金利優遇

《のデマ》NHK受信契約は信用を測るためのバロメーターです...金利優遇

三井住友信託銀行と埼玉りそな銀行住宅ローンを上記2行で考えています。
どちらも変動金利で35年間短期プライムレート -1.6%の優遇金利が適用です。
この「短期プライムレート」の上がり方は異なりますか?現在とも両行2.475%が短期プライムレートですが、これが5年毎の変動率は異なるのかどうかを知りたいです。
例えば三井住友信託が2.575になって、埼玉りそな銀行が2.875に同時期になることはあり得るのでしょうか?

仕組みとしてはありですが、貸出金利(プライムレート)が高ければ企業は他の銀行に借りてしまうため、まずはあり得ないと思います。

2013/4/1 11:55:45

変動金利型の優遇後の金利について初めて住宅(中古マンション)というものを購入します。
借入額は3000万円。
変動金利型で35年返済を選択し、繰上げ返済をねらっていこうとほぼほぼ考えています。
ネット上の住宅ローン金利比較サイトをいくつか回ってみたのですが、おおよそ固定金利の比較しか載っていません。
事前審査を銀行のいくつかであたったところ、一番条件の良い銀行で優遇期間は通期の35年間、優遇金利は-1.5%(優遇後金利は0.975%)という条件を提示されました。
この条件は良い条件なのかどうなのか、変動金利型の優遇後の金利は大体こんなものなのか、いやいやもっと良い条件の銀行他のローン商品があるなど、よろしければご意見いただけないでしょうか?宜しくお願いいたします。

おそらくそれは大手都市銀行だと思われます。
全国的な銀行ではそれがベスト金利に近いと思われます。
ただその金利は短期間限定だと思うので確認して下さい。
確かに借入金3000万ですから変動金利型の方がメリットは大きいと思いますが1%前後の短期間の変動を選択するよりも1・7%以下の10年固定を選択するのも一つの手だと思うのですが10年間の支払い予定額と10年後の残高比較のシュミレーションで検討して見て下さい。
3000万の借入可能な人ですから年収も高めだと思いますので10年間で結構な金額が繰り上げ返済可能だと個人的には思います。
具体的には10年間で1500万以上の返済が可能なら10年固定で優遇後-1%のプランは結構あると思うのですが。

2009/5/12 18:11:20

30代後半夫婦 共働き 子供なし(欲しいと思っています)子供ができたとしても退職せず働き続ける予定で、昇給もコンスタントにあります。
マンションを購入しまして、今月実行されます。
住信SBIの35年固定(フラット35ではなく当初固定金利です。
)、団信、8大疾病保障無料付帯で提携優遇金利0.92でした。
世帯収入1100万円(お互い500-600万円)貯蓄900万円車2台保有 ローンなしマンション価格2500万円(首都圏郊外駅歩3分 3LDK)頭金0円夫婦ともに退職金制度ありの正社員会社に託児施設があり、保育園問題はありません。
主人の名義でローンも全額主人が借り入れました。
ローン、管理費、修繕積み立て、駐車場で月々9万円ほどです。
住宅ローン減税を活用するために頭金は入れず現金として手元に残し、11年目に500万円繰り上げする計画です。
余裕があればさらに繰り上げも考えています。
自分なりに勉強をして固定金利に決めたものの、知人や職場の人は皆変動で組んでいて、収入がそれだけあれば、可能性は少ないけど万が一金利が上がっても返済には余裕があるし、わざわざ最初から金利の高い固定にしなくても。
と言われ考え込んでしまいました。
住宅ローンで検索するとトップに出てくる情報サイトでも、変動金利推しの論調で、選択が間違っていたのかもと今になって揺れてしまっています。
確かに返済比率は低く、繰り上げ返済もする予定であります。
私としては、繰り上げ返済したとしても、返済期間は25年は超える見込み(定年前後)であること、変動より当然金利は高いものの、固定と変動の金利差は小さく、安心を買うという意味で許容できると考えて固定にしました。
世帯収入だけみれば余裕があると思われるかもしれませんが、実感的には慎ましやかに生活しており余裕があるというほどでもありません。
変動通期引き下げ0.545(自己資金20%以下)当初引き下げ35年固定0.92どちらも団信8大疾病保障無料付帯年齢、収入、借入額など総合して考えて、皆さんが私の立場ならどちらの金利を選んだか考察を聞かせていただけたらと思います。

私は固定を選んでいます。
変動を選ぶ人は、大体 金利だけで選ぶ人が多いようです。
変動金利は、金利が上がる場合 、不利、下がる場合、有利です。
上がっていく場合に選ぶのは、固定です。
ただし、短期間で返せる場合は、変動です。
今は、固定でもかなり低いです。
ローンの返済は、以下のルールがあります。
1.月々の返済額から、残高に対する利息を先に差し引く2.残った分を元金の返済に充て、残高が毎月減る変動金利には、以下のルールがあります。
3.金利は半年毎にしか変わらない4.返済額は5年間変わらない(これが厄介)ローンは、残高を0にすることがゴールです。
返済が大変になるからでしょうが、上記の4.が かえって厄介で、金利が上がっても返済額が変わらないと、元金返済額が減ってしまいます。
そうなると、後の方に"ツケ"が回ってきて、返済が大変になります。
残高を減らしていく中で、不足分が発生すれば、最終回で残りの全額を払うことになります。
これが逆に、金利が下がる場合は、反対になる訳です。
あと、金利が0.92%だと、11年目に繰上返済するのと、早めに繰上返済するのと、殆ど変りません。
2年目の1月目に50万、3年目の1月目に50万、4年目の1月目に50万~11年目の1月目に50万(合計500万)と繰上返済した方が、住宅ローン控除をマイナス計算して支払額を合計すると、僅か(18千程)ですが、早めに繰上返済した方が得するようです。
11年目の1月目に500万繰上返済すると、27年9か月で完済、上記のように、50万ずつ10回に分けると、27年5か月で完済。

2016/10/15 00:34:58

恐らくこれは、銀行員、或いは銀行の有識者向けへの質問となります。
フリーランスのローンについて。
フリーランスがローンする場合、一般的には3年間の収入証明を提出し、安定していることを証明しなければ稟議が通りません。
また、金利も高めに設定されると思っています。
これは、借入額を越える金融資産担保がある場合でも同様でしょうか?預金や株式等有価証券を担保として差し出す場合です。
イメージは・借入先の銀行・金融機関に証券口座を保有し、借入額を大幅に越える現預金・有価証券を保持しておきます。
・担保の差入によって、その口座の一部は資金拘束されますが、口座の総額が担保価格以下とならない範囲内で証券取引を継続する。
・万が一デフォルトした場合には担保を差し出す。
その他、フリーランスで稟議を通す、良い条件で借り入れできる方法があれば、ご教示下さい。
節税してる(勿論正当な手段で)ので、収入証明上の額面は少ないのも気になります。
借入額の上限が低くなるのではと。
あとは、借入先の銀行に証券口座があり、残高や取引額が多ければ金利優遇されたりしないですかね?以上、宜しくお願い致します。
補足当方は、銀行の信用リスク管理システムの開発担当なので、ある程度銀行知識はあるのですが、稟議専門ではないので決裁条件はイマイチ疎く、、、宜しくお願い致します。

当行では定期性預金を担保にした借入申込はほぼ認可される。
金利は別。
そのかわり銀行に断りなく解約も払い出しもできない。
認可されない場合は風俗営業や暴力団関係、常識から外れた融資。
流動資産の担保設定は不可能。
フリーランスが借りやすくなるためには毎期利益計上は当然のこと、試算表・資金繰表・事業計画等をしっかりと作成提出、資金の流れを明確にし過度な節税は行わない。
事業の成長性、安定性など融資5原則は基本。
事業規模に応じた金融機関選びを行う。
年商10億円以下ではメガバンク、有力地銀では相手にされないため重要顧客として扱ってもらえる地銀・信金を利用。
昨今話題の事業性評価というものも利用してもらう、しやすくすることが肝心。

2017/7/15 10:50:32

住宅ローンについてご意見お聞かせ願います。
現在4000万円の借り入れを検討しており、不動産仲介会社に銀行への査定をお願いしたところ、三井住友信託銀行で変動で店頭金利2.475%から▲1.7%の優遇がつきました。
と連絡がありました。
他のメガバンクは▲1.6%のため、三井住友信託銀行を勧められます。
やはり三井住友信託がベストでしょうか。
また変動がよいのか、固定、ミックスがよいのかもご意見頂きたくよろしくお願いいたします。
*ネット銀行の検討は考えておりません。

変動金利であれば、三井住友信託は、金利面でもサービス面でも、かなり良い選択だと思います。
特に、『自動返済』という繰上返済システムは、個人的には非常に優れていると思っています。
旧・住友信託のサービスでしたが、評判が良いためか、旧・中央三井信託でも利用できるようになりました。
詳しくは、下記を参照なさって下さい。
www.smtb.jp/personal/loan/house/stb/payment/automatic.html金利面では、メガバンクとの0.1%の差は、金利が変動しても縮まらないと考えられます。
なぜなら、メガバンク及び三井住友信託銀行の変動金利は、ともに政策金利に間接的に連動しているからです。
固定やミックスがどうかは、収支バランスなど別の要素が絡んできますし、判断には主観的な要素が大きいので、言及は避けたいと思います。
ただ、1つ言えるのは、固定金利は、変動金利と違って、各行でかなりバラツキがありますし、契約する月によってもどこの銀行が有利かは違ってきます。

2012/5/18 19:02:37

住宅ローンの変動か、固定と変動のミックスかで悩んでいます。
現状検討しているのは●三井住友信託 0.775%の変動金利で100%●三井住友信託の30年固定で優遇あり1.95%、変動0.775%の50%/50%ミックス●フラット35の35年固定で1.99%(当初5年は0.3%優遇)、UFJの変動 0.875%の50%/50%ミックス金利は全て1月時点です。
フラットとのミックスはUFJの金利が一番有利でした。
ボーナスにて繰り上げ返済を予定しており、30年程で完済予定です。
繰り上げ返済で変動分から減らしていきます。
フラット9割/銀行1割も検討した上で月々の支払いの関係もあり、現状この3件に絞りました。
フラット35の金利が12月→1月で0.1%上昇しました。
住宅メーカーの営業に尋ねた所、自民党政権の金融政策への期待感から、とのこと。
変動金利は上昇していないので、尋ねたら、銀行の変動金利とフラットのような長期金利はそもそも連動するものが違うとのことつまり、金融政策や、ギリシャのような国の破綻が起こった時には長期国債の金利が上昇するが、それに連動するのは長期固定であって、変動金利は連動しない変動金利が現状の固定の金利まで上昇するような状況は景気回復なしには可能性が大変低いとのことでした。
そこで、改めて総支払額を計算した所、現状の金利水準で推移すれば、変動100%とミックスでは最低500万程の差額が生じてきます。
それならば、現状変動金利で100%ローンを組んで、金利の動向を注視し、5年ごとの金利変更時期に借り換えなどの検討をするもし固定とのミックスで組んでいたら、支払っていたであろう、月額に直すと8000円程の差額は金利上昇や借り換える時の手数料のためにプールしているようなイメージで生活するのが良いのではないか、と考えたのですが、間違っている点やアドバイス等がありましたらお願い致します。
ちなみに半々で組む場合は三井住友信託の30年固定との分が良いと思っています。
団信がいらないためです。
・・・しかし今打っていて気がついたのですが、同じ銀行で固定と変動でミックスすると、繰り上げ返済を変動分に優先的に繰り入れていって、変動分から減らしていくということはできないのでしょうか・・・。
そうやってリスクヘッジしようとしていたのですが・・・まとまっておらず申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。
補足年収が抜けておりました。
ローンは主人名義で組む予定ですが、主人の年収550万程です。
また今私は育児休業中ですが、5月復帰予定ですので、復帰後は年収250万程度プラスされる予定です。

まず質問者様は、金利の動向の理解において決定的な判断ミスをされています。
金利ですが長期金利(国債の価格等と連動)が最初に上がって行きます。
これはそのまま住宅ローンの固定金利やフラットの金利に上昇を招きます。
変動金利はそれから6ヶ月以上、へたをすればマネーがジャブつくこれからの金融政策によって、金融危機が勃発するまで上がらないかもしれません。
ここで問題なのは変動金利が上がってきたから固定金利に変更するという安易な発想です。
もちろん固定金利への全額借り換えシミュレーションを常に行っていたとしても、一般的に変動金利が上がってきた時には固定金利は遥か上まで上昇していて借り換え時の審査が下りない可能性があるということです。
私はこの点に不安を持ち、昨年9月に変動→全額フラットに借り換えしました。
借りていた変動金利とはわずか0.5%しか差がなかったですが、2500万20年で月額にして2万円ほど増額になりました。
これがもし金利差が2%3%となっていたら、変動で審査が下りた方のほとんどは借り換え審査が下りずにそのまま変動を続けることになり最終的に元本が減らずにローン破綻となる可能性が高いと思います。
金利は、現在は過去最低と思ってください。
もちろん今後マイナス金利政策がとられればさらにもう一段下がる可能性はありますが。
フラットなどの固定金利と変動金利の差は今は少ないので、その金利差は保険と思ってフラットにすることをおすすめします。
銀行などの金融機関が変動金利を勧める理由は、金利が低いので当面の支払額が抑えられて審査を通しやすく、貸し出し金利も変動ということは銀行側は金利リスクはすべてローン債務者に被せることができるからです。
これからアベノミクスで物価上昇、それにつれて金利が上がると言われている中で、銀行が長期の金利を固定して貸すのは逆ザヤになるリスクをもっており、銀行としても固定金利は借りてほしくないというのが本音なのです。
くれぐれも銀行などの金融機関の甘い言葉に乗せられて安易な変動ローンを組むと、将来にわたって不安を残す結果となりますので可能な限り固定金利(フラット)をおすすめします。
私は金利は物価より概ね1%程度上がると予想しますので物価が2%上昇目標なら3%の金利となるので、そうなれば多くの変動金利住宅ローン債権者の破綻が社会問題になってくると思います。
(サブプライムローン問題のように)

2013/1/20 08:30:29

特別優遇金利3年物、500万以上で金利0・5パーセント今の状況からしてかなりいい条件ですか?

凄く良いです!今の金利、3年の定期で、0.025%です。
私も、教えて欲しい(≧∇≦)ただ、元本保証されている商品ですか?信頼できる先ですか?大切なお金を預けるのですから、それが一番肝心で、大事だと私は思います。

2016/3/14 17:56:23

地場銀行の住宅ローンの変動金利(固定金利でも言えますが)についてお尋ねします。
例えば、A銀行では店頭基準金利が3%で1.5%優遇、B銀行では店頭基準金利が2.5%で1.0%優遇といった感じで、そもそもの店頭基準金利や優遇幅に違いはあるものの、最終的な金利はほぼ同じ住宅ローンが存在します。
これは銀行の資本力(?)などで違うのかな、とか勝手に解釈していましたが、実際のところ何でしょうか?また、この違いは銀行を選ぶ際にどちらがいいとかの基準になりますか?

比較する基準にはならないと思います。
1.5%の金利優遇が使えないほど内容が悪い方は除いて、出来上がりの金利が全てです。
そこを気にするより、これまでの変動金利の推移を見たほうがいいですよ。
同じ変動金利という名前でも、本当によく変わる金融機関とそうでない金融機関の安定感は大きいと思いますよ。

2011/2/25 21:02:35

住宅ローントラブルの件で質問お願いします。
昨年借換をし、金融でも一番低金利で借りることができました。
ここまでは良かったのですが、65歳まで完済できるようにと言ったのですが、月単位で書かれていて72歳完済なことに一年たって書類をみたら気づきました。
変動金利なので今のところ助かっており、これならと車も買い替えてしまいかなりショックです。
これは、銀行員に言っても言った言わないの世界ですし、ハンコもついてしまったので苦情は通りませんよね。
かと言って繰り上げも今はできません。
今の金利でも65歳に縮めるには900万返済しなければいけません。
将来的にあてはありますが、もっと良い方法はないでしょうか。
家族構成は主人、子供1人とわたしです。
金利は0.4です。

お書きになられている通り、金消契約に実印をついてサインされてるので、今の状態ではどうしようもありません。
金利0.4%はかなりの金利優遇を受けておられると思いますので、このまま10年、住宅ローン控除を受けてから繰り上げ返済をされた方が得策です。
借り換えするという手もありますが、借り換えすると手数料や借換の違約金やらで損する可能性がありますので、ここは返済期間が伸びた分、月々の返済額が楽になった分貯蓄して11年後に繰り上げ返済しましょう。

2017/1/18 13:35:44

《のデマ》NHK受信契約は信用を測るためのバロメーターですか?現在では住宅ローンのチェック項目にNHK受信契約の有無を入れている金融機関もあります。
☆NHK受信契約は人間の信用を測るためのバロメーターです。
などと書込みを観るのですが、具体的に住宅ローンのチェック項目にNHK受信契約の有無を入れる金融機関って有るのでしょうか?デマを書き込むなら、審査用紙やHPなどのリンクを御教授下さい。

あくまでも私が体験した例と、その感想を述べたいと思います。
私は約10年前、中古物件購入の際に、地元の信用金庫から住宅ローンの借り入れを行いました。
物件購入後、私は実家を出てそこに住む予定であり、現在はそこが自宅となっております。
さて、ご質問の件ですが、私とその信用金庫の場合、NHK関連の審査は一切含まれませんでした。
純粋に所得と職業、職歴等の審査だったと思います。
ただ、他の公共料金と同様に、NHK受信料をローン返済の口座から引き落とす手続きをすれば、金利を優遇する旨説明がありましたが、あくまでも金利優遇であり与信(受信料を払わない→金利が上がる)ではないとの事でした。
これが嘘なら、その信用金庫はとっくの昔つ潰れている筈ですが、今も普通に利用していますし、先日も残高不足や金利優遇の連絡があったばかりです。
NHK盲信者って、信用ある金融機関まで陥れようとするんですね。
そいつの方こそ信用できないよ、人間として。

2015/3/19 03:41:23

最近の彼女のでっち上げ投稿は、痛いのを
通り越して恐怖を感じます。籾井会長の
タクシー問題についても、有りもしない
会長襲撃を理由にセキュリティの高いハイヤー
を使うと正当化する誇大妄想者だからな怖いわ>

-金利優遇

© 2020 お金借りるならWebキャッシングって神話について