。

2015/2/2 11:48:14

消費者金融の29.2%の金利が法律違反ならなんで昔契約した人から未だにとれるのですか?

法律違反と言う発想が、世の中の嘘出鱈目に騙されているからです。
因みに利息制限法・出資法・貸金業法においても、「改正前に行われた契約においては、なおも従前の例による」とし認めています。
法律上で違法か否かは、貸金業法により定められている「みなし弁済の要件」を満たすか否かだけ。

2016/3/15 06:47:20

携帯一つで他者を勧誘し、メンバーを一人増やせば10万円報酬が貰えると聞きました。
ただし、会社に入るには48万の預り金を払うことが前提のようで、会社を辞める時は全額返金とのこと。
じゃあその会社が48万を返してこない詐欺だった場合、相手は何て言い逃れするんですか?この場合、商品ではないので「金品の受け渡し」が適応され違法にあたるのでしょうか?

ねずみ講防止法逃れが出来たとしても、出資法違反というのがあるね。
不特定多数から預金を受け付けること。
48万は元本保証になっていたら、やはり疑いがあります。
金だけの募集だとねずみ講ですから、形式だけでも商品を取り扱っているように芝居をすることもあります。
マルチだとしても、利益と負担について説明して書面の交付も必要ですから、それが抜けてたら特商法違反になります。
あと、参加者のことを「代理店」や「社員」と呼んでたら、法律逃れをするために事業者契約だとか、社内積立金に過ぎないとかデタラメな理屈があると思います。

2017/2/23 04:25:53

クレジットカード現金化に関する質問です。
カードローンのような申し込み時に必要な書類はありますか?審査基準などがありますか?

カード会社に勤務してました。
ショッピング枠の現金化、ですよね?審査はないと思います。
1、ショッピング枠で換金性の高い品物を買い、それを業者に買い取ってもらい現金を得る2、無価値な商品をショッピング枠で買わせ手数料として現金を得るのふた通りがあることは知っています。
今はそれ以外の手口があるかもしれませんが。
1は、換金性商品の高額決済があればカード会社でピックアップされると思いますしそこで現金化が見つかれば、規約違反でカード強制解約の対象となります。
強制解約になれば残高一括請求となる会社もあります。
そのへんは会社によって違うかもしれません。
2は出資法違反(貸金業法?)です。
どちらも高リスクだと思いますよ!

2015/4/10 19:21:05

個人名で互助会は設立できますか、冠婚葬祭などのための会社組織のものは沢山ありますが、私個人で全国にいるある人達を対象にしたもので会員を募り月100円程度の会費を集め還元しょうという趣旨のものですが、法律的には問題はないのでしょうか、又どこか役所に届出したりするのでしょうか、法律に詳しい方よろしくお願いします。

互助会自体は町内会やダンスサークルなどと同じ単なる権利能力なき団体なので作ることは問題ないよ。
今日から団体名を名乗れば出来上がる。
ただし法人登記してなければ「権利能力なき団体」なのでいろいろ不都合がある。
例えば銀行口座が作れない。
代表の氏名で口座を作ることになる。
他にも、車を所有できない、不動産契約ができない、売買契約もできない、一切の契約の主体となることができない。
すべて代表者の氏名で行うことになる。
それで互助活動に支障がなければ、それはやっても問題ないよ。
互助活動には出資が伴うので、出資法など各種の法規に準じて行わなければならないのは言うまでもないけど。

2014/9/14 20:56:45

出資法違反で破産、、、、、倒産、、、、、自殺。




というような運命の人もいるようだけど、出資法違反って、そもそもヤバいことなのですか?

>出資法違反って、そもそもヤバいことなのですか?やばいから法律で規定されてんのよ(´・ω・`)最近だとメルカリで現金販売してた大馬鹿者もいましたな(´・ω・`)

2017/5/11 13:08:21

-出資法

© 2020 お金借りるならWebキャッシングって神話について