金利優遇

優遇金利について 住宅ローン この前新築戸建を探しに、不動産屋に行...金利優遇

住宅ローンの支払い増加について。
フラット35を新築優遇金利5年間満了に伴い、毎月の返済額が5000円位増加します。
そこで、一部繰上返済をするか、借り換えをするか考えております。
毎月の支払いを減らしたいです。
併用で借り入れしていますが、繰上返済をする場合は、どちらかに100万円の予定です。
ご教示の程、お願い致します。
フラット35繰り上げ返済後残高 26230000円全期間固定3.05%約4千円減みずほ残高4122415円変動0.975%3220円減アベノミクス効果で金利の上昇が気になりますので、変動を減らした方がいいとおもいましたが、固定の高い金利も気になります。
借り換えるにも、保証料等が50万円位別途かかるのではないかと思うのですが、みずほの35年固定2.15%を提案されております。
どうぞ宜しくお願い致します。
補足ご回答ありがとうございます。
もし借り換えをする場合は、繰り上げ返済する前に借り換えをした方がいいでしょうか。

>アベノミクス効果で金利の上昇が気になります新聞・テレビでの報道の仕方が悪いのですが、金利が上昇しているのは「長期」の金利(住宅ローンでいうと、固定金利)です。
変動金利は「短期」の金利を基準にしていますが、「短期」金利は低いまま安定しています。
まず、繰り上げ返済の件ですが、2つの借入の金利差が1%以上あるのと、変動金利が現状すぐに上昇するとは考えられないので、金利の高いフラット35の返済に充てた方がいいと考えます。
また、フラット35の借換の件ですが、諸費用は確かにかかりますが、借換後も全期間固定金利で支払総額が確定でき、約1%も金利が引き下げられることを考えれば、借換を積極的におすすめします。
以上、ご参考まで。
【補足へのご回答】繰り上げ返済に手数料がかからないのであれば、すぐにでも返済された方がいいと思います。
面倒であれば、借り換えするときに、繰り上げ返済して、借り換え金額を少なくしてもいいと思います。

2013/6/15 22:08:07

住宅ローンの本審査について。
主人の会社が提携している銀行で住宅ローンを組むとMAXの金利優遇が受けれます。
なので、その銀行で申し込みをしようと思って必要書類を不動産会社に要求したところ、こちらで銀行に行って申請しますよ?とのことでした。
しかしながら、主人が一度は銀行へ行って意思確認しないといけないですし、近所の支店に口座を作ったりもしたいので、どうせ銀行へは行かなきゃいけないので、自分たちでする方がいいし、相談した近所の銀行支店の担当もそのように言ってます。
どっちがいいのでしょうか?

住宅ローンの窓口は、住宅ローンセンター部門になります。
どの程度の銀行なのかは不明ですが、都市銀行の場合は、必ずと言ってよいほど、このようなセンターシステムが存在しています。
その住宅ローンセンターの窓口は、法人に対してのケースが大半なので、購入先の不動産業者や住宅メーカーの営業マンからの紹介になります。
紹介された住宅ローンセンターの営業マンが顧客と直接話をすることも可能ですから、都市銀行のケースは、業者を介して、担当者と直接話をすればよいでしょう。
地銀や信用金庫のケースは、このような特別な部署が存在していないケースが大半ですので、その銀行支店の住宅ローン窓口担当者との話になります。
しかし、購入さきの営業がいる場合は、その営業を使って銀行窓口との面談の機会を作ってもらう方が面倒なことが少なくなります。
銀行が必要とする資料は、相談者単独では用意することができませんので、資料の間違いを少なくするためにも、提出元である不動産業者や住宅業者の営業マンを使うのは、間違った方法ではありません。
しかし、いずれの場合でも、業者任せにすると大きな問題を生じさせることも事実です。
担当する営業の資質や能力にもよりますが、仕事として責任をもって対処していないケースも多々見受けられますので、必ずご自身が動くための駒としての役目を果たさせるようにしましょう。

2016/11/12 13:07:07

1000万円たまったら銀行で特別待遇うけれますか?

●大抵の銀行は、「1000万円以上を一括で定期預金にする」と「大口定期預金の利率」が適用されます。
ただ、現在は「低金利時代」の為、普通の「定期預金」と、さほど変わらない金利です。
(例えば、三井住友銀行では、「スーパー定期(300万円未満の標準金利)」も「大口定期(1000万円以上の標準金利)」も、同じ利率になってる)●「3000万円以上」あるなら、「あおぞら銀行」の「あおぞらプレミアムパートナーシップ」で「振込手数料無料サービス」とかあります。
(詳細は、銀行のHPで確認してください)●「5000万円以上」あるなら、「三菱UFJ信託銀行」の「エクセレント倶楽部」で「ロイヤルクラス」になれるから、「毎年、誕生日にピーターラビットの粗品」をくれるようになれます。
(詳細は、銀行のHPで確認してください)■現在、5月ということで、そろそろ各銀行で「夏のキャンペーン」が始まります。
「特別待遇」という訳ではありませんが、「一定の金額以上(例えば300万円以上とか)の定期預金をすると金利が優遇される定期預金のサマーキャンペーン」なら、探せばあると思いますよん。
(最近は「金利優遇」ではなく「抽選で粗品を貰える」とい銀行もあります)※「夏のキャンペーン」は、「夏のボーナス時期」にだいたい開催されるので、大抵は「8月末まで」と期間が限られています。
銀行によって、「条件」が異なりますので、ご自分でHPなどをご確認ください。

2018/5/20 03:09:31

住宅ローンの審査について教えて下さい。
現在35年ローンの10年固定、金利2・1%です。
金利が高い為、数年前に借り換えの審査をしましたが落ちました。
恐らくクレジットカード延滞が理由だと思います。
携帯料金の引き落としが出来ず、払込用紙が届いてから支払いをするといった事が何度もありましたので。
その場合、現在の銀行に借り換えの話をして金利引き下げの交渉をすると、他銀行の審査に落ちたと言うことは分かってしまいますか?もし分かってしまうとしたら、引き下げの交渉をしても無理ですよね?寧ろ借り換えの話を出さずに引き下げの交渉?お願いをした方が良いのでしょうか?来年の春に10年固定が終了しますが、その際に金利引き下げの交渉をしたいと思ってるのですが、いかがでしょうか?

数年前なら、分かりません。
固定終了時に交渉するのはイイですが、、、10年前の店頭金利より、来春の店頭金利の方が低いと思うので、仮に同じ10年固定にしても今より金利は下がると思いますよ。
交渉は難しいかも。
(仮に、当時の金利優遇(当初10年優遇ではなく、通期の)が-1.5%だとして、次にまた10年固定を選んだとして、来春の10年固定の店頭金利が3.0%なら、実行金利は1.5%になります。

2017/11/17 10:33:21

回答ありがとうございます。そうですね、来年の春の店頭金利から1.4%優遇して頂けるので、今よりも支払い額は減るかも知れませんね。
現在の店頭金利だと同じ10年固定で3.15、変動で2.725です。その場合、変動の方が良いのでしょうか?それとも10年固定が良いのでしょうか?
ローンはあと20年残っています。>

新車をローンで購入しようと考えてます期間工で勤続年数4ヵ月 21歳 クレカ所持 返済滞納などの問題はなし 毎月の給料が28~31万程度 車体価格が300万ちょっとでそこにオプション追加で350万くらいになるのですがローンは組めるのでしょうか? ディーラーの元で組もうと思っており毎月の返済を5~6万程度にしようと考えてます。
3ヵ月分の給料明細も準備できてます 実家暮らしでボーナス支払いありで返済期間を5?6年の間にしようと考えてますし保証人が必要であれば親がなってくれます。

ディーラーの金利がどの程度かは調べなくて良いの?金融機関のマイカーローンの方がディーラーの金利より遥に低い場合があるよ。
自分の好みを犠牲にして、低金利優遇対象車を購入するのも安く車を買う方法のひとつ。

2017/5/15 13:14:19

労金での住宅ローンについて質問いたします。
組合や生協の会員であれば金利優遇をうけられるので、生協の会員になろうと思っています。
最低口数で会員になれば会員となり優遇をうけられるのでしょうか。
また加入の際に支払った口数以外に、その後支払う必要のものはなにかあるのでしょうか。
労金で住宅ローンを組むなら-0.4%優遇なので、生協会員になるメリットはかなり高く、デメリットがほとんどないように思いましたがどうなんでしょうか

ろうきんでは、生協との提携ローンもありますので、生協の組合員でも受け入れてもらえます。
生協組合員融資制度を導入している生協の組合員および同一生計家族の方ですので、お近くのろうきん営業所に確認するといいでしょう。
個人的な見解としては、一般の方も積極的に受け入れている色合いが強いので、審査にちょっと自信がない方に向いているといえるでしょう。
信託銀行もいい金融機関です。

2016/10/24 17:50:00

給与の振込を銀行にしてたんだけど、このたび郵便局にしようと手続きしました。
局員曰く「年金新規受け取り金利優遇」0.1%だって。
毎月積み立てしたいんだけどっていうても目もくれませんでした。
いっそ元の銀行に戻そうって思いました。
どうですか?

相手は、つい先程まで「お役所」だった処です。
その積もりでお付き合いしないと、ついつい大きな声で怒鳴りたくなります。

2015/8/17 12:07:11

住宅ローンの繰り上げ返済について注文住宅を建てようと思い、現在ローンの審査書類をそろえている最中です。
ハウスメーカーの営業さんに「ローンは繰上げ返済すると、お得ですよ。
最初は利息ばかり払うような形になります。
繰上げ分は元本から減りますから」と言われました。
その時は「なるほどそうなのか」と思ったのですが、繰上げ返済の手数料が無料の銀行から借りようと思っているのですが、それなら月々の支払額は抑えて繰上げ返済を毎月した方が得なのでは?と思ったのですが実際はどうなんでしょうか??

金利優遇後が1%以下であれば、控除で1%帰ってくるので10年間はほぼ無利子になります。
なので、控除で帰ってくるお金を返済に当てればいいのではないでしょうか?結果、大きく繰り上げをするのを控除が終わる10年後にすればいいと思います。

2011/12/22 22:32:20

預金限度額について先日ニュースで郵便局の預金限度額は1000万円なので・・・・と話をしていました。
他の銀行も同じなのでしょうか。
たくさんお金を持っている人たちは、いくつもの銀行にお金を分配で預けているのでしょうか。
貧乏人の私には縁の無いことですが、ふと疑問に(^^ゞ?

銀行に限度額はありません。
ただしペイオフで銀行の破たんの際の補償が1000万+利息ですので念の為分配して預けている方が安全だと思います。
大口定期で金利優遇も1000万以上ですし、分配しても多少の手間で済みます。
大口の顧客は優先して案内する銀行も有りますし・・・。
銀行だけじゃなく証券会社とか色々活用しているでしょうね。

2007/8/19 10:48:24

優遇金利について 住宅ローンこの前新築戸建を探しに、不動産屋に行きました。
うちは31歳10年勤務、株式会社で働いています。
(小さい会社です・・・・)頭金は1000万、3000万までの物件を探していて年収は420万です。
この前 金利について不動産屋にお話があり、一応今は2,87(変動金利)で優遇-1%で計算しますが、恐らく金利は1,4%優遇になると言われました。
①うちは今安い県営住宅に住んでおり、8年後に買うならば、自然に500万貯金が出来ます。
(800万増えそうですがそれは学費や老後の為にとっておきます)40歳、年収?(500位)頭金 1500万 勤続8年(今転職も考えています)では 優遇金利というものは変わってくるのでしょうか?②1,4%も優遇されるなら、月の支払いも大分違い、予算も大分変わってきますが 物件を選ぶ→銀行審査→優遇金利が決まる ですよね?優遇金利が決まってから物件を探したいのですが可能ですか?

① 転職直後では、優遇金利の幅は少なくなり、下手をするとローン自体が通らなくなります。
転職後5年(仮定)経って年収が増えれば、問題ないですが、そのころにキャンペーンや優遇があるかはわかりません。
②優遇金利が決まるのは、書いてある順番通りです。
同じ3000万の物件で、同じ銀行でも、物件の担保価値その他の状況でローンが通ったり、通らなかったりします。
物件が決まらない、つまりローンが下りる保証もないのに、優遇金利を決めることはできません。
ただ、失礼ですが現在年収・想定年収からみて変動金利はリスクが大きいと思います。
賞与4ヶ月として、月額面26万円手取は20万と少しくらい。
借り入れ2000万、定年まで30年ローンとして、最初10年が1.4パーセントで6万後半、それ以降3パーセントで計算すると、11年目から8万円程度プラス固定資産税になります。
月の生活費が10万前半では、ゆとりがないどころか、ギリギリの生活になります。
学費、家の修繕の費用もままならないです。
退職金が多ければいいですが、小さい会社とのことで、退職金が少なければ老後資金不足になります。
変動の優遇金利という、極端な低金利状態を通常の状態としての物件の選択は間違っています。
月の支払で考えるのも間違いです、変動金利は文字通り「変動する金利」です。
今日本の政策金利は0.75と低く、日銀はこれを上昇させる機会をうかがっています。
政策金利が上がれば、勿論変動金利も上がります。
外国ではアメリカ2パーセント、イギリス5パーセント、オーストラリア7.25パーセントなどで、0パーセント台なのは主要国で日本のみです。
金利を下げると外国へ資金が逃げるから、日銀は金利を主要国なみに上げたいのが本音。
また、インフレになると金利を上げて対応することが多いです。
景気が悪化して政策金利を下げるにしても、下げ幅は0.75しかない。
変動の優遇幅で一喜一憂するより、収入見込が良くない以上、4パーセントの金利になっても払えるか、等を考慮する方が大切です。

2008/8/27 13:17:23

-金利優遇

© 2020 お金借りるならWebキャッシングって神話について