債務不存在

民事訴訟について質問です。会社と訴訟中です。こちらは未払い時間外...債務不存在

私は現在、交通事故の債務不存在の裁判を争っていいる途中の被害者なのですが、最近1月24日に判決がおりる前の最終の裁判を終えました。
、、、、この裁判は実は予定になかったはずの裁判で、その前の去年12月9日の裁判が判決が出る前の最終の裁判だったはずなのです。
、、、その時に急に新しい裁判が一回増やされ、今回の1月24日の判決の前の最終の裁判が決められてしまったのです。
、、、私はこの12月9日の裁判で私なりの主張をある程度訴え終えたつもりだったのですが裁判官が今まで言っていた予定を変え、急に相手側弁護士に「もう一回、判決の前に裁判を増やすのでその裁判を判決の前の最終の裁判としたいと思うので、相手側弁護士さん、もし主張があれば、さらにもう一度準備書面を出してください」と言いました。
それで今回の新しく増えた1月24日の裁判が決まったのです。
、、、それでこの度の1月24日のたった3日前に相手側弁護士は私と裁判所にその新たな主張の含まれた新たな準備書面を送ってきたのです。
、、、その相手側準備書面を読むと、案の定今迄と違う主張が含まれてあったのです。
、、、ただ、その相手側の文を読むなかで逆に、私はこれは私にとって良い事実の証明が出来ると思い、今回のその1月24日の裁判で私は裁判官に「原告側から新しい観点の主張が含まれているので判決のどれぐらい前迄に私の反論文を出せばよいのか」と聞いた所、裁判官は「判決が一ヶ月後にあるのでもうこれ以上の反論は受け入れられない」と言ったのです。
なので私は裁判官に「新しい観点からの主張が入っているのに、その原告側の文が私に送られてきたのが今回の裁判の三日前なんて精査さえ出来ない、反論が出来ないなんてこれでは原告側に一方的に有利になるので卑怯だ」といった所、裁判官は、「なら、原告側の新しい観点からの主張は取り入れないと言われました。
、、、、ただ、補足間違えました。
この文の続きは同日の18時35分の質問で補足しています。

裁判所 公正であるべきなのです。
反論できないと裁判官は言いません。
裁判所 勝手に裁判伸ばし反論準備書面 提出できます。
事実としたらいい加減な裁判官です。
検察・裁判所 形式裁判で闇に葬る事案沢山あります。
弱者庶民は法律プロに言われるとそうなのかとなってしまいます。
裁判所・検察は争そう事好きでないのです。
どちらが勝っても後味悪くなります。
裁判官・検査官 大半が2年前後で転属になります。
ようするに責任逃れなのです。

2017/1/27 13:43:44

有難うございます。この場合、私の反論文を出したほうが私にはよろしい出しょうか、ケースバイケースでしょうが、お考えを聞かせてもらえないでしょうか、よろしくお願いします。>

債務不存在確認訴訟って司法詐欺だったのね?そもそも「公式に債権の種別を明示出来ない債権債務では”取立てそのものが出来ないですからね”当たり前だろ」国保資金が税金と言うなら「税金債務を必ず全額支払いさせて、その上で行政処分不服審査請求です、でも”交通事故人身被害者の賠償金の一部である、健康保険事業立替医療費は、債権の種別を一切、絶対確定させません”初めから詐欺給付しっ放しで通すと、役人、保険者、法曹詐欺集団が犯罪談合してあるからですよ」出だしから公金詐欺給付を仕組んで有るのですよ、法曹詐欺権力と役人の間で「個人の交通事故賠償債権抹殺資金源とさせてあるのです”だから、税金で有る債権を、何の債権かから一切公式明示せず、詐欺給付して終わらせる目論見を持って、詐欺債務不存在確認訴訟!”に持ち込ませて通しているんですよ」債権の種別、健康保険医療費給付金の種別を「地方自治体、厚生労働省、保険者が”税金、税金と同等の公金”と、公式明示して、加害側にこの公金債務請求すれば、憲法規定から有るので、絶対全額支払いしなければならなくなるのです、その上で不服申し立てしか出来なくなるのですよ」つまり、債務不存在確認訴訟等と言う司法詐欺は成立不可能に、当たり前ですけれどなるのです。

過失割合が100:0以外のケースでは、健保組合の求償請求に係る欠陥を上手く利用していますよね。
この場合の第三者行為について、被害者側も加害者側も利害関係を共有してしまう制度上の欠陥に問題があると思います。
本来ならば、交通事故は自由診療以外に選択肢をなくすべきです。
この場合に被害者側が負担する診療報酬は、その医療機関の自由診療に拘わらず1点10円として計算し、当該交通事故の過失割合から健保適用した場合の負担分との差額を損害として認定すれば、公費を保険会社に流用されずに済みます。
何故、それをしないのか?ある意味、損保犯罪と言っても過言ではないでしょうね。
そればかりではなく、自賠責保険の民営化も損保犯罪です。
この結果、日本損害保険協会主導で食い潰され、財源が不足し増額となりました。
さらに労災保険事業も民営化させろと圧力を掛けていました。
被害者に対する公的給付と、損害の認定業務を完全に抑える作戦です。
本当に、どこまでも汚い。
呆れて開いた口が塞がりません。
残念ですが、この関連法案の見直しすら出来ないのが現状です。

2011/8/24 00:38:50

【民法】賃貸借契約をしていて相手が金を払わない場合、債務不履行によっても、不当利得によっても賃料請求できるのですか?ご教示よろしくお願いします。

こんにちは1 結論 賃貸借契約存続期間中の不払い賃金は債務不履行で、満了後は不当利得として、各請求することができます。
2 債務不履行 契約した債務を履行しない債務者に履行を求めるものです。
したがって、事前に契約(厳密にはそれだけではありませんが)があり、現在もその契約が有効であることが前提です。
3 不当利得 法律上の原因がないのに利益を得ている者に対する請求です。
したがって、契約上の債権が存在しているのであれば、不当利得になりません。

2017/1/15 11:08:41

不動産登記法 仮登記担保の清算金の通知の話清算金の通知は契約の相手方である債務者又は第三者に通知する(仮登記担保2条)の「第三者」とは後順位担保権者の事ですか?債務者と設定者が異なる場合は設定者には通知しないという事ですか

仮登記担保契約に関する法律第1条には、「この法律は、金銭債務を担保するため、その債務不履行があるときは債権者に債務者又は第三者に属する所有権その他の権利の移転等を目的としてされた代物弁済の予約・・・」とあります。
そして第2条に、土地又は建物の所有権移転を目的とする場合には、清算金の見積書を「債務者又は第三者」通知して2か月を経過しないと所有権移転の効力が生じない旨の規定があります。
ですから、この場合の「第三者」とは、目的不動産の債務者以外の所有権者のことだと思われます。
債務者自身が所有権者であるときには、第三者は存在しないことになります。

2017/3/17 00:17:46

武富士の債務不存在を1万円で和解、どう思いますか?武富士への98万円の残債が、引きなおし計算後に69万円になりました。
先日、69万円を一括で支払い、法律上は債務不存在なので解約を希望しました。
すると、個人情報に載せないので5万円支払ってくださいと言われました。
それには応じず、債務不存在の内容証明を送りました。
内容証明到着後に、今度は3万円でどうかと言われました。
それも払えないと答えました。
先方から、「では、上司にはまだ相談していませんが、1万円で和解ということではいかがですか?」と言われました。
「家族に相談したいので今は返事できません」と答えました。
先方から、「私もこれから上司に相談するので、明日、また電話します」と言われました。
明日、また電話がきて、1万円で和解するかどうかを答えなければなりません。
法律上は1円も支払う必要ないのだから!の一点張りで裁判するのが良いのか、8千円・・・5千円・・・と、少しずつ値切ってみるのが良いのか、いろいろと考え中です。
不謹慎ですが、妻から、「社会勉強のために裁判しろ!」などと言われています。
良いアドバイスをお願いします。
補足このようなケースは、印紙代などを含めて訴訟費用はどのくらいかかりますか?また、第一回期日前に和解して「手数料還付申し立て」をした場合、どのくらい還付されますか?合わせて教えていただけると助かります。

状況が不明なので、何とも言えませんが、「書面」を貰うべきです。
脅し行為とも取られかねません。
今時、本当にそのようなリスキーな駆け引きを武富士はしてくるのでしょうか?【補足に対して】「債務不存在」を主張されたいと思っているので、裁判がしたければ、「武富士」にさせるべきです。
その前に、「書面」ないし「録音」を取って、財務局金融庁に連絡してください。
前後関係など分からないので、一概なことは言えませんが、行政処分の対象となりうる場合があります。
また、提訴された場合の準備として、証拠固め及びそれなりの法律(判例)の知識を身につけて、理論武装してください。
値切ってくるということは、武富士としては、後ろめたい気持ちで、少しでも利益を上げたいだけです。
万が一、一審で負けたとしても控訴して、勝ち取れば良いだけと思います。
自分ならば、譲れる範囲は「1000円まで」です。
【追記】丁度、良いのがにあったのでリンクしておきます。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1245000932参考程度です。
あなたが提訴する気でいるならば、細かい事はご自身で調べてみてください。
煽っているのではなく、放置しておけばよいと思っています。
awpjmgaさんの仰る通り、1円でも超えていれば、過払です。
なので、提訴して来ないと思っていますが、提訴して来たら、返す刀で反論すれば良いだけと思っています。
頑張ってください。

2010/8/10 10:41:26

民事訴訟法の質問です。
甲から乙に対して提起した売買代金債務不存在確認訴訟の係属中に、乙が甲に対して同一の売買代金の支払いを請求する訴えを提起した場合、「これは二重起訴にあたり許されず、乙の訴えを不適法として却下せずに、裁判所は弁論の併合(152条1項)を命じるべきと考える」までは分かるのですが、「二重起訴の場合、後訴を棄却するのが原則であるが、本問の場合代金請求訴訟が棄却され、債務不存在確認訴訟が残ることとなるが、債務不存在確認訴訟が負けたとなると乙は改めて甲に対して代金請求することとなるので、本問では代金請求訴訟を残した方が合理的である」の、債務不存在確認訴訟が負けた場合になぜ代金請求訴訟を提起できるのか、既判力の有無も含めて分かりません。
どなたか民事訴訟法に詳しい方、よろしくお願いします。

「後訴を棄却する」という表現はおかしいですね。
棄却するなら請求です。
後訴すなわち訴えは却下します。
それはいいとして、前訴の債務不存在確認訴訟で原告が敗訴すると、「被告(乙)の債権が存在する」との判断に既判力が生じます。
そして、後訴の代金請求訴訟の訴訟物は前訴と同じ債権ですから、前訴と後訴の訴訟物は同一です。
よって、前訴判決の既判力は後訴に作用します。
しかし、後訴において、原告(乙)が、わざわざ「乙の債権が存在する」との前訴裁判所の判断を覆すような主張をすることはないので、既判力(遮断効)に抵触することにはなりません。
問題は、既判力よりも、訴えの利益です。
債権者は前訴で勝訴しているので、同じ訴訟物の後訴を提起することは訴えの利益に欠けるのではないかとも思えます。
しかし、債権を強制執行するためには、債務名義すなわち確定した給付判決が必要ですから、後訴で代金支払請求訴訟という給付訴訟を提起することは、債務名義を獲得するために必要であり、訴えの利益が認められます。
よって、「債務不存在確認訴訟が負けた場合に代金請求訴訟を提起できる」のです。

2017/12/13 23:23:48

本当にありがとうございます!>

民事訴訟法について質問します。
AがBに対して提起した貸金債務不存在確認訴訟の係属中にBがAに対して同一の貸金債権に関し貸金返還請求の別訴を提起することは二重起訴禁止にあたりますが、最判平成16.3.25では、「債務不存在確認訴訟の係属中に債権者から債務の履行を求める反訴が提起された場合、本訴である債務不存在確認訴訟は確認の利益を欠く。
」とあります。
貸金返還請求訴訟は二重起訴禁止にあたり提起できないし、債務不存在確認訴訟は確認の利益を欠くため提起できないことになってしまうように思います。
この二重起訴禁止と確認の利益との相違は何でしょうか。

別訴を提起することはまさに二重起訴にあたり、矛盾する判決が出るリスクがあるのでできませんが、反訴であれば同一訴訟手続き内で審理されるので矛盾する判決の恐れはありません。
で、この反訴について審理すれば貸金の存否は当然に審理されますから、債務不存在確認の訴えには確認の利益がなくなります。
反訴への認容判決で債務の存在が確認され、棄却判決で不存在が確認されるからです。
確認の利益が失われても原告に特段の不利益はないと思われますが、何が問題なのでしょうか。

2014/3/20 11:43:38

債務不存在....の回答では引き直し計算上、数千円(少額)の過払い状態にして債務不存在を業者と交渉するのがベストなんていわれてますが、理論的にはよーくわかりますが、現実的にはどうなのでしょうか業者も素直に認めずこじれて裁判になる?業者側から現金が出てくわけでないので以外にあっさり....どっちなんですかね 経験者の方のお話お聞かせ願います

1ヶ月ほど前にプロミスと0和解しましたよ。
過払い金が発生する金額までATMで返済し-580円になったところで、電話交渉しました。
プロミス側での貸付金は約60万あり。
一回目の電話はまったく相手にしてもらえなかったのですが、翌日また電話して再交渉したら、あっさりオッケーもらいましたよ。
その後、和解書も即送ってきました。

2011/3/9 02:50:54

交通事故で加害者から被害者に債務不存在確認訴訟を起こされて認められたら・・・・自賠責に被害者請求せいても判決日から先は1円も支払われなくなりますか?(無責ではない)

無責では無くて債務不存在が認められたと言う事は「既支払額以上は支払う必要が無い」と判事されたと言う事だと思います。
「支払う必要が無い」ので自賠責も支払われなくなると思います。

2013/11/25 19:19:32

民事訴訟について質問です。
会社と訴訟中です。
こちらは未払い時間外手当の支払いを求めて、会社は債務不存在を求めて双方、訴訟を起こし、同時に行うことになりました。
前回、会社に対して裁判官から、具体的な不存在の書類提出を指示がありましたが、まもなく期日ですが、書類が出てません。
こういうケースもあるのですか?当日に出してくることもありますか?

どうするつもりかは、その会社次第だろうけど、推測だと当日でしょうかね。
まもなく、ということは期日までまだ有余があるということですからね。
未払い時間外手当てが、どの程度の額か詳細もわかりませんが、会社が債務不存在を主張するくらいなら、たいした額でもなさそうなのかとも察します。
こんな事で裁判だなんてあまり聞きませんが…ことの発端は何か別のことだったのではないでしょうか。
その話をすり替えるために残業代をもらっていない、などとゴネ出すのはよくあるケースです。
その程度の争いならたいてい示談で終わります。
裁判にまでなっているのだから、相手が会社なら、その会社は名誉のために、色んな情報を集めているところではないかと想像します。

2017/11/20 18:55:18

300です。今週なのです。>

-債務不存在

© 2020 お金借りるならWebキャッシングって神話について