債務不存在

追突 相手弁護士が受任通知 タイトル通りの物が来ました。 概要はセコ...債務不存在

慰謝料の質問です。
交通事故の100パーセント被害者です。
整骨院の先生からも、保険会社は自賠責の範囲内でなるべく6ヶ月、120万円を越えない様に示談してくるものだと言われました。
つい先日保険会社に、現在までの治療費が幾らかかってるのか聞いた所、救急車で運ばれてから整形外科は8回、薬局も同数、それだけで10割負担の50万弱を既に保険会社は病院に支払ったと言いました。
このままだと、治療費、通院交通費、休業損害、通院交通費に120万は軽く越えられる程に費やされ、肝心の慰謝料は途中で終わりになってしまうのか、任意保険に切り替わってからは、尻すぼみな金額になっていくのか不安です。
まだ首、膝は完治まで時間かかります。
保険会社は、自賠責と任意保険の違いを気にせず、治療に専念をと建前なのか言います。
慰謝料を圧迫させない為にも、遡って整形外科、整骨院共にすべて保険適用の当方3割負担にして、保険会社から病院等へは7割の負担で再計算させれば、慰謝料の圧迫分は少しは拡がると思いましたが、どう思われますか?出来たら専門の方のご意見お聞きしたいです。
よろしくお願いします。
要は交通事故の治療に保険適用させると、慰謝料の割合は多くなるのか?という質問です。
補足皆さんどうも個別の質問に周りの環境まで読んで、人物像を描きたいんですかね? 当然短期で旅に出ようが勝手です。
東京から現地の整骨院に通う事も調べてる最中です。
解決出来ない回答を、よくもまあ暇な人達がいらっしゃるもので、、、、働かないで昼間から近所で喋ってるおばちゃん達のようですね。
どうぞもっと、煽って盛り上げてパソコンの画面と睨めっこして貴重な時間を潰してください。
質問は保険会社と当事者同士で話し合い済みですが、他の方の経験談聞ければと思い記載しました。
が、何か?

4月の宮古島への旅行は治療の旅ですかねピンピンしてるやんけ!と、打ちきられないようにご注意ください追記>肝心の慰謝 料は途中で終わりになってしまうのか、任意保険に切り替わってからは 、尻すぼみな金額になっていくのか不安です。
↑なんて言うから注意事項を書いたまでですが、最近の保険会社は債務不存在確認訴訟の為なら探偵を雇い盗撮までするそうです確か、現在もそれで係争中なんて記事?を目にしましたよまぁ、生活保護不正受給者じゃないんですからね何かしら不快な想いにさせてしまったのならお詫び申し上げます誠に失礼いたしましたP.S.交通事故カテゴリーには、保険会社の人身事故担当の方や各損保の代理店をされている方が多数いらっしゃいます個人を特定されないように気を付けましょうtsuki7_lefさんこの度は大変な事故に遭われましたねその心労察するにあまりあるところでございます早々のご回復をお祈りいたします

2013/3/27 23:49:42

交通事故 神経内科の受診について整形外科は自賠責払い対応ですが神経内科からは「事故での検査ではなく、整形外科からの依頼での診察及び筋電図検査になりますので…健康保険での支払いをお願いします。
」と言われました。
質問です。
これは何を意味するのでしょうか?異常所見はあるが交通事故との因果関係を保険会社に説明出来ない為、このような対応なんでしょうか?この費用を保険会社に請求出来ないのでしょうか?検査と診察後にこのように言われビックリしました。
補足筋電図の結果、異常なしの場合に影響が出ない様に対応してくれてるのかな?とも思っています。
治療約8ヶ月で休業損害、治療費で約250万程掛かっています。

