出資法

利息制限法と出資法、どう違うのですか?出資法

マルチ商法、法律などに詳しい方へ、初めて知る人にも絶対意味のある質問です。
僕がそれに関与するわけではないことを前提に今日あったことを話します。
携帯一つで稼げる所謂、副業の類に属する仕事に関して何も知らなかったので、会って紹介人から話を伺いました。
待ち合わせの駅に現れたのは自分より年下の女の子です。
(美人)←今日が二回目あまり会社の概要をここで説明すると機密をバラすことに繋がってしまい関係者が困ると思うので例えで言いますと、「ある大きな木を育てるのに300万かかるとします、ただ300万は高いですよね?そこで我が社は入社時に((預り金として))78万円を貴方がクレジット払い若しくは一括振込みをした場合に限り将来30万円で面倒見ましょう!☆20日以内でしたらクーリングオフも適用。
更に、我が社へ一人でも紹介すれば20万のインセンティブ(報酬)を得られ友達も彼女もできる一石三鳥!!*ただし勧誘ではありません、貴方の自主性に任せます」のような誘い方です。
落とし穴がないかいろいろ調べた結果・預かった金は必ず返す(契約書も書いてありました)・その会社で働いてる人の通帳も見せて貰ったら本当に1人紹介したら20万振り込まれていた・マルチ商法は合法だと頻り(しきりに)に述べていた・自分の紹介した人が更に紹介すればその一部の報酬を貰え、働かなくても金が自動的に入る、どんどん根っこが広がっていけばいくほど会社の人員が増え(月収100万も可能)ただ、こういう金儲けにはどこか盲点があるはずなんです。
本当に何も損をしないのであれば、朝早くから電車に乗って皆の為に死にたい気持ちも抑えて働いてる人からしたら上手すぎる話ではないでしょうか?月収100万も可能なら預り金78万で報酬を得たとしても誰かが損をする形になりませんか?世の中絶対そんな甘くないと思うんですよ。
補足クレジット払いをした人のみLINEグループへ招待され地域ごとに分けられていました。
本当に契約書へサインして今日からお世話になりますと書いた人もおり、頭が混乱しています。
そこまで仕組んでいたと疑うことは厳しいです。
通帳にも振り込まれている、契約書もある、何か勘違いか盲点があるのでは?と今調べています。

過去の詐欺、出資法違反事件をそのまま解説しているような文章になっていますね。
「入社」と言う言葉は聞き覚えがあって、円天事件でも使われていました。
不特定多数の者から預金を預かれば、出資法違反が疑われる。
しかし、社内積立金は違法にならないので、出資者を社員だと置き換える方便なのですが、これは通用しないと思います。
78万円+30万円=108万円になるじゃないですか。
これ36ヶ月で割ると月3万円なのです。
「108」と「36」と「3」というのが、詐欺で良く使われる数字で、過去に何度も見た。
円天事件も同じです。
3年後には100万円超えるのが理解しやすいし、整数で割れるから頭で計算しやすい。
損をするリスクの説明の有無、金融庁に届け出したうえで事業をやっているかの確認は無いのではないか。
こういう詐欺は、実際に1年目の数回は配当金が出ることがあるんです。
自分の金が返金されているのを見ただけで、元本から崩されていますがね。
78万円支払って、毎月3万円の配当があったとするじゃないですか。
その配当が6ヶ月続くと、18万円利益が出たと錯覚するわけなのです。
実際は、60万円騙し取られています。
高い配当の実績があると誤認していたら、さらに注ぎ込むわけなんですね。
78万の出資で終えるとは思えないですね。
肝心の物品は手元になく、金銭だけのやり取りならネズミ講ですね。
複数の人を勧誘して、倍、倍と下に組織作るのであれば。

2017/2/28 07:49:08

会社法 持分会社の退社時の責任会社法583条で合同会社が出資の価格の減少する際にはその登記をする前の責任を負う必要がないのに612条で持分の払戻による退社する場合は責任を負うのはなぜですか?

>会社法583条で合同会社が出資の価格の減少する際にはその登記をする前の責任を負う必要がない、などという規定はありませんが。
2 有限責任社員(合同会社の社員を除く。
)が出資の価額を減少した場合であっても、当該有限責任社員は、その旨の登記をする前に生じた持分会社の債務については、従前の責任の範囲内でこれを弁済する責任を負う。

2017/3/6 06:10:36

合同会社の社員の出資の払戻しは従前の責任は負わないけれど
合同会社の持分の払戻しについてはなぜ責任を負うのでしょうか>

日歩5銭を年利にすると、18.25%となったのですが、学校の授業でこれは法定金利を超えるひどいものというふうに教わりました。
ですが年利18.25%というのは利息制限法にも出資法にもひっかからないとおもうのですが、どういうことでしょうか。

