金利優遇

住宅ローンを組む銀行について 新築を建てるに当たって今、みずほの仮...金利優遇

特別優遇金利3年物、500万以上で金利0・5パーセント今の状況からしてかなりいい条件ですか?

凄く良いです!今の金利、3年の定期で、0.025%です。
私も、教えて欲しい(≧∇≦)ただ、元本保証されている商品ですか?信頼できる先ですか?大切なお金を預けるのですから、それが一番肝心で、大事だと私は思います。

2016/3/14 17:56:23

地場銀行の住宅ローンの変動金利(固定金利でも言えますが)についてお尋ねします。
例えば、A銀行では店頭基準金利が3%で1.5%優遇、B銀行では店頭基準金利が2.5%で1.0%優遇といった感じで、そもそもの店頭基準金利や優遇幅に違いはあるものの、最終的な金利はほぼ同じ住宅ローンが存在します。
これは銀行の資本力(?)などで違うのかな、とか勝手に解釈していましたが、実際のところ何でしょうか?また、この違いは銀行を選ぶ際にどちらがいいとかの基準になりますか?

比較する基準にはならないと思います。
1.5%の金利優遇が使えないほど内容が悪い方は除いて、出来上がりの金利が全てです。
そこを気にするより、これまでの変動金利の推移を見たほうがいいですよ。
同じ変動金利という名前でも、本当によく変わる金融機関とそうでない金融機関の安定感は大きいと思いますよ。

2011/2/25 21:02:35

住宅ローントラブルの件で質問お願いします。
昨年借換をし、金融でも一番低金利で借りることができました。
ここまでは良かったのですが、65歳まで完済できるようにと言ったのですが、月単位で書かれていて72歳完済なことに一年たって書類をみたら気づきました。
変動金利なので今のところ助かっており、これならと車も買い替えてしまいかなりショックです。
これは、銀行員に言っても言った言わないの世界ですし、ハンコもついてしまったので苦情は通りませんよね。
かと言って繰り上げも今はできません。
今の金利でも65歳に縮めるには900万返済しなければいけません。
将来的にあてはありますが、もっと良い方法はないでしょうか。
家族構成は主人、子供1人とわたしです。
金利は0.4です。

お書きになられている通り、金消契約に実印をついてサインされてるので、今の状態ではどうしようもありません。
金利0.4%はかなりの金利優遇を受けておられると思いますので、このまま10年、住宅ローン控除を受けてから繰り上げ返済をされた方が得策です。
借り換えするという手もありますが、借り換えすると手数料や借換の違約金やらで損する可能性がありますので、ここは返済期間が伸びた分、月々の返済額が楽になった分貯蓄して11年後に繰り上げ返済しましょう。

2017/1/18 13:35:44

新規に組む住宅ローン金利って毎日変動しているのですか?

(1)各銀行とも、金利は月1回発表することが多く、つまりは月ごとですね。
ただ、そんなに頻繁に変動する訳でもなく、2~3年変わらないところもあれば(例えばイオン銀行)、今年急激に下げたところもあります(例えばじぶん銀行)。
(2)表面金利(適用金利)=基準金利+優遇金利なのですが、最近急激に下げた銀行は、優遇金利を下げた場合が多く、つまりは、以前から借りていた人は、契約時の金利(優遇金利)が適用されるため、影響を受けません。

2016/10/28 23:20:59

住宅ローン事前審査で金利タイプを変動金利型で申し込み、審査通過したのですが、超長期固定(35年固定)も選択肢にあり、本審査で金利タイプを変更する事は可能でしょうか。
補足変動金利に対して事前審査で金利優遇も適用されているのですが、本審査で超長期固定に金利タイプを変更しても、金利優遇は適用されるのでしょうか。

本審査で変動から固定に変更するのは可能ですが、審査金利が変わり、返済比率がギリギリの場合は否決や減額になるケースがあるかと。
変動も固定も同じ審査金利なら問題ないですし、貴方が余裕で通っていれば問題ないです。
金利優遇は固定と変動で異なる場合が多いですよ。
一番よいのは銀行で、ここで質問した内容を質問すべきです。
以上、地銀のローンセンターに勤務する現役でした。

2017/8/30 01:07:05

早急にアドバイスをお願いします。
住宅ローン借り換えについて質問です。
現在、借入金額2900万円、金利1.95%の10年固定。
全借入期間35年のうち、5年は支払済み。
11年目以降は0.7%の金利優遇あり。
という状況です。
金利が低いいま、借り換えするメリットはあるのでしょうか?ちなみに検討中のローンは、借入金額2600万円、金利1.78%の10年固定借入期間は29年10か月、11年目以降は1.0%の金利優遇あり。
というものです。
借り換えにともなう、手数料および保証料は約90万円です。
これからの金利上昇にそなえ、低金利の期間を長くしたほうがいいのかと思うのですが、この考えは正しいのでしょうか?どなたか知識のあるかた、教えてください!

金利の差が0.17%では借り換えるメリットが無いと思います。
質問文にある条件だと、この先10年間の毎月の支払額の差が2000円以下ですよね。
その為に90万円かけるとなるとマイナスです。
確かに10年目以降の金利優遇は違いがありますが、借り換え費用を考えると元を取れるかどうか疑問です。
一般的には金利が1%以上違う場合に借り換えのメリットがあると言われています。

2013/6/10 09:53:58

マル優はなぜ金利優遇の商品やプレゼントの対象外!郵貯の年金受け取り新規で+0.10%smbcは初回に限り10万円3ヶ月もの定期定期預金の店頭表示金利+1.00%マル優を使い優遇商品を申し込むことはできないことが多い。
マル優が使えて高金利の銀行は現在はない。
店頭表示金利にしかマル優は使えないことがほとんどで、店頭表示だと非常に低金利。
マル優のメリットはあまりなく、マル優無は1円以上国税が源泉徴収される預貯金が分離課税、端数整理の結果源泉徴収ができない預金が総合課税で各種収入認定の対象、マル優有は350万円まで非課税で生活保護法を除く収入認定の対象外!要は、年金120万以下もらっている老人が12円利息が発生したら市営の減免から外れるからそういうのでマル優または決済預金を使っている人はいますという回答。
利息が1円ついたら所得オーバーで各種助成の対象外になってしまうことがある(非常に稀ですが)のでマル優の制度を使う人がいるだけで、儲けるためには向かないということですか要するに二重取りはできず、郵貯は特に国営なので税金を取れない人に金利優遇はしないということですか

営利企業だからです。

2014/10/5 08:35:56

日銀の金融政策における政策金利の推移についてお伺いいたします。
よそ様のトピで討論するのはいかがかと思い、個別で建てさせていただきました。
t22102137さんはdetail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1214097975...での回答において、>今はアメリカの景気が良いからです。
アメリカはゼロ金利政策を続けていて、6年目になるのです。
日本は黒田総裁が始めたばかりです。
アメリカの景気が良いから、対円為替でドルより円が安くなったのです。
と回答されております。
私の記憶違いでなければ、世界中の報道機関において日銀の政策金利は長い間ゼロ金利政策を執っていると記憶しております。
t22102137さんは日本のニュースペーパーを読んでいるから正確な情報が得られていないとご指摘されておられますが、私が認識している日銀の金融政策の推移に関しては間違った情報なのでしょうか?もし日銀が2013年に黒田総裁が着任するまではゼロ金利政策ではなかったというのであれば、参考となるニュースソースを教えてください。
もしハドソン研究所の研究論文にて日銀は黒田総裁が着任するまではゼロ金利政策ではなかったという研究論文があるならば、その著者の名前を教えてください。
些細な事に対して粘着していると思われてしまったならお詫びいたしますが、やはり為替だけではなく世界中が意識している日銀の政策金利ですので、こういった誤解を及ぼす表現は控えるべきだと考えております。
なお、為替変動の要因としては他の要素も多分に含んでいると思いますので、為替変動の原因がシェールガスなのか景気なのか実質金利差なのかはご解答頂かなくても結構です。
論点がズレてしまったり、肝心な政策金利の推移の回答がボヤける恐れがあるためです。
よろしくお願いいたします。

私の考えでは有りませんから、ゼロ金利政策というのは概念的表現です。
低金利政策を意味します。
日銀が低金利政策を黒田総裁就任前より採っていた事は勿論承知の事でしょう。
黒田総裁はそれを量的に多くしたもので、出来る事はなんでもするという金融政策の意味と理解しているのでしょう。
したがって、米国の経済学者の見方としては、黒田総裁の金融政策は始まったばかりその結果はまだ先にあり、現在の円安はその効果の一部と見ているのでしょう。
それと関連して安倍政権の経済政策も黒田総裁の線に沿っているものでしょう。
始まった通常国会で補正予算を早期に通したいという思いから、安倍総理は所信表明演説を先に延ばし、麻生副総理権財務大臣の演説を先にしたのはそれを表わしているものではないでしょうか。
米国の低金利政策は、オバマ政権の低所得者を優遇する政策の結果でしょう。
だから先の中間選挙で民主党は完敗したのです。
金利を上げたいという機運は選挙結果にも現れているものです。
旦那さんの政策を踏襲しないとするヒラリーさんの人気はもう無いのです。
金利を上げて欲しという投資家の殆んどは共和党支持なのです。
しかし、低金利から高金にすることは、金利を下げる事より難しいのです。
金利を下げる事は言ってみれば簡単なことなのですよ。
上げる方がどれだけ大変なことか、それが分っているかどうかということです。
貴方の質問にたいして合っているかどうかは分りませんが、回答としてはこれまでです。

2015/1/27 15:43:36

 t22102137さんのお考えが良く判りました
 つまり
・ゼロ金利政策は概念的なもの
・買いオペも含めた金利抑制効果もゼロ金利政策の一部
・以上の事から黒田日銀からゼロ金利政策を行ったという意図は、黒田日銀時代から量的緩和の規模を拡大した事を指している
 というように理解させていただきました
 貴方のお考えではないという文章の意図が理解できませんが、貴方はQQEが最近始まったという認識のようですね
 QQEとしては黒田日銀からの金融政策ですが、QE政策そのものは白川日銀時代から大規模に行われている事を指摘させて頂きます
 貴方の情報源がノーベル賞も受賞する程の素晴らしい研究者の方がいらっしゃるのかもしれませんが、QQEやQEの事をゼロ金利政策と呼ぶ人は金融界には皆無です
 量的緩和の目的は金利だけじゃなくマネーサプライも目的とするので、量的緩和は金利政策も含めた政策であって、金利を目的とした政策ではないという点も指摘させて頂きます>

住宅ローンの金利優遇について質問です。
8年前に横浜銀行で変動金利、-0.5%の優遇で借り入れし、現在1.975%です。
現在の優遇金利はどこの銀行でも-1.5%はあるようです。
そこで質問なのですが、①銀行の優遇金利は変えられると聞いたのですが本当でしょうか?②また、変えられるとして、銀行に言わないとそのままなのですか?③変動でこの金利は高いですよね?ちなみに借金残が2300万円、公務員で年収800万くらいです。
解答よろしくお願いします。

確かに、現在 金利は、低いですね。
優遇金利幅ではなく、優遇されて、適用実行金利が重要です。
店頭基準金利は、金融機関で多少違い、優遇幅で、比較してはダメです。
適用実行金利です。
借り換えの考査条件に、該当しますね。
①金利差、現行と目的金利→1%の開き。
②契約期間、残り期間 10年ありますか。
③残高金額1000万円。
あなたの残高は、2300万円の為。
考査基準に該当しますね。
よって、残の契約期間が わかりませんが、2300万円で、1.975%、20年としての利息は、4859331円となります。
適用実行金利が 0.975%に なりますと2324522円となります。
お得が、約250万円となります。
借り換え諸経費として、約50万円となります。
ちなみに、当初あなたが契約した契約は、期間指定優遇で終了後、優遇幅が少なくなる内容ですね。
期間での優遇をすでに実行され、恩恵を受けています。
現行の金融機関でのレートの変更、契約条件の変更には、それなりの資料準備が必要になりますよ。
仮に あなたが借り換えをした場合の他行の試算資料が必要です。
それをご覧の上、現行金融機関での相談をしては、どうでしょうか。
きっと条件が変わります。

2011/12/31 15:26:17

住宅ローンを組む銀行について新築を建てるに当たって今、みずほの仮審査中です。
銀行によって金利って違いますよね!できるだけ支払額を減らしたく調べたら、みずほは金利優遇で1.475%で一番安いのは新生銀行1.1%でした。
新生銀行は繰り上げ返済手数料も無料、保証料も無料その代わり、事務手数料が5万円くらいかかるみたいです。
3000万で35年ローン組む場合どちらがいいでしょうか?素人考えでは新生銀行のほうが断然手数料も金利も安くなるので新生銀行だなぁと思うのですが、なにか、裏がありそうな気がして。



金利優遇にもさまざまなパターンがあります。
1.35年間ずっと店頭金利から-1.4%してもらえる場合。
(変動金利や固定金利に何回切り替えても)2.当初○○年間はマイナス-1.5%、それ以降は-1.0%(最初の○○年間より金利優遇幅が低くなる。
)3.35年間ずっと店頭金利から-1.4%だが変動金利に限るとかいろいろあります。
ちなみに金利の優遇%はわかりやすいように入れただけなので、借りる方によって変わりますのでご注意ください。
まずは詳しくみずほ銀行と新生銀行の金利優遇についてどうなっているのかを確認してみて下さい。
わかりにくい文章ですみません。

2010/7/16 10:37:27

-金利優遇

© 2020 お金借りるならWebキャッシングって神話について