出資法

ニュートンプレスの細胞の分子生物学の第6版(日本語)の共同出資ばなし...出資法

こういう行為って何かの法律に引っかかったりしますか?出資とかに何か法律で制限があったも気がするものの、詳しくないのでこういう場でも聞いてみようかと思いまして。
・1~6月にかけてツイッターなどで告知をし資金を集める合計額は最大でも30万円程度で、達したら締め切り・事業(というか同人誌の販売)が大きく失敗しない限り、借りたお金は7月に全額返済の予定事前にやった同系統の小規模な事例では成功したため、自身の人気から考えても元本に影響するほどに売れない可能性は非常に低いと考えていますが、万一元本に満たなかった場合は、あとの方に来た人には何ヶ月かまってもらって身銭を切る予定ですこのことは事前に説明します・7月に開催されるイベントに直接来た人には手渡しで返金、来ない/来れない人には後日銀行振込などで対応特別に返金を希望しないと連絡する人がいた場合はチップと考えそのまま頂く・出資4000円につき、売値1500円/原価750円程度の商品を1つ進呈要は、コミケでお金がなくて印刷が厳しいので色んな人から少しずつ借りて印刷&午後に来てもらうなりで返金、とできないかなぁという話です。
出したい本の案はいくつもあるものの、学業や書く時間の合間を縫ってのバイトでは1種100冊分の印刷費10万を捻出するのが私の場合は限界です。
前回がイベント初参加だったのですが、100部刷って午前中に完売しました。
どうせ売れないだろうと厚みの割に安くしてたために完売でもわりと赤字になっており、次回の印刷費が稼げてません。

関連する法令としては、「出資法」(出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律)ですねhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E8%B3%87%E3%81%AE%E5%8F%97%...・不特定多数の者に対する、元本を保証した出資の受入れの禁止今回は、元本保証をしていないので、該当しません逆に言えば、元本保証がないことを出資者が同意している事、および、約束した返金ができなかった時のトラブルを考えると、出資法に準じた手順等を検討した方が良いでしょう

2018/1/11 13:23:51

なるほど、元本を保証するとダメなんですね
参考になりました
ありがとうございます>

出資法は廃止になってもう5年経過していまして、過払い状態になっているサラ金利用者もそろそろいないんじゃないのか??と思うのですが、未だに弁護士法人数社が「過払金請求」のCMを流していますが、そろそろ需要がなくなってきている時代になっているような気がしますがどうでしょうか?? 今の時代に、頻繁にCMを流して過大な広告宣伝費を投資するだけの価値が「過払金請求」のマーケットにあるのか??とはなはだ疑問です。
「過払金請求」よりも「未払残業代」のマーケットの方にシフトした方が弁護士法人も売上が上がると思うのですがどうなのでしょうか??

過払い請求の依頼者は激減しています。
かつての過払い大手であるミライオや、ITJなどは過払いのCMなどとおにやめています。
何年前に、中堅CM事務所の弁護士に聞いたけど、CMしても、費用対効果は全くなくなったと言ってました。
そんな中にあって、異様にCMをしている新宿事務所なんかは、はっきりいって怪しいですよ。
なんらかの不正が疑われます。

2015/11/4 01:26:44

私もあなたの全くの言う通りだと思います。弁護士法人が未だに「過払金請求」マーケットばかりに目を付けているのは愚策だと思っています。「未払残業代」マーケットの方に目を付けた方がよっぽど得策だと思っています。
>

今度、宝くじの共同購入サイトを立ち上げようと思っていますが、不特定多数の人からお金を集めるため、何か届け出をしないといけないのでしょうか?法律などに詳しい方いたら教えて下さい。

出資法違反になるのでは?

