出資法

出資法違反容疑で逮捕された山辺節子容疑者って、わかってるだけで7億...出資法

出資法違反についておしえて下さい。
元本保証で何パーセント以上分配したら出資法違反になるのでしょうか?ご存知の方教えて下さい。

(出資金の受入の制限)第一条 何人も、不特定且つ多数の者に対し、後日出資の払いもどしとして出資金の全額若しくはこれをこえる金額に相当する金銭を支払うべき旨を明示し、又は暗黙のうちに示して、出資金の受入をしてはならない。
つまり元本保証をうたって出資金の受け入れをするのが違法であり分配の率は問いません

2017/2/8 21:59:30

出資法5条と貸金業法42 条についてビジネス法務の勉強中で利息の設定がよくわからず躓いています。
貸金業法42条1項、出資法5条1項では、109.5%を超える利息の約定について契約の無効や刑事罰が書かれていますが、出資法5条2項では、20%を超える利息について、刑事罰が科される旨記載されています。
20%を超える時点で刑事罰の対象なのに、なぜ109.5%の規定があるのでしょうか?しかも出資法5条3項では、さらに109.5%について、1項を上回る刑事罰の記載…一体何を想定して決められた条項なのかがわからないのですが…文言は同じで、利息の率と刑事罰内容だけが異なるように見えるのですが、想定されている背景が違うのでしょうか?例えばこういう時は1項に該当するけど、こういう時は3 項で、あるいは2項で、など、具体例を教えて頂けると理解できそうなのですが、(もちろん他の方法での解説でも構いません)詳しい方、教えて頂けるとありがたいです。

出資法の罰則はもともと1項だけだったものがあとで2項、3項が追加されています。
そして1項、2項、3項の関係は条文であきらかです3項の要件の該当するときは「前二項の規定にかかわらず」つまりもっとも優先適用でついで2項が「前項の規定にかかわらず」とあるので1項に優先して適用されます。
そして要件として2項、3項とも「金銭の貸付けを行う者が業として金銭の貸付けを行う場合」に適用されます。
2項と3項は率の違いです。

2017/5/6 13:37:43

3、2、1項の順で優先順位がついていると考えれば良いのですね!
1項だけが金銭の貸付けを行う者が業として…の文言がないので、
その他の人にも適用ということですね。>

出資法違反、どういったものか簡単に教えてください。

出資法5条では、20%の上限金利を超えた貸付を行うと処罰されると規定されていますね。

2017/12/10 21:54:03

出資法違反は親告罪になりますか。

出資法にそのような規定はないと思います。

2017/11/22 13:40:37

物的証拠がないと、出資法違反ぐらいじゃ警察は動いてくれないんですか?

金利が高いのだって、通帳や振り込み票などに、証拠が残ると思いますが。
金利が事実高いという証拠が必要だと思います。
後は、その人が業として貸金をしていること。
そして、貸金業の登録をしてないこと。
普通は、この出資法と貸金業法の違反の二本立てです。
また、出資法違反のみだと、金利の計算など、犯罪事実を組むのが難しく、なかなか立証捜査に手を出してくれないかも。

2017/11/13 21:16:04

出資法違反について、教えて下さい。
私は、友達に暴利、いわゆるトイチと言うやつでお金を貸しています。
金額は大体、毎月4?5万円前後です。
その友達が最近、事件を起こして逮捕されてしまい、その友達の携帯電話のメールに私がお金を貸した証拠があります。
証拠のメールと言うのは、○○月○○日に貸して○○月○○日に返済、それと貸した元金に利息を記載した文書となっています。
私が明細として、いつも送っていたものです。
このメールを刑事がみた時の事を考えると夜も眠れません。
誰か詳しい方、教えて下さい。
私は逮捕されるのでしょうか?

ばれて、警察が本気になれば内偵~任意同行~聴取~逮捕ってのもありでしょ。
お話の限りでは、出資法違反だけでなく、貸金業法違反まであるやん。

2014/5/28 01:14:01

株ちゃん農園 出資法についておしえてください。

金を送金するだけ…うちは年寄りがかなり詐欺られてますけど?

2017/9/22 17:13:51

出資法第1条(出資金の受入れ制限)や(第2条預り金の禁止)については,その法的性質につき,単に上記(出資金の受入れ)や(預り金)を受領した時点,すなわち法益の侵害される抽象的危険をもたらした時点で既遂となる危険犯であると解されています。
第3条の(浮き貸し等の禁止)についても,「金融機関等の役員,職員その他の従業者は,その地位を利用し,自己又は当該金融機関以外の第三者の利益を図るため,金銭の貸付け,金銭の貸借の媒介又は債務の保障をしてはならない」との規定から,財産的損害いった結果の発生を必要とすることなく同条違反が成立することから,抽象的危険をもたらした時点で既遂となる危険犯と解されるように思われます。
一方,第4条第1項(金銭貸借等の媒介手数料の制限)同第2項(金銭の貸借の保障の媒介を行う者)の規定や,第5条(高金利の処罰),同第5条の2(高保証料の処罰),第5条の3(保証料がある場合の高金利の処罰)については,契約,受領,要求といった行為を行うことで処罰されるため「契約」や「要求」といった文言から危険犯の側面もみられるものの「受領」という文言から侵害犯としての側面もみられるように思われます。
このような場合,出資法第4条や第5条乃至第5条の3に関する法的性質はどのようなものと解すればよろしいのでしょうか? ご存知の方,是非ともご教示くださいますようお願い申し上げます。
補足ご回答ありがとうございます。
もちろん,ご紹介いただいた文献をはじめとして研究者の論文にもあたったうえで質問をさせていただいております。
法律の専門家の方々のご回答を重ねてお願い申し上げます。

そういった専門的なご質問をされるにあたっては、まず専門書をお読みになるということを習慣づけてください。
ここで表面的な回答を得ても、理解したことにはなりません。
専門書を読んだ上で、それでも分からないことにつき質問すれば、より深い理解につながるでしょう。
出資法であれば、齋藤正和「新出資法─条文解釈と判例解説」(青林書院)をおすすめします。

2017/6/27 17:09:19

出資法違反容疑で逮捕された山辺節子容疑者って、わかってるだけで7億円も出資者から騙しとって62歳だけど30代って言って、ホストクラブのホストに一晩500万円も使って貢いでいたそうですが、無理して年齢を偽って大金をホストに貢がなくても同年代の男性と恋愛すればいいんじゃないでしょか?

そうですね。
以前、非合法なお金儲けをしている人の話を聞く機会があったのですが。
とにかく、毎日まとまった大金は財布に入ってはくるけど。
しょせん悪銭。
悪い事をして得たお金だから。
逮捕されれば没収されるし。
いつ逮捕されるかわからないので。
心身落ち着かない状態だそうです。
その人も毎日、飲み歩き。
派手な金の使い方をしていたそうです。
悪銭はたくさん入ってきても。
精神的には全然、安定しないみたいです。
明日、逮捕されるかもしれない。
うらんだ人が自分を襲ってくるかもしれない。
自宅に放火されるかもしれない。
と思いながら他人様の大金を巻き上げて暮らすのと。
貧しくてもまっとうに稼いで。
誰にも迷惑かけていない方が気が楽でしょうね。
人を騙す傾向の人は他人を信用しない人が多いので。
恋愛も苦労しそうですね。

2017/4/21 01:24:51

-出資法

© 2020 お金借りるならWebキャッシングって神話について