出資法の上限は20%なので引っかからないが利息制限法1条1項は金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約は、その利息が次の利率(単利。
以下「制限利率」とする。
)により計算した金額を超えるときは、その超過部分につき無効である 元本が100000円未満の場合 年2割(20%) 元本が100000円以上1000000円未満の場合 年1割8分(18%) 元本が1000000円以上の場合 年1割5分(15%)だから、利息制限法により「一部無効になる場合がある」ということだろう

2013/3/3 09:48:20

利息制限法はお金を「借りた人」全員に適用される法律なんですね?利息制限法に違反した利息でお金を「貸した人」には罰則は無いんですよね?貸金業者なら出資法に違反した利息で「貸した」場合に罰則があるんですよね?補足ちなみに利息制限法違反で多く払った分の無効を主張できる人は誰です?当事者、第3者、誰でも出来ますか?(無効主張できるのは利息制限法に定めている金利よりも多く支払った分だけですよね?)>利息制限法はお金を「借りた人」全員に適用される法律なんですね?個人、法人、非事業者、事業者問わず?>貸金業者なら出資法に違反した利息で「貸した」場合に罰則があるんですよね?貸金業者以外は罰受けませんよね、違反しても。

利息制限法を超える利率は超える部分だけ無効です。
利息制限法を超えて貸した貸金業者は貸金業法違反でアウトです。
出資法違反の処罰対象は貸金業者だけじゃありません。

2015/2/26 05:26:09

>出資法違反の処罰対象は貸金業者だけじゃありません。
他は?>

会社法について教えてください有限責任とは出資した範囲で責任を負う(出資額がゼロになる)ということですが無限責任ってのは全財産持っていかれてしまうのですか?実質自己破産ということ?教えてください<(_ _)>補足合同会社とかは無限責任社員とかがいるみたいですが…株式会社は全員有限責任なのですよね債権者からしたら合同会社の方が全財産をかけて保証しますという経営の方が「一生懸命なんだなぁ」と信用できそうなきがしますが実際は株式会社の方が信用高いですよね何故でしょう?むかしは資本金のハードルが高かったからだけど今は1円からでも始められるのでしょう?株式会社が信用が高いとされるのはたんなる昔からのイメージですか?

そうですね。
会社の事業で赤字が出たら会社の現金等で足りない場合には、その分は無限責任社員が負う事になります。
ですからそういう会社はあまり作らないというのが一般的です。

2014/9/19 17:03:59

<補足に関して>
一般論では何となく株式会社が信用力高そうだと思ってしまいがちですが、信用力は会社の体力です。資本金や内部留保の多さ、組織の向上志向などの総合判断によります。帝国データバンクの点数がそういった総合評価として判断されますね。
資産が無い無限責任社員は意気込みだけで、結局何も保全されないので、資産家の方がそういう事をされてれば信用力に繋がりますね。
おっしゃる通り、株式会社=信用力高いは単なる個人の見解と昔からのイメージでしかありません。信用のある会社が株式会社が多いからという事でしょうか。>

金銭借用に関する質問です。
少々長くなりますが、詐欺や金銭に関連する内容に詳しい方がおりましたら助かります。
まずはじめに、儲け話の話をする男が口車や上手く話し込み私に125万を貸してくれたら1ヶ月後に必ず168万にするからこれは約束だと言って、私はその人を信用し、100パーセントと言われて信じてその人間に言われるがまま金銭借用書を書き、お金を125万貸しました。
結果約束の期日には一円も返さず、さらに、1週間経てば100パーセント返すといい、私も使ってはいけないお金でして本当に困っておりまして、ついにその125万を借りた人間はさは、1週間後も返さずです。
むしろ私に出資法違反で訴えるだの言って来ました。
もちろん一円も返さないと言い出しました。
また、最初から、私はその人間に金を貸す際に、125万を借りた人は30パーセントの利息を35パーセントにして168万になるから、と、言い金銭借用書には金額だけをかけば良いと言われ、その借用書を金を貸す時に付けました。
私が貸した人間です。
そうしたら、これは出資法違反だから返さないと言われ、本当に困っております。
借りた側は、警察に言うだの裁判にするとか言っております。
125万借りた側が私を訴えるとか言い出しました。
私は一円も、むしろ利息なんて要らないから元本の125万だけで良いので返して下さいと話してます。
また、本当に大切だったお金で、当初の期日には返済して来ずで私は更に家賃等を工面しました。
その借りた人間はチラホラ、暴力団系の色も出して来ます。
今でも利息は要らないから元本だけや家賃だけでも返して下さいと言いますが、無理だ、とか言います。
私は知人等に相談しましたら、契約違反でこの話し無効だとも言って来ました。
当該、誰にも話すな等を口止めされてました。
しかし、本当に大切だったお金が返って来ないので共通の知人に相談したら、揚げ足をとるかの様に、契約違反だの、出資法違反だの…本当に頭が痛いです。
もう利息も要らないから元本だけを返してもらいたいです。
また、色々と調べた結果、やはり暴力団系の人かもしれません。
もし違う場合いでも暴力団系の名前を使っては来ます。
私としては大切だったお金を1日も早く返してもらいたいのですがどうすれば良いでしょうか?また、出資法違反でしょうか?あちらから、まるめられた話です。
今まで貸金とかしてないので実績等もありません。
125万を借りた人間は私を脅す様な事も言って来ます。
ライン等の履歴や証拠は全てあります。
共通の知人等も内容は知っております。
私が言われて貸したのに出資法違反とかで全く返って来ないのでしょうか?また警察に突き出すや裁判で裁かれろ等を言われました。
お金は返って来ますか?毎日が今は胃が痛い日々です。
補足※私が大切な125万を貸した。
※借りた側は168万にして1ヶ月内で必ず返すと言った。
※期日には返済されなかった。
※借りた側が出資法違反で私に返さなくても良いだの、むしろ犯罪ですよと言ってくる。
※借りた側は暴力団系の話をたまに出してくる。
※利息は要らないから元本だけでも返してもらいたいのですが。
※最初から他言無用と言い、誰かに言った時点で契約違反で無効だと言いくるめてくる。