2015/9/16 15:42:38

◆会社法207条9項5号について後段の、現物出資財産が株式会社に対する金銭債権 ( 弁済期が到来しているものに限る 。
) であって、当該金銭債権について定められた第 199 条第 1 項第 3 号の価額が当該金銭債権に係る負債の帳簿価額を超えない場合の超えない場合が、よくわかりません。
借金を払えそうにないから、株式に変えてあげる、という意味と考えているのですが、超えてもいいのではないかと思うのです。
教えてください。
補足返信がおそくなり、申し訳ございません。
4/28に返信したのですが、投稿しないままになっていたようです。
もう一度、思い出しながら書きます。
理解力が低くて恐縮ですが、ご説明の例によれば、A社 ← B 借金100万円ありここで、A社が株式募集をし、Bが100万円を出資することにした。
それを、借金をチャラにするので、100万円分の株式をよこせ、ということになると思います。
これを条文にあてはめると、「 現物出資財産が株式会社に対する金銭債権 ( 弁済期が到来しているものに限る 。
) であって、当該金銭債権について定められた第 199 条第 1 項第 3 号の価額が当該金銭債権に係る負債の帳簿価額を超えない場合 」なので、当該金銭債権(A社に対する100万円の貸し)が、当該金銭債権に係る負債の帳簿価額(募集株式100万円分)を超えない場合、となり、A社に対する100万円の貸し ≦ 募集株式100万円分となり、貸し以上の株式をもらえてしまうことになるのではないか、となり、ご説明と反対になり、よくわからないのです。
お手数ですが、よろしくお願いします。

207条9項は、現物出資につき、検査役検査を不要にする規定です。
現物出資財産の過大評価の恐れがないと認められる場合です。
会社の借金チャラにするから株よこせというとき、100万円の借金チャラにするから200万円分の株よこせでは、過大評価で、他の株主との間で不公平です。
検査役のチェック入れないとまずい。
ので、チャラにする負債額≧払込金額なら、過大評価がない、検査役チェック入れなくても大丈夫なものとして、そのように規定されてる。
チャラにする負債額(100万円)<払込金額(200万円)にまっとうな根拠があるというなら、検査役も納得させろということ。

2018/4/26 23:08:03

ご回答ありがとうございます。
すると、
「当該債権に係る負債の帳簿価格」とは、出資額(もらえる株式の金額)ということですね?
「当該債権に係る」となっているので、同時履行の反対債権があって、その額以下と解釈していました。それも、イマイチ意味がわからなかったのですが。>

投資の話となりますが、ビットコインFXで月利10%と言う投資をしましたが、一度も配当貰えず終わってしまったような感じがします。
調べたら会社もなくただの素人が資金を集めてFXを行なっていた見たいで、金融庁とかからの許可とかは要らないのでしょうか、投資は自己責任と言われますが、1か月無くなるなんて悔しいです、誰か法律に詳しい方がいらっしゃるならアドバイス欲しいです。

金融庁の届け出が無い以上、他人の資金を預かって運用した場合は出資法違反になりますね。

2018/2/9 18:16:47

アディーレ法律事務所に相談すると過払い金がいくらくらい返金されますか? ω? )?150万くらい借りてます。


いつから借りているのか借入返済の過払い金問題は利息制限法と出資法の上限金利が異なっていたために起こったものです利息制限法は元本10万円未満:年20%元本10万円以上100万円未満:年18%元本100万円以上:年15%出資法は上限年利の変化は昔は109.5%→73.0%→54.75%→40.004%→2006年6月1日から29.2%→2010年6月18日から20%に下がった現在は同一となりその問題は発生しません時効は10年ですから対象かな・・・・・現在のその対象消費者金融は利息制限法内で貸し付けておりその問題は出てきません個人との間の借り入れは出資法での上限は109.5%それ以内なら貸しても罰則はないが利息制限法に反しますので利息オーバー分を返還を求めることは可能闇金も同じですがそもそもその時点で脅されるかどこかに消えてしまうかな

2018/7/1 10:30:09

旦那が闇金をやっていました出資法違反ではなく無店舗なんとかの刑になるらしく出てきても今度は出資法違反で再逮捕もあるかもね、と弁護士に言われました旦那は社長が居て雇われ店長だったみたいです他に五人程逮捕されましたどのくらいの利子を付けたなどは全くわかりません数日前の事で頭がパニックになっています弁護士さんは威圧的で専門用語が多くイマイチ何を言っているのかわかりません離婚などいろいろ考えますがその前に罰金や留置期間などを教えて欲しいですけっこうな規模らしく確実に裁判になると思いますとなると22日越えても会えないですよね?今は面会は禁止になってますまた初犯ですが実刑はありますか?

調書次第です(前歴等)組織的等罪、で留置場期間は3ヶ月以上を覚悟です。
累犯ならば長期の勾留期間が当たり前です。
オレ詐欺の被疑者ならば実刑です。
オレ詐欺は厳しく初犯でも執行猶予は付かないのが現実です、実刑2~5年など。

2015/9/21 21:56:14

回答ありがとうございます
旦那は車の運転で何度かキップ切られただけで他に犯罪はいっさいありません
オレオレ詐欺では無いのですが執行猶予は難しいですかね…
>

利息・借金について個人間での借金で利息はどれほどとれるものなのでしょうか?知恵をお貸しください。
1年半年ほど前に友人に40万の借金をしました。
毎月少額ではありますが返済をしていましたが、いまだ見完済です。
借用書を交わしており、返済期日は2012年12月31日までとなっており、その後は「利息として元金に対し月1割」支払うものとする。
となっております。
当初借用書を交わした時は十分に期日までに完済できる見込みがあったので、まぁ友人を安心させる為だと思い、月1割の高利息でもサインをしました。
しかし、現状まだ完済できておらず、1月1日の時点で元金6万円が残っている状態でした。
約束もしたし、完済まで待ってもらっている、お金を貸してくれた感謝の意味も込めて利息は支払おうと思い、1月に「元金2万円分」+残元金6万に対する1割利息=6000円。
計26000を振り込みしました。
2月に入った時点で確認をしようと友人に連絡をとったところ、「残り74000」と言われ、残額が増えてるのに意味が分からなくなり、問い詰めたところ・・・「今年から毎月4万の利息がつくから、先月は利息すら払えてない」と言われました。
「元金の1割」というのは、「残元金」に対して1割じゃないのか?といったところ、「借入額40万円の元金」に対して1割の利息=4万円が今後は完済まで毎月かかるという事だ。
「借用書交わす時にも説明した」と言い返されました。
正直その説明に対しては記憶がなく、お恥ずかしい話、借用書も紛失してしまっているので、どういう形で明記してたかは覚えていません。
しかし、いくらなんでも高利息過ぎると思ったので、その利息の支払は拒否しました。
私は、残元金の1割であれば、支払させてもらうが、今後毎月4万の利息というのは支払う気はない。
と伝えました。
そうすると、友人は、こっちには借用書もあるので、払わないというなら、それなりの手続きにでるよ?と言っています。
知恵がないので、もし、法的な措置に出たとして、自分はどの様な事になるか、心配です。
もちろん、借りたお金はキチンと返しますが、それとこれは話が別な気がするので、その利息は払う気がありません。
知恵を貸してください。
宜しくお願いします。
補足※訂正 期限ですが2011年間違いです。

個人間での利息は10%ですでに出資法違反です。
個人間では年109.5%を超える割合による利息で逮捕対象参考にwww.hou-nattoku.com/consult/918.php補足 URLは見れなかったのでしょうか? 109.5% つまり40万x0.095までが利息として取れます。
それ以上の利子額は出資法違反です

2012/2/10 19:30:39

合同会社設立の際の資本金以前は設立出資者が数人の場合、代表社員の銀行口座に各々が振込みその残高の載った通帳をコピーして法務局に提出するのが常識でしたが、先般友人が設立した際、法務局側では出資者が数人の場合でも、代表社員の銀行口座に資本金と同等の金額が残高として表示されていれば良いとの説明を受け、普通に入金して残高をコピーして提示したところ実際問題なく設立でき、現在稼働中とのことです。
ちなみに資本金は300万発起人は2名です。
質問は、私もこの度設立するのですが、実務上代表社員の口座に振り込みなどしなくても合計資本金を通常入金することで問題ないのでしょうか?

代表社員が作成した出資金額の領収書と預金通帳(表紙と該当ページ;名義は発起人を代表する者)の写しを合綴した書面でOKです。
持分会社の設立の場合,出資に関する払い込を銀行等の払込取扱機関でしなければならないという制約はありませんので,上記の領収書のみでもOKです。

2016/4/19 00:18:06

ニュートンプレスの細胞の分子生物学の第6版(日本語)の共同出資ばなしに、1口(百万円)を出資した者です。
第6版の日本語版の出版見込みどうなるでしょうか?(2017.2.18付の質問です)ご存知のように、2017.2.17に前社長高森氏の出資法違反の報道。
自分は原書のMolecular Biology of the Cell で分子生物学の基礎を学び学位(医学博士)を得た者にて、「百万ならこのすばらしい教科書への恩返し、騙されててもいいや」と出資しました。
また、原書は当然ながら邦訳本も、これまでも、これからも、分子生物学のバイブルなはずで、日本中の図書館に設置されるもの。
そんなカリスマ本に自分も協賛できることが嬉しくも感じていました。
とにかく、第6版邦訳本はきちんと出版して欲しいし、こんなことで売り上げが落ちて欲しくもない、風評で雑誌「Newton」(これを中高の理科の正式な教科書にしてもらいたいくらい)の売り上げに影響して欲しくもない。
理系の現役・OBの皆さん、いかがでしょうか?(あと、高森氏が違法行為したなら逮捕が当然ですが、出資法というのがよくわからず、どの辺の何がどこまで違法なのか、ご教示いただける方はいませんでしょうか。
契約書の書面や印紙、割り印などいずれもきちんとしていましたが。
)補足ニュートンプレスに肩入れする気は毛頭ありません。
これが前置きです。
出資法を字面通り運用すれば高森前社長の行為は出資法違反なのでしょう。
ただ、山口県警の捜査開始の発端は、山口の銀行員が、「正式に銀行を通していない出資話の送金」を「詐欺ではないか」と通報した。
そういう事件だと思うのです。
再度当方の契約書を確認しましたが、まったく法律上の問題を感じませんでした。
自分は百万なら問題にしておらず、山口の人(もしかして病院長?)も騒ぎ立ててもらいたいほどの金額だったのかと思うのです。
この方が直接告発したとの報道ではありませんから。
ニュートンがある意味有名なために格好のニュースソースになったのではないかと疑っています。

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4524261990/ref=pd_aw_sim_14_2?ie=U...質問者さんの言うMolecular Biology of the Cellのエッセンシャル判の翻訳が上記のEssential細胞生物学(原書第4版)でしょうか?書評とかを読むと、確かに素晴らしい本の様ですし、全国の医学部や生物学系の学部で教科書的役割を果たしているようですね。
でも、その本が素晴らしいことと、前社長高森氏の出資法違反は別問題です。
細胞の分子生物学の第6版(日本語)の日本語版の出版計画自体が嘘の可能性すらあります。
だとすると、質問者さんの出資したお金は戻って来ません。
エッセンシャル判の評判もよいみたいですので、第6版の日本語版はいずれ、出版されるでしょうが、それは高森氏以外の人物の手によってということになるんじゃないでしょうか。
Garland Science社との出版の契約や翻訳作業がどの程度進んでいるのかわかりませんが、速やかに引き継がれて欲しいところですね。
出資法とは、正式には「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」と言います。
ざっくり言えばこれは、不特定多数の人から、お金を集めるときに、次の3つを禁止しています。
①出資なので融資(貸付)のように、元本保証したり、利益を約束してはダメですよ②銀行ではないので、預金をさせるようなことはダメですよ③お金を貸す時は、高い利息をつけてはダメですよ高森氏との契約書の内容はどうなってますか?①に違反して、利益や元本を保証する内容になってませんか?もしそうなら、出資法違反です。
ニュートンは、好きな雑誌だったので、大変残念です。
追加www.newtonpress.co.jp/other/cell.html第5版までは、既に翻訳されてるみたいですね。
なら、第6版もその内ニュートンプレス社から出版されるでしょう。
この分野は日進月歩です。
最新の内容が必要でしょうから。

2017/2/19 09:01:43

まず、契約書では元本や利益を保証する文言は一切ありませんでした。あと、エッセンシャルは「エッセンシャル版」とかでなく、別の教科書だったと記憶しています。また、Molecular biology...の日本語版の出版計画自体が嘘の可能性すら、とご回答いただいておりますが、過去の経緯からはありえない話です。いつにずれこむのか、ニュートンプレス社が版権元ときちんと契約できるのか、が議題と思うのです。あと、百万は元々あまり問題にしていません。1千万なら悔やむ額ですが。当方が知りたいのは出版の行方、得たいのはこの本の素晴らしさへの賛同、よくわからないのは私らの契約は出資法違反に該当せず、該当は今回の報道分(山口県警分)、他の合法契約まで一緒くたにされているのではないかという点です。わかった点は、この会社が雑誌の人気の割には意外に財務状況が悪かったという点です。>

-出資法

© 2020 お金借りるならWebキャッシングって神話について