整形の紹介での受診の結果、因果関係を認められなかった為受診後の精算は自身の健保を利用してと言う事ですね。
関係の不明なものを請求すれば過剰請求となり整形での受診まで調査されかね、挙句は債務不存在裁判にまで・・ひっぱり出されては困るので親切で別に精算してくれたのでしょう。
因果関係が認められるのなら請求も整形にまわしてくれ一緒に精算してくれるでしょう。
補足を読んで今更8ヶ月も経っての検査?そんなの初めから認められないでしょう\(◎o◎)/!であれば、保険会社対策で関係無いものを請求して、巻き込まれたくないので線引きしたのでしょう。
いずれにしても自賠責保険120万の枠で済めば領収書で精算してもらえそうですがね。
任意払いなら絶対に病院は避けて通ります。
紛争にかまっている暇に何人も新規の病人を診れますからあなたにかまってられません。
後遺症診断書も後遺障害が認められれば代金をもらえますが不認定の場合は自腹になりますそれと同じです。

2013/2/27 17:15:57

小室哲哉 5億円 詐欺事件について・・・古い話で申し訳ございませんが、小室氏が詐欺で逮捕されましたが、本件はそもの、民事で和解されていた事案ですので、和解は成立していますよね?和解の内容にもよると思いますが、通常民事で和解されている事案については、刑事告訴は難しいと思うのですが・・・何故、警察(検察?)は動いたのでしょうか?和解後の刑事告発は困難!? 詳しい方、お教えください・・・補足少し整理します。
本件はまず①民事訴訟で和解しています。
②氏はこの時点では和解不履行を決め込んでいます。
※③逮捕→起訴されました。
④被害者弁済を行いました。
(和解していません。
)⑤判決がでました。
多分※の時期に刑事告発を行なったと、おもいますが、民事裁判で和解していれば、刑事告発は受理されにくいにでは・・?と、言う質問です。

和解は成立していないと思いますよ被害者側がまず小室氏に請求をしましたが小室氏側が民事裁判において債務不存在の確認で逆に反訴してしまいその後、刑事事件となった訳ですその後、エイベックス社長個人が代わりに支払ったことで詐欺罪で起訴されて刑事裁判にかけられたものの執行猶予付きの温情判決がなされました。
一般的に詐欺事件でも金額が大きくない当事者で和解が成立している被害者は、相手の処罰を望まないというものであれば、その後警察が動くことは少ないですただ、今回のこの事件は金額が多額ですので仮に和解が成立したとしても詐欺罪が成立している以上社会的影響を含めて警察などが動かなかったどうかと言えば、動いたと個人的には思います。
補足です自分が思ってたのと少し経緯が違ったみたいですね詐欺行為を行い、金額で和解する所を小室氏側が反故し逮捕されるに至りましたが、その後小室氏側が弁済(実際は、エイベックス社長が立て替え払い)とのことですが、被害者男性は和解したけど、小室氏側は和解そのものはしていないなどとしておりこの辺の言い分の違いは多少あるみたいです。
刑事と民事は違いますので民事で和解しても、詐欺罪としての被害金額が大きい場合には警察は動く可能性はあると思います。
結婚詐欺などでも、お金を返さないので被害届を出したがその後、和解が成立しても被害金額が大きければ警察は、逮捕する可能性はあると思います。
告訴、告発については要件さえそろっていれば法文上は、受理しなくてはなりません個人的には、金額などにもよるのだろうと思います。

2012/5/10 17:00:16

普通車の名義変更についてなのですが現在、所有者がローン会社、使用者が個人の方となってまして第三者に名義変更したかったのですが現所有者のローン会社が破産してしまったらしく連絡もつかず書類を取り寄せる事もできない状態です、、陸運局に相談しにいったら破産管財人の方から書類を取り寄せて下さいと言われたので、連絡先をなんとか調べて連絡とったところ破産手続き中の期間であれば書類を出せたのですが破産手続きは完了してしまっている為書類はだすことができないと言われました。
その事を陸運局に伝えたところ、管財人から書類を取り寄せての一言…。
管財人はもう書類出せないと言ってましたと伝えても書類がないと手続きできないとの事で破産手続き中に書類を取り寄せなかった貴方が悪いです。
みたいな風にも言われ、書類がなければこのまま何の手続きもできず自動車税を一生払い続けるしかないみたいです。
凄く納得いかなく、凄く困ってるのですが同じケースの方や知恵のある方いらっしゃればご意見くださいm(__)m