仕事柄、こういったメンツと何回か対峙してきたものです。
貴方の様な、泣き寝入りをしてきた人を何人も救ってきました。
ポイント1.貴方は、出資法違反で捕まることは絶対にない。
捕まるのは、免許のない相手方です。
2・相手が、どこの暴力団でどの立場かを、聞き出し、それを録音する。
3.警察に相談し、中止命令を出してもらう。
4・相手方を、出資法違反、強要罪で訴える。
こういった、ややこしい相手の交渉は、素人では言いくるめられてしまうことが多いので、自身がないなら、消費者センターに相談するか、弁護士に依頼するかです。

2018/3/6 16:58:12

凄くありがとうございます!気持ちが楽になりました。お金も今出せるものを全て出したので弁護士と消費者センターに問い合わせます。
毎日の生活を削って私も彼女及び仕事的に信用も失いました。
すぐに行動に移し早期解決を図りたいと思います。
本当にありがとうございます!>

消費者金融の利息は、出資法ですか利息制限法ですか?教えてください。
お願いいたします

両方です。
出資法とは出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律のことで企業の金利を制限する法律です。
一方、利息制限法とは金銭を目的とる消費貸借上の利息の契約及び賠償額の予定について、利率(ないし元本に対する割合)の観点から規制を加えた日本の法律です。
昔は出資法で年間金利29.2%以上で貸しだした際には企業に罰則が着きました。
しかし、利息制限法では元本が10万円未満なら年間20%以下元本が10万以上100万円未満なら18%以下元本が100万円以上なら15%以下の金利でしか貸し出してはならないとされていました。
よって、この20%以上29.2%未満は企業に罰則はないが法律違反の状態になっていました。
これがグレーゾーン金利というものです。
しかし、2006年改正貸金業法が施行されたことにより、出資法も改正され20%より上の金利で貸し出した場合、罰則が着くようになりました。
ちなみに、今でも10万円以上の場合は、若干グレーの部分は残っています。
ここは行政の判断に任されています。
えっと判りました?

2013/5/15 23:44:09

株式の出資単位に関する法規制が撤廃されたのはなぜですか?また、各会社が株式出資単位を設定する際には、どのような点に配慮すべきですか?学校の宿題で悩んでいます。
すみませんが、ご協力お願いしますm(- -)m

単位株が単元株に変わっただけである。

2010/8/16 01:34:21

資産運用「元本100%完全保証、年利4%、」とは、ファンド的には、平均でしょうか?>資産運用、引き受けます!!a.Smart Fundでは、元本100%完全保証、年利4%、それ以上の利益が出た場合は、パートナー様と当ファンドで、その利益を折半(せっぱん)する。
という、資産運用を行っております。
契約の更新・解除は、基本、年に一度。
パートナー様の大切なおカネをお預かりし、それを増やし、喜んで頂く。
というのが、a.Smart Fundです。
資産運用をお考えの方は、是非、ご連絡ください。
a-smart-fund.blog.jp/archives/cat_50054103.html

元本保証をうたって投資を呼びかけるのは、出資法に抵触する可能性があります。
弁護士に確認したらどうですか。
出資法第一条 何人も、不特定且つ多数の者に対し、後日出資の払いもどしとして出資金の全額若しくはこれをこえる金額に相当する金銭を支払うべき旨を明示し、又は暗黙のうちに示して、出資金の受入をしてはならない。
第二条 業として預り金をするにつき他の法律に特別の規定のある者を除く外、何人も業として預り金をしてはならない。

2014/12/27 01:04:36

利息制限法と出資法、どう違うのですか?

立法の趣旨が全く違います。
利息制限法には罰則がありませんが、出資法には罰則があります。
だからサラ金業者は利息制限法に違反する利息を取って、出資法には違反しない程度の金利を設定するんですね。

2004/7/1 11:07:38

-出資法

© 2020 お金借りるならWebキャッシングって神話について