破産手続き完了であれば、すでに配当処理も終わっています。
ならば、あなたがその管財人に出向き、本車両に関しての残債務は存在しない旨の書類に管財人名で署名、押印をもらい、特例申請に持ち込めば良い。
管財人は拒否する由縁はない。
又、これに応じないなら、ローン会社、管財人宛に債務不存在の提訴をすればいい。
判決はあなたの勝訴、同時に職権での所有権抹消の請求を起せば良い。
裁判官は職権で出来る。
この判決書があれば陸事は拒否出来ない。

2016/9/22 12:19:42

債務不存在について質問です。
来月一万四千円ほどの支払いで引き直し後の債務がゼロになります。
そこで質問ですが過払いソフトで計算した残債務(上記金額)を支払いして債務不存在の書類を送るほうがいいか、支払う前に「上記金額を支払った時点で御社(クレジット会社)との債権債務は存在しません」的な書類を送ったほうがいいか、どちらの方がスムーズに和解ができるのでしょうか?わかりにくい文章で申し訳ございません。
ご回答よろしくお願いします。

前者の方がいいのではないでしょうか。
後者なら、通知の時点で、100%確実に入金があるとは限らないので。

2008/9/11 00:00:06

給付の訴えに債務不存在確認の反訴は許されないのはなぜですか?またその逆が許されるのはなぜでしょうか?

まずは、確認訴訟がどのような訴訟か考えてみてください。
給付訴訟、形成訴訟とは何か違いませんか?確認の対象と言うのは無限定に広がります。
特に、消極的なことを言ったらきりがありません。
「私と質問者様の間に債権債務関係のないことの確認」だって、不存在確認としてはありえます。
そんなのをいちいち相手にすれば裁判所はパンクします。
そこで、確認の利益による制限が必要です。
そのような構造から考えてみましょう!給付訴訟が提起されているのならば、債務の不存在はそちらで争えば十分ではありませんか?逆の場合ですが、確認訴訟は法的な確認をするだけで執行力を有しません。
だったら、執行力を有する給付訴訟の方が反訴されたら、それに乗っかった方が、紛争を1回的に解決できませんか?

2011/1/25 13:14:36

抵当権者と被抵当権者の関係について。
被抵当権者が死亡して相続放棄をした場合はどうなるのでしょうか?、抵当権はどのような扱いになる? 抹消されないと聞きましたが、債権者が抵当権を抹消して得るには?補足どうやって、弁済を受けるのでしょうか? 誰から?

×被抵当権者○債務者兼抵当権設定者1.もし債務者の法定相続人全員が相続放棄をした場合相続人は『不存在』となりまず被相続人の財産は『清算』され債権者に弁済する事になりますので被相続人の財産を管理する者から期間までに債権を有する者は請求を申し出よと催促がありますのでその期間内までに請求をしなかったら以後、一切の弁済は受けられなくなります。
(民法第958条の2 参照)2.弁済をするにつき弁済するだけの金銭が足りない・無い場合には売ってお金に出来るものは民事執行法の規定に従って競売され売得金をもって弁済に充てます。
(民法第957条2項,第932条 参照)(民事執行法第195条 参照)もっとも競売手続の過程で抵当権が設定された不動産が売却されると抵当権は『消滅』してしまいますが(民事執行法第59条1項 参照)その代わりとして確実に売得金から配当(弁済)にあずかる事が出来ます。
(民事執行法第78条1項4号 参照)

2010/10/3 19:14:31

相殺の抗弁について。
AがBに対して500万円の貸金の返還を求める裁判で、Aに対して有する代金債権でAの主張する貸金債権と相殺するという抗弁が提出された場合、裁判所はどのような対応になるのでしょうか。

相殺の抗弁について判断がなされた場合に、この判断に既判力を認めないと訴求債権の存否についての紛争が反対債権の存否の紛争として蒸し返され、判決による紛争解決が実質的に意味を失う場合があります。
そこでこの点も含めて紛争を一挙に解決する趣旨で、反対債権の不存在について判断(理由中の判断)にも既判力が認められているというわけです。
その典型例は、原告の金銭支払請求に対して被告が相殺を持って対抗する場合ですが、債務不存在確認請求訴訟において、原告が相殺を主張する場合や請求異議訴訟(民訴35条)において、原告が相殺を主張する場合には、「理由中の判断についての例外ー相殺の判断」が適用されます。
また反対債権は存在するが、相殺適状に達していないという理由で、相殺の抗弁が排斥された場合には、反対債権に既判力が生じることもなく、受働債権が不法行為債権であるために、自動債権の存否を判断することなく、相殺の抗弁が排斥される場合等(民法509条・510・511)も同様で、相殺の抗弁が時機に後れた攻撃防御方法であることを理由に、却下された場合、訴求債権が存在しないという理由で請求が棄却される場合も同様です。

2017/11/18 00:21:31

過払い金請求。
同金融業者で2つのカードを作りました。
一つは平成16年で完済し、過払い金が少し発生していました。
もう一つは現在も支払い続けてますが、過払い金が高額にありました。
平成16年で完済した方は10年以上経っているので過払い金請求出来ないのでしょうか?または現在まで続いている高額な過払い金のある方と合わせて請求可能なのでしょうか?もし合わせて請求可能なのであれば、引き直し計算する場合、平成16年から白紙部分の過払い金に対する利息はどうなるのでしょうか?無知ですが教えて下さい。
よろしくお願いします。

平成16年9月完済であれば、取引履歴請求とか入れると、間に合わないかも知れません。
平成16年の何月に完済か分かりませんので、何とも言えませんが、丸10年以上完済から経過していましたら諦めましょう。
>合わせて請求可能でしょうか?業者が違えば、請求も別々です。
任意整理を行えば、合算可能ですが、平成16年完済分が過払い返還請求が間に合いそうなら、先に過払い返還請求をされた方がよいです。
平成16年9月以降の完済でも時効は目の前ですので…。
そして、平成16年完済の業者の過払い金を利用して、現在支払い中の業者の残高を引き直し計算をされ、引き直し後の債務が既に完済された過払い金額より少ないなら、先に返還された過払い金も一時増額返済された後、債務不存在…残高0にで和解されては、どうでしょう?もし、それでも残高が残るなら、完済された後過払い請求はどうですか?

2016/8/13 17:15:11

同一金融業者で2種カードを作っていた片方が平成16年1月で完済しています。過払い金は現在の借入額より相当額上回ってますので、おそらく相殺しても過払い金は戻ってきそうですが、やはり小より大で取り戻したいですから…>

追突 相手弁護士が受任通知タイトル通りの物が来ました。
概要はセコム損保が仕事が遅く、とても腹立たしい事ばかりで、被害者請求にかえても、その書類を遅延させる等迷惑千万な行為を続けていました、相手に謝罪を求めても、ごまかし一手でまったく連絡しません。
あげく通院期間を決めるのは保険会社である自分達だとさも偉そうにいい。
冷静に、通院期間を決める事が出来るのは医師であり、私は医師の診断のもと診療に通っていると告げたところで、弁護士に依頼するとの事でした。
弁護士が出てくる事に一切問題は無いのですが、そもそも。
追突相手ノーブレーキの事案で、弁護士が出てきても、賠償額を下げる事は多少の物でしょう。
そんな多少のばからしい依頼を引き受けている弁護士もまともとは思えませんが、受任通知の文面に 債務不存在確認訴訟に触れる部分が有りました。
医療照会が保険会社の好きに出来ないからそのような文言になったのだと思います。
保険会社に提出した同意書には、多少文面に手を加えました。
医療照会するときは、被害者に確認の上了承を取る事、医療照会の上、必要書類を入手するときは、入手した書類を被害者にコピーを送る事です、こちらに確認さえ取れば、医療照会に同意しているにも関わらず、同意しなければ、上記の様な手続きを取って行くと言ってきました。
そもそも今現在治療中で。
医師も治療が必要だと判断しています。
自賠責に被害者請求していますので、診断書ももちろん出ています。
ただ一つしていないのは通院病院を任意には知らせていない事です。
治療途中でとやかく言ってこられるのがストレスなので、治療完了後、もしくは症状固定後連絡すると当初より言っておりました。
治療が3ヶ月経ってきて、あせったのか弁護士対応になっています。
弁護士対応になったからと言って、やり方を変える必要はあるでしょうか?追突の衝撃がひどく、先月より寝込む事が多く家事等侭ならない状態が続いています。
補足不同意だと言うご意見が有りましたので、補足致します。
必要な医療照会であれば、被害者に確認出来うるはずです。
同意していると保険会社の担当にも伝えています。
隠す事が無いのであれば、確認すれば良いのです。
被害者に確認が出来ないのは、不当な確認をする言っているのと同じだと思います?馬鹿な保険会社の担当より弁護士の方が楽だとは思っています。
訴訟になった場合、不名誉しかならないと・・・100%加害者過失なので。

損保会社で人身事故の担当者をしています。
>やり方を変える必要はあるでしょうか?全てはご質問者様次第だと思います。
ご質問文を拝見する限りでは「債務不存在(あるいは確認)訴訟」に発展する可能性を孕んでいます。
このまま「話し合い・交渉」を拒否していれば、相手側弁護士としてはそういった訴訟を提起する十分な理由が出来たところで訴訟に踏み切るでしょう。
正当な賠償範囲について、訴訟の場で明らかに出来るという十分な見込みがあり、訴訟に関わる労力を厭わないというのであれば、堂々と受けて立てば良いのです。
2009/7/22付のご質問を拝見すると、ご主人様の交通事故に関しても、相手側は弁護士対応にせざるを得なかったご様子です。
また、2011/10/26付のご質問では、お嬢様の交通事故についても、加害者側(保険会社)との交渉は難航しているような印象です。
さらに、2011/11/10付のご質問も拝見しています。
総合的に検討すると、ご質問者様の交通事故被害の経緯からして、保険会社との円満な話し合いや交渉というのは、ある意味で無理なのではないかと感じます。
訴訟で決着をつけるしかないというのが、個人的な印象です。
【追伸】私の回答は保険会社よりになっている可能性がありますので、他の方の回答も参考になさってください。
【補足】拝見いたしました。
保険会社に提出する同意書に加筆(または修正)をなさったことについて.....>入手した書類を被害者にコピーを送る事この部分↑は、私から見ても特に問題は無いと思います。
>医療照会するときは、被害者に確認の上了承を取る事こちらの部分↑が問題だと思います。
このような条件がつきますと、同意書を取り付けても意味がありません。
『同意』になっていないからです。
書面で「同意」を得ているのに、保険会社または加害者側弁護士が医療紹介をしようとした時点で、口頭レベルでその同意を取り消すことが出来るような「同意書」には、「同意書」としての意味がないのです。
>隠す事が無いのであれば、確認すれば良いのです。
おそらく加害者側(弁護士及び保険会社)も、ご質問者様に対して同じような気持ちを持っているはずです。
隠すことが無いのであれば、「同意書」の作成に条件を付ける必要などないからです。
双方、疑心暗鬼になって、話し合いをするための最低限の信頼関係が、残念ながら成立していないと思います。

2012/12/3 20:17:53

-債務不存在

© 2021 お金借りるならWebキャッシングって